MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.フロッピーディスクの作り方

 既存の環境を移行するのに重宝するファイルと設定の転送ウィザード。扱うデータは「ファイル」と「設定」ですが、一般的にファイルはこまめにバックアップが必要なもの。それ以外の設定情報はどうやってバックアップしていいものやら不明な部分も多い。そんな面倒な事を一切気にしないで環境を移行できるのがファイルと設定の転送ウィザードです。


[ページ数: 4 / 4] 戻る 1 2 3 4

「ファイル転送ウィザード」のフロッピーを作成しておけば、わざわざ Windows XP インストール CD-ROM をひっぱり出さなくても済みます。 フォーマット済みのフロッピーディスクを1枚用意して下さい。なお、転送元のパソコンが Windows XP である場合、この作業は一切必要ありません。 フォーマット方法は以下のリンク先を参照して下さい。

フロッピーディスクの使い方



1.ファイルと設定の転送ウィザードでまずは元になる情報を収集します。環境を保存したいパソコンの OS が Windows XP の場合「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を左クリックします。



「migwiz.exe」と入力して「OK」を左クリックします。



設定を保存したい PC が Windows XP 、もしくは、それ以前の Windows の場合は、Windows XP インストール CD-ROM を挿入して、自動起動したメニューの「追加のタスクを実行する」を左クリックします。



「ファイルと設定を転送する」を左クリックします。



2.「次へ」を左クリックします。



3.「転送元の古いコンピュータ(O)」左にチェックを入れ、「次へ(N)」を左クリックします。



4.しばらくお待ち下さい。



5.「ウィザードを次のドライブに作成します」を選択して、「次へ」を左クリックします。



6.転送データを保存するパソコンの Windows の種類を選択します。Windows 9X 系か Windows NT 系により異なります。 ご自分の環境に合わせて選択して、「OK」を左クリックします。



7.フロッピー作成中です。しばらくお待ち下さい。



8.以下の画面が表示されれば終了です。「キャンセル」を左クリックして下さい。これで「ファイル転送ウィザード」のフロッピーが完成しました。



9.「ファイル転送ウィザード」を使用する場合は、フロッピーディスクを挿入して「FASTWiz.exe」をダブルクリックすれば起動します。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 4 / 4] 戻る 1 2 3 4

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項