MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

3.自動更新の流れ
日常生活での Windows Update

Windows Update のやり方 - Windows 8.1、Windows 7


[ページ数: 3 / 6] 戻る 1 2 3 4 5 6 次へ

前回、Windows Update(ウインドウズ アップデート)の自動更新の設定方法を紹介しました。今回は、Windows Update の自動更新の流れを紹介します。Windows 8.1 では「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」、Windows 7 では「更新プログラムを自動的にインストール(推奨)」に設定した場合、指定した時刻に更新プログラムの確認、ダウンロード、インストールが実行されます。スリープ状態でない、あるいは、スリープの解除が許可されておらず、指定した時刻にコンピューターが起動できない場合は、次にユーザーがログオンしたときに実行されます。一般的には、テレビ録画が行っていない、あるいは、タブレットPCでない場合、電源をシャットダウンしている可能性が高いでしょう。つまり、更新プログラムが提供された後、最初にコンピューターを起動したときに、インストールが実行される可能性があります。



重要なセキュリティ更新プログラムは、コンピューターの再起動が必要です。セキュリティ更新プログラムが自動的にインストールされると、電源に関するメニューの「再起動」から「更新して再起動」に変更され再起動を促されます。



2 日目には、「シャットダウン」も「更新してシャッドダウン」に変更されます。3日目には自動で再起動されます。



さらに、ロック画面、ログオン画面の右下にも、再起動を促す文章が表示されます。最初は「Windows Update PCを再起動して更新プログラムのインストールを完了してください。2 日以内に自動的に再起動されます。」と表示され、一日経過すると「2日」が「1日」に変更された文章が表示され、3日目は「今日中に自動的に再起動されます。」となり、自動的に再起動が行なわれます。作業中に再起動されるのを避けるために、3日間の猶予が与えられますが、自分の都合が良いときに再起動を実行しましょう。再起動が完了するまでは、セキュリティ更新プログラムが適用されていないので危険です。


2 日目 3 日目


Windows 7 の場合は、タスクバー右端、あるいは、通知領域に Windows Update アイコンが表示され、「重要な更新プログラムのインストールを完了するためにコンピューターを再起動してください。」と表示されます。



さらに、「Windows は、重要なファイルとサービスがシステムによって使用されている間は、これらを更新できません。再起動するまえにファイルを保存してください。」と表示され、「今すぐ再起動(N)」と「後で再起動(P)」ボタンが表示されます。なお、手動インストールの場合は、15 分のカウントダウンが実行されたパネルが開きますが、再起動するか否かを選択できます。



大事な作業を実行中で再起動を回避したい場合、通知する時間を 10 分、1 時間、4 時間から選択して、「後で再起動(P)」ボタンをクリックすれば良いでしょう。長時間コンピューターから離れていると、Windows によって自動的にコンピューターが再起動されます。



Windows Media Center でも、Windows の再起動を促されます。これらの催促が煩わしいと感じるユーザーが多かったため、Windows 8 では変更されました。次のページでは、手動で Windows Update を実行する方法を説明します。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 3 / 6] 戻る 1 2 3 4 5 6 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項