MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows XP アクティベーションのやり方

 Windows XP からはアクティベーション(ライセンス認証)が導入されました。これは、1 つの OS を複数のパソコンにインストールするカジュアルコピーを防ぐもので、ライセンス認証しないまま Windows XP を使い続ける事はできません。


Windows XP からは、カジュアルコピーを阻止するためにライセンス認証手続き(アクティベーション)をする必要があります。 Windows XP 再インストールの場合は、インストール中でもアクティベーションは可能ですが、安全を確保するために Service Pack SP2 (サービスパック2)の適用後、初めてインターネットに接続するのが望ましいです。

Service Pack 2 に含まれない修正プログラムを適用するために、まずは Windows Updata (ウインドウズ アップデート)を実行して下さい。 次にセキュリティ対策ソフトを所持している場合は、インストールして下さい。一通りセキュリティ対策が完了したら、アクティベーションを実行します。 アクティベーションが終了していない場合は、タスクバーに「鍵」アイコンが表示され、以下の警告が表示されます。

ライセンス認証の警告画面

Windows XP を再インストールしてアクティベーションを実行せずにログオンできる猶予は 30 日以内です。 30 日を経過すると Windows XP にログオンできませんが、アクティベーションを実行する事は可能です。


WindowsXP インストール方法(前編)

WindowsXP インストール方法(後編)

Windows Vista インストール方法

OS(オペレーティング・システム)の種類

WindowsXP の種類


インターネットによるアクティベーションは簡単

1.タスクバーに表示された「鍵」アイコンを左クリックするか、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Windowsのライセンス認証」を左クリックする。



2.「はい、今すぐインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います(Y)」左にチェックを入れ「次へ」を左クリックします。



3.アクティベーションだけを実行するか、ユーザー登録を同時に実行するかを選択します。ユーザー登録のデータを入力するのが面倒な場合は、 「ユーザー登録は今は行いません」左にチェックを入れ「次へ」を左クリックします。後からユーザー登録を実行する場合は以下を参照して下さい。

Windows XP でユーザー登録する方法



4.ユーザー登録データを入力して「次へ」を左クリックすると通信が開始されます。



5.通信中です。しばらくお待ちください。



6.アクティベーションが終了しました。「OK」を左クリックして閉じて下さい。


Windows Vistaのライセンス認証

Windows XP を再インストールする際のライセンス認証について





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項