MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live IDを登録した流れでSkyDriveを使う


Windows 8 Consumer Previewでローカル アカウントからMicrosoft アカウントに変更する際に、Yahoo!フリーメールをWindows Live IDとして登録しました。ここまでの説明で、何を言っているのか分からない場合は、「ローカルアカウントとMicrosoft アカウント:Windows 8 Consumer Preview」を参照して下さい。

ローカルアカウントとMicrosoft アカウント:Windows 8 Consumer Preview

切っ掛けはどうであれば、外部ストレージ「Microsoft SkyDrive(スカイドライブ)」を利用可能になったので、その流れで使ってみたいと思います。



SkyDriveは、写真、ビデオ、テキスト、Microsoft Office アプリケーションのファイルなどを、インターネットで転送して、データを保管できるスペースです。これにより、Windows Live IDでサインインすれば、どこからでもファイルを参照、ダウンロードできます。保管できる容量は、7GBまでが無料で、有料オプションで最大100GBまで追加できます。期間限定で、SkyDriveを既に利用しているユーザーは、無料で7GBから25GBにアップグレードでき、管理人もこの恩恵を受けました。該当するユーザーでアップグレードがまだの人は、とりあえずSkyDriveにサインインしてアップグレードを実行しましょう。


通常は7GBです。アップグレード前。 先に利用していたユーザーは25GBまで無料です。

そうで無かったとしても、7GBまでが無料なので、外部の保管場所としては役にたつでしょう。要するに、インターネットに接続された外部サーバーの ハードディスクドライブ (7GB)を、無料で使えるというわけです。



SkyDriveは、Windows Liveにサインインして、上部メニューの 「SkyDrive」をクリックするとたどり着けます。メニューで分かると思いますが、Microsoft Office の「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」「PowerPoint(パワー ポイント)」「OneNote(ワン ノート)」などのファイルをアップロードでき、ダウンロードせずに参照、編集まで可能です。もちろん、有料のローカルにインストールするMicrosoft Officeには劣りますが、人によっては十分な機能と言えるでしょう。

初期状態で存在するフォルダーは「ドキュメント」と「公開」の二つです。フォルダーは自由に作成したり削除できます。ここは、Windows のエクスプローラーを開いた状態に似ていますね。右上の二つのボタンで、表示形式を変更できます。一番気になるのは、フォルダーやファイルのアクセス制限です。共有する相手を任意で設定できます。自分だけの外部ハードディスクドライブとして利用するならば、フォルダーに「自分のみ」を適用しましょう。アップロードした写真を友達に見せたいときは、その友達を許可、あるいは、全員(パブリック)に公開します。とりえあず、今回は写真をアップロードしてみます。左上の「写真」をクリックします。



ここは、フォルダーが表示される場所ですが、新規なので写真専用のアルバムが存在しません。「アルバムの作成」をクリックします。



新しいフォルダーが作成されました。表示が縮小版になっているので、写真をアップロードすると、黄色いフォルダーの部分にサムネイルが表示されます。また、フォルダーの左下の数字は、ファイル数を表します。



フォルダーの名前を変更するには、フォルダーを右クリックして、表示されたメニューの「名前の変更」をクリックします。文字を入力してキーボードの「Enter」キーを押すと、変更完了です。Windowsのエクスプローラーでの作業と同じです。このフォルダーをクリックして開きます。



これが、先ほど作成した「ロックハート城」フォルダーの中身です。まだファイルは保管されていません。右上には、現在開いているフォルダーが表示されています。最新技術に対応したブラウザ(IE 10 現時点ではベータです)では、ここにファイルをドラッグ&ドロップすると、転送が開始されます。



現在、正式版で最新のIE 9では、アップロードをクリックして表示された枠に、ファイルをドラッグ&ドロップする必要があります。一般的にWEBサイトを参照しているときには気が付きませんが、最新技術を駆使したWEBサイトで作業をする場合、やはり最新技術に対応したブラウザが必要なわけです。



ローカルに保管された、いくつかの写真をまとめて、SkyDriveに作成したロックハート城フォルダーにドラッグ&ドロップしてみました。



アップロードが開始されました。アップロードの速度は、お使いの通信回線に依存します。ファイルの進捗情報が個別に表示され、右の×印をクリックすることで、途中で中止することできます。



進化したのは、最初に命令したファイルのアップロード中に、さらにファイルをドラッグ&ドロップする追加アップロードへの対応です。ローカルのエクスプローラーでは当然の動作ですが、従来のSkyDriveは非対応でした。



進捗情報がオーバレイで表示されるためか、アップロード中でもSkyDrive内を移動可能になりました。例えば、右のスクリーンショットは、ロックハート城フォルダーに写真をアップロード中に、上の階層に移動しています。



SkyDriveの外(例えば受信トレイ)に移動すると、警告が表示されます。すみやかに「ページに留まる(S)」をクリックするのが無難です。外部ストレージのネックは通信速度です。



アップロードが完了しました。異なる形式でフォルダーを参照した状態が下です。このように、外部ストレージにアルバムを保管できます。


縮小表示 詳細表示


Windows Live ムービー メーカーで編集した WMVファイルは、再生にも対応しています。対応していない動画は参照できないので、ファイルをダウンロードして再生するしかないでしょう。それでも、外部ストレージとしては機能しています。



身内の写真が公開されているみたいで気持ちが悪い・・・その気持ち、管理人は分かります。SkyDriveの大本に問題がある場合、こちらではどうにもなりませんが、不安であるならば、サインアウトしてからフォルダー一覧にアクセスしてみてはいかがでしょうか? 左下がサインアウト、右下がサインインの時のフォルダー一覧です。サインアウトした状態では、公開フォルダーしか表示できません。


サインアウト状態 サインイン状態

SkyDrive




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項