MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

3.復元方法 ファイルと設定の転送ウィザード

 既存の環境を移行するのに重宝するファイルと設定の転送ウィザード。扱うデータは「ファイル」と「設定」ですが、一般的にファイルはこまめにバックアップが必要なもの。それ以外の設定情報はどうやってバックアップしていいものやら不明な部分も多い。そんな面倒な事を一切気にしないで環境を移行できるのがファイルと設定の転送ウィザードです。


[ページ数: 3 / 4] 戻る 1 2 3 4 次へ

無事、 ハードディスクドライブ をフォーマットして新規に Windows XP をインストールできました。 インストールした時の初期設定では、デスクトップにゴミ箱しか表示されていません。 いわゆる Windows XP スタイルですね。再インストールする前はクラシックスタイルに設定していたので、どうも違和感があります。 とりあえず、インターネットに接続してサービスパックと各種アップデート、ドライバのインストールを終了して下さい。その時、メールの設定はしなくて構いません。



1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を左クリックします。



2.「migwiz.exe」と入力して「OK」を左クリックします。



3.「次へ」を左クリックします。



4.「転送先の新しいコンピュータ(W)」左にチェックを入れ、「次へ」を左クリックします。



5.「ウィザードディスクは必要ありません〜」を選択して、さらに「次へ」を左クリックします。



6.ファイルと設定ファイルの場所を指定します。「その他」を選択して、さらに「参照」を左クリックします。



LAN 上の PC に設定を保存した場合は、「マイネットワーク」→「Microsoft Windows Network」→「ネットワーク名」→「PC名」→「保存したドライブとフォルダ」を設定します。



保存方法 で作成した「USMT2.UNC」フォルダの位置を指定して下さい。



7.「次へ」を左クリックします。



8.転送を実行しています。しばらくお待ち下さい。



9.「完了」を左クリックします。転送終了です。ちなみに私の環境では、ネットワークプリンタの設定が正しく読み込まれませんでした。 ネットワークの設定は手動でやるしか無いですね。原因としては、再インストールした時に、ユーザー名を変更したからでしょう。



10.再起動する必要はありませんが、一度ログオフします。「はい(Y)」を左クリックします。



11.これで再インストールする前の環境が復元できました。デスクトップも元のスタイルに戻っています。



13.ちなみに Internet Explorer のお気に入り、Outlook Express のメールアカウント設定、メールデータ、アドレスデータ、表示方法も復元されているので、違和感無く作業が可能です。 初めてメールを送受信する場合は、1回だけユーザー名とパスを入力する必要があります。次はファイルと設定の転送ウィザード用フロッピーディスクの作り方へすすみます。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 3 / 4] 戻る 1 2 3 4 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項