MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Messenger の設定方法

 Windows XP に付属するメッセンジャーアプリケーション Windows Messenger ( ウインドウズメッセンジャー ) 。今では Windows Live Messenger が主流ですが、ポジションとしては別物になります。



2007年1月、事情が変わりました

まずは Outlook Express(アウトルック エクスプレス)での Hotmail(ホットメール)の送受信について。 Hotmail には有料版と無料版があり、有料版を利用している場合は以下に掲載する内容で、Outlook Express を利用して Hotmail を送受信できます。 無料版に関してはある時点から Outlook Express に対するサービスを打ち切りました。

しかし、Hotmail 自体が Windows Live Mail へ、さらに、Windows Live Hotmail へと移行しています。 このメールは従来の Hotmail と同様、WEB を利用してメール送受信が可能ですが、その技術は全く異なり、WEB 上でドラッグアンドドロップでメールをフォルダに移動したり、Windows Live Messemger などの Live サービスと住所録を連携できます。

Windows Live Hotmail を Outlook Express で利用する事はできませんが、Windows Live(TM) Mail desktop(現在は Windows Live(TM) Mail )と呼ばれるメーラ―をダウンロードしてインストールすると、Windows Live Hotmail を利用できます(すべて無料)。 これだけなら、Windows Live Mail は、Windows Live Hotmail だけのメーラーになってしまいますが、Windows Live Mailでは他の POP3 アカウントを登録可能で、送受信する事ができます(つまり Yahoo! Mail など)。

Outlook Express は Windows XP で終了となり、Windows Vista(ウインドウズビスタ)からは後継とされる Windows Mail を利用できます。しかし、このメーラーも Windows Live Mail には対応していません。 さらに、Windows 7 ではメーラーが付属しておらず、無料でダウンロードしてインストールする、Windows Live Mail、または、市販の Microsoft Office Outlook を利用する事になります。

Windows Live Mail

Windows Live Messenger

現時点では有料版の Hotmail を利用するユーザーがいらしゃるので、以下の内容を掲載していますが、無料版には対応していない事をご了承下さい。 また、.NET Passport も Windows Live ID へと移行されています。



Windows Messengerを利用するには?

Windows XP をインストールすると、Windows Messenger も自動で起動して、右下の常駐アイコンに表示されます。 利用するには、.NET Passport(現 Windows Live ID )が必要で、Hotmail(現 Windows Live Mail )の登録も必要になります。

Windows Messenger を利用しない場合は、邪魔なのでシステムから削除してしまいましょう。以下のリンク先を参照して下さい。

Windows Messengerをアンインストールする方法



Windows Messenger の設定方法

1.画面右下の常駐アイコン、「Windows Messenger」をダブルクリックします。



2.「Windows Messenger」が開きます。「ここをクリックするとサインインします」を左クリックします。



3.「.NET Passport ウィザード」が開きます。「次へ」を左クリックします。



上では Windows Messenger から「.NET Passport ウィザード」にアクセスしましたが、コントロールパネルのユーザーアカウントからアクセスする事もできます。



4.ここでは、Windows XP を再インストールした後の作業を説明しますので、「MSN HotMail」は登録済みという設定で話を進めます。「はい、既に持っているメールアドレスを使用します」左にチェックを入れ「次へ」を左クリックします。



5.「.NET Passport ウィザード」とありますが、既に Windows Live ID へと変更されています。 ここでは「Windows Live ID をすでに取得している」で話を進めます( Windows Live ID は Hotmail か Windows Live Mail を利用しているユーザーは、すでに取得しています。)。 「はい。自分の Windows Live ID を使ってサインインします。」 左にチェックを入れ、「次へ」を左クリックします。



6.「MSN HotMail(Windows Live Mail)」の「電子メールアドレス」と「パスワード」を入力して「次へ」を左クリックして下さい。 電子メールアドレスは「ユーザー名@hotmail.com」や「ユーザー名@hotmail.co.jp」です。@以降も必ず入力しましょう。



7.「Windows Messenger」の設定が終了しました。「完了」を左クリックして下さい。


Windows Messenger(ウインドウズ メッセンジャー)の自動起動を停止する方法


有料版のHotMailをOutlook Expressで送受信するには?

1.Outlook Express を開き、「ツール」のメニューから「アカウント」を左クリックします。



2.「インターネット アカウント」が開いたら、「メール」タブを左クリックして、「追加(A)」→「メール(M)」を左クリックします。 ちなみに、右の画像では、アカウントの欄が空白なので、この時点ではメールの送受信が出来ない状態です。



3.「表示名」に、送信者で使われる名前を入力して、「次へ」を左クリックします。 「表示名」はメールを受け取った相手の Outlook Express 上で「送信元」に表示される名前です。ニックネームや会社名等、自由に決めてかまいません。



4.「電子メールアドレス」を入力して、「次へ」を左クリックします。 「アカウント@homail.com」か「アカウント@hotmail.co.jp」になります。 なお、このアカウントとは、コンピュータのユーザーアカウントとは関係ありません。 hotmail を登録した時のユーザーアカウントになります。



5.HTTPメールサービスプロバイダ(H)に「HotMail」が指定されています。「次へ」を左クリックします。



6.「アカウント名」に Hotmail 登録時のユーザーアカウントを、「パスワード」に「HotMail」登録時に設定したパスを入力して下さい。 「パスワードを保持する」左にチェックを入れない場合は、送受信のたびにパスワードを手動で入力する事になります。「次へ」 を左クリックして下さい。



7.「完了」を左クリックします。



8.設定中です。しばらくお待ち下さい。



9.次回から Outlook Express を起動すると自動でメールを送受信が可能になります。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項