MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.ネットワークインストールパッケージをダウンロードして Windows XP SP3 をインストールする方法

 WindowsXP Service Pack 3(ウインドウズ エックスピー サービスパック スリー SP3 )を複数のパソコンにインストール、新規に Windows XP をインストール、または、再インストールする場合にインターネットに接続しない環境を保持してSP3適用状態にするためには、事前に SP3 の単体をダウンロードする必要があります。既に Windows XP を利用してきた環境に SP3 を適用するには、前のページに掲載したやり方が適しています。


[ページ数: 4 / 6] 1 2 3 4 5 6

Windows XP Service Pack 3 ( SP3 ) を単独でダウンロードして、デスクトップでダブルクリックしてインストールする事になります。ファイルは 325 MB ほどあり、回線速度によりダウンロードにかかる時間は異なります。 Windows XP を再インストールした初期状態でこれをダウンロードすると、その間セキュリティが確保されません。事前にダウンロードしてメディアや他のドライブに保管する方が無難です。そうすることで、Windows XP を再インストールして、サービスパック3を適用まで、インターネット、または、ネットワークから隔離した状態で作業を行えます(その後セキュリティソフトをインストールしてインターネットに接続する)。



1. Windows XP Service Pack 3 ( SP3 )の概要が掲載された公式ページにアクセスして、「ITプロフェッショナルおよび開発者用 WindowsXP Service Pack 3 ネットワークインストールパッケージ」を左クリックします。


Windows XP Service Pack 3 (SP3)


2.言語に日本が選択されている事を確認して、「ダウンロード」ボタンを左クリックします。



3.「保存(S)」を左クリックします。



4.ダウンロードする場所は、特に決まりはありません。ここでは、デスクトップにダウンロードしてみます。左枠で「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。



5.ダウンロードが完了したら「閉じる」ボタンを左クリックします。



6.ダウンロードした「WindowsXP-KB936929-SP3-x86-JPN」が、SP3 の本体となります。このファイルをメディアや別ドライブに保管して、複数の Windows XP がインストールされたパソコンに展開すれば、ダウンロード作業は1回で済みます。再インストールする場合も、このファイルをメディアに保管しておけば、インターネットに接続しない状況でSP3適用状態まで更新する事が可能です。



7.再インストールが完了、または、これから適用するパソコンに、ダウンロードした「WindowsXP-KB936929-SP3-x86-JPN」を移動、もしくは、保管してメディアを挿入して、ファイルをダブルクリックします。セキュリティの警告が表示されたら、「実行(R)」ボタンを左クリックします。



8.「次へ」ボタンを左クリックします。



9.使用許諾契約が表示されます。内容を読み、納得したならば、「同意します」を左クリックして、「次へ」ボタンを左クリックします。同意できない場合は、SP3をインストールする事ができません。「キャンセル」ボタンを左クリックすれば、インストール作業を中止できます。



10.「次へ」ボタンを左クリックします。



11. サードパーティのドライバの一覧作成、ファイルのバックアップ、ファイルのインストール、クリーンアップと自動で進みます。



12.「完了」ボタンを左クリックして、コンピュータを再起動します。再起動は自動で実行されます。



13.再起動後、コマンドプロンプトが起動しますが、特に何もする必要はありません。作業が完了するまで待ちましょう。



14.以上でSP3のインストールが完了しました。キーボードの「Windows」キーと「Pause」キーを同時に押し、システムのプロパティでサービスサービスパック 3 が適用されているかどうか確認します。 システムのプロパティは、コントロールパネルをクラシック表示にして「システム」アイコンをダブルクリックしても開けます。



15.IE7 、または、IE8 を利用していた場合で、なおかつ、SP3 適用前に IE6 に戻していた場合、再び IE7 、または、IE8 をインストールします。SP3 が適用された後にインストールしたIE7、または、IE8 は、いつでもコントロールパネルのプログラムの追加と削除で、IE6 に戻す事が可能です。逆に、IE7 、または、IE8 をインストールした状態で SP3 を適用すると、IE6 に戻す事はできません。ただし、同じくコントロールパネルのプログラムの追加と削除で SP3 を削除すると、再びブラウザの変更が可能になります。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 4 / 6] 1 2 3 4 5 6

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項