MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Yahoo!ウィジェット Ver4 登場! より使いやすく快適動作を実現

 Windows Vistaでは標準で付属する拡張機能ガジェット。これに対してYahoo! ウィジェットは無料で提供される拡張機能。動作環境は Windows XP Service Pack 1 / Windows 2000 Service Pack 3 以上であるため、ほとんどのユーザーが気軽に利用できる面白い機能です。


Windows Vista に搭載されたサイドバーは、未知の機能を秘めているガジェットを簡単に扱える機能ですが、Windows Vista にアップグレードする事が必須となります。 既存の Windows XP や Windows 2000 の環境でも、拡張機能を利用したい場合は、Yahoo! が提供する WIDGETS ( ウィジェット ) を利用するのが手っとり早いと思われます。 Yahoo! ウィジェットは前回紹介した日記を参照して下さい。

Yahoo!ウィジェットエンジンでデスクトップを華やかに高機能にする - ワトソンのパソコン教室



今回登場した Yahoo! ウィジェット Ver4 は米国のページからダウンロード可能で、現時点では日本のページで配布されていません。 管理人は日本版の Ver3.1 がインストールされた状態に、英語版の Ver 4 を上書きインストールしてみました(インストールは日本版の登場を待った方が無難です)。



管理人は特定のウィジェットしか利用していないので、利用方法を熟知していませんが、ウィジェットはデスクトップに散乱しがちです。 もちろん、自由にドラッグ&ドロップで移動できる事に意味があり、これで使い方は良いのですが、Ver3 では Windows Vista のサイドバー的なホームポジションがありませんでした。



Ver 4 では変幻自在なサイドバーにより、各ウィジェットの設定や、新規ウィジェットの登録を管理する事ができます。 このバーは、左右上下に設置可能で、必要が無い時は隠す事もできます。 これなら、デスクトップが散らかるのが嫌なユーザーでも気軽に試す事ができるでしょう(常に表示させておく必要はないため)。



新しいウィジェットを探す、ダウンロードする場合もブラウザを開く必要は無く、ウィジェットの一つである「Yahoo ウィジェットギャラリー」で可能。 ウィジェットを検索してダウンロードボタンを押せば、ローカルのウィジェットフォルダにダウンロードされ、サイドバーで表示すれば終了です。



デスクトップで半透明なウィジェットをドラッグ&ドロップで自由に移動できるこのアプリケーションは、一見すると動作が重い様に感じるかも知れませんが、Ver3.1 の段階から非常に軽いです。 Ver4 ではさらに軽快になった上、デザインも洗練されています。古いパソコンでも問題無く利用する事ができるでしょう。



ダウンロード方法

1.まずは右画像を左クリックして配布ページにアクセスします。 Windows 版の Yahoo! ウィジェットのページが開くので「Download」を左クリックしてデスクトップにダウンロードします。



2.WindowsXP SP2の場合は警告が表示されます。「保存(S)」を左クリックします。



3.左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」を左クリックします。



4.ダウンロードが完了したら、「閉じる」を左クリックします。



インストール方法

1.デスクトップにダウンロードした「widgetsus.exe」をダブルクリックします。



2.WindowsXP SP2の場合は警告が表示されます。「実行する」を左クリックします。



3.インストールウィザードが起動するので「Next」を左クリックします。 ファイヤーウォールを導入している場合は、警告が表示されます。許可してあげましょう。



4.インストール先を設定します。デフォルトで「C:\Program Files\Yahoo!\Widget」にインストールされるので、得に変更の必要はありません。 Ver3.1 をインストールしている場合は、別フォルダにインストールされる事になりますね。「Next」を左クリックします。



5.「Set my homepage to www.yahoo.com」は、ブラウザを開いた時にヤフーサイトを自動で開く設定です。 www.yahoo.com は英語版サイトなので、チェックを外せば良いでしょう。

「set my default search engine to Yahoo!」は、ブラウザで検索する時に、Yahoo検索を標準で利用するかを決める設定です。 このチェックも外しておきましょう。この二つのチェックを外さないと、今まで利用していたブラウザ環境が変更されてしまいます(もとに戻すのは簡単ですが)。 「Install」を左クリックします。



6.インストール中です。しばらくお待ちください。



7.インストールが完了したら「Launch Yahoo! Widgets」にチェックを入れ、「Close」を左クリックします。



8.Yahoo! Widgets が自動で起動します。 デスクトップに起動用ショートカットアイコン「Yahoo! Widgets」が作成されますが、スタートメニューから起動できるので削除しても構いません。 また、ダウンロードした「widgetsus.exe」も必要ありません。



回起動時

初回起動時だけ、Yahoo! Widgets のライセンス許諾契約書が表示されます。 内容を読み、納得した上で「同意する」を左クリックします。 同意しないと Yahoo! Widgets を利用する事ができません。

また、ファイヤーウォールを導入している場合は、警告が表示されます。許可してあげましょう。



初回は、Yahoo! が推奨するガジェットが全て表示されます。これは Yahoo! Widgets を利用する練習も兼ねています。 この状態で利用し続けるのを推奨しているわけではありません。



説明を読みながら進んで下さい。まずはサイドバーの「続行」を左クリックしましょう。



Ver3.1 でタスクバーから操作していた全ての設定を、このサイドバーで実行可能になりました。 Yahoo! Widgets は、今回インストールした エンジンと、拡張機能の Yahoo! Widgets に分けられます。 ウィジェット自体の利用方法は従来と同じで、右クリックでメニューを選択します。



ウィジェットの保管場所は、Ver3.1 と同じ「C: \Documents and Settings \ログオン名 \My Documents \My Widgets 」になります。 デスクトップで各ウィジェットを消しても、ここにインストールしたウィジェットいつでも呼び出す事ができます。



WindowsXP や Windows 2000 でこれを利用できるのは素晴らしい。では、Windows Vista のサイドバーを無効にして、これをインストールするメリットはあるのでしょうか? 答えはありうるかも知れません。Yahoo! が提供するウィジェットは、Yahoo! ID を利用してログイン状態を保持できます(無料で取得可能)。 わざわざブラウザを開かなくても、これら多くのサービスをデスクトップで簡易的に利用する事が可能です(カレンダーやノートなど)。

母体となるエンジンを OS に組み込ませてきたマイクロソフトは、それまでガジェットを利用した事が無いユーザーでも気軽に利用する環境を与えました。 提供するサービス会社により、ガジェットはその会社独特の機能で差別化を図りますが、それ以外のユーザーが投稿したガジェットだけでも十分便利な機能を実現できます。 現在、最も普及している OS にも対応する拡張機能を提供する Yahoo! Widgets は、最も互換性がある存在かも知れません。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項