MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Spaces 終了、WordPress.com へ移行方法


Windows live Essentials Beta(ウインドウズ ライブ エッセンシャル)が正式版になる前に、サービスの変更があるみたいです。Windows Live サービスには、WEB 上で利用するアプリケーションと、ローカルにインストールして利用するアプリケーションがあり、今回終了するのは Windows Live Spaces(ウインドウズ ライブ スペース)で、WEB 上で構築するレンタルブログサービスになります。



Windows Live スペースでブログを公開していたユーザーに残された道は、スペースを削除する、ブログをPCにダウンロードする、WordPress.com(ワードプレス ドット コム)に移行するの 3 つです。 WordPress.com もレンタルブログですが、有償と無償があります。容量的に問題が無ければ、無償版で移行するのがベストでしょう。というよりも、それは後の問題であって、とりあえずブログを閉鎖する以外には、これしか手がありません。とりあえず移行する事をおすすめします。



WordPress.com に移行方法

先に考えておくべき事は、WordPress.com のユーザー名と、パスワードと、WordPress.com のアドレスです。とりあえず、管理人が移行した作業を以下に掲載します。これを読んでから検討すれば良いでしょう。サインインした状態で、Windows Live スペースにアクセスして、上部に表示された「こちら」をクリックします。



先に考えておくべき事は、WordPress.comのユーザー名と、パスワードと、WordPress.comのアドレスです。とりあえず、管理人が移行した作業を以下に掲載します。これを読んでから検討すれば良いでしょう。サインインした状態で、Windows Live スペースにアクセスして、上部に表示された「こちら」をクリックします。



ページに表示された文章を全て読み、内容を把握して下さい。「続行」ボタンをクリックします。



うっ・・・英語だぁ。「Connect」をクリックします。



Windows Live の通常のサインインと同じです。Windows Live ID を入力します(完全なメールアドレス)。Windows Live サービスのパスワードを入力します。「接続する」ボタンをクリックします。



ここからは、新しく決定する内容です。ユーザー名を入力します。ログインする時に必要で、変更はできません。また、すでに使われている名前は登録できません。同じく、ログインで利用するパスワードを入力します。さらに、確認として同じパスワードを下にも入力。「とても興味深い・・」をクリックして、文書を読み、納得したならばクリックしてチェックを入れます。チェックしないと利用できません。「次へ→」ボタンをクリックします。また、ユーザー名とパスワードは忘れない様にして下さい。



この画面は、登録しようとしたユーザー名が、すでに別のユーザーに使われている場合に表示されます。新しいユーザーを考えて入力しましょう。また、パスワードの強度が表示されます。半角英数字と、大文字と小文字を含める事で、Strong(ストロング)になります。これらの条件をクリアするまで、がんばりましょう。



移行するブログのアドレスを決定します。ユーザー名と同じく、すでに利用されている名前は使えません。決められるのは、「.wordpress.com」の前の部分です。後から変更できないので、慎重に検討しましょう。ブログのタイトルを入力します。Windows Live スペースで使っていた名前で良いと思います。後から変更できます。言語を「ja - 日本語」にします。ブログを公開、非公開を決定します。SNSの要素があるみたいです。メッセンジャーと連携するなら、「通知」にチェックを入れます。「登録→」ボタンをクリックします。



移行が開始され、指定したアドレスにアクセスして参照できます。wordpress.com にログインする事も可能ですが、データ量によって移行が完了するまで時間がかかります。管理人の場合は 10 分くらいでしたが、最長で1日かかる場合もある様です。とりえあえず、Windows Live ID で登録しているメールアドレスにメールが届くので、そのリンクをクリックして wordpress.com にログインしましょう(これが必要な作業が否かは不明です)。



今まで使っていた Windows Live スペースのアドレスにアクセスすると、自動で新しい wordpress.com のブログにジャンプします。メールに掲載されていたリンクをクリックすると、英語のページが表示されますが、「日本語」をクリックすれば良いでしょう。登録したユーザー名とパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックします。



新しいシステムに移行したので、データによっては表示が崩れるかも知れません。管理画面にアクセスして、過去の投稿を微調整します。これは、wordpress.com に非があるわけではありません。難民を受け入れてくれるのが wordpress.com で、感謝する必要があります。投稿した内容を変更する管理画面の使い方も、一から学ぶ必要があります。テンプレートを変更できますが、CSS もいじれるみたいです。



Windows Live Writer Beta の設定変更

Windows Live Writer(ウインドウズ ライブ ライト:現在、最新版はベータ)は、記事の作成、Windows Live スペースへの投稿に便利なアプリケーションですが、他のブログにも対応しています。Windows Live スペースが消滅する以上、今後は wordpress.com が Windows Live Writer の主力となります。アカウントの登録方法を掲載しますが、正式版ではもっと簡素化されていると思います。Windows Live Writer を起動して、「オプション」をクリックします。



すでに登録されているWindows Live スペースのアカウントを利用する事は無いので削除します。例えば、右のスクリーンショットでは、「ホームズの独り言」をクリックして「削除」ボタンをクリックします。次に、wordpress.com のアカウントを登録します。左メニューの「アカウント」をクリックします。



正式版では、wordpress.com を選択できると予想します。今は存在しないので、「他のブログ サービス(O)」をクリックして、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



ブログの WEB アドレスに、移行したばかりの新しい wordpress.com の自分のサイトのアドレスを入力します。wordpress.com にログオンするのと同じく、ユーザー名とパスワードを入力します。パスワードを保存するにチェックを入れると便利です。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



ブログのニックネームを入力します。ブログサイトに使っているサイト名で良いと思います(分かりやすければ何でも良い)。「完了」ボタンをクリックします。



wordpress.com で選択したテーマが、Windows Live Writer にも適用されました。とりあえず、投稿してみます。



投稿が完了して、成功しました。Windows Live Writer で簡単に記事を作成して投稿できますが、やはり wordpress.com の管理画面を使いこなせる様になる必要があります。



Windows Live ユーザーが 3000 万人との情報がありますが、実際にどれだけの人が使っていたか、また、移行するかは不明です。事実上、Windows Live サービスでのブログスペースは消滅しましたが、wordpress.com がそれを担うみたいです。Wave 4 へのアップグレードで、確実に方向転換がなされている模様。動画共有サイトを失い(SoapBox)、ブログサービスも失いましたが(古いですがプロバイダー事業も)、Windows Live サービスの今後に期待です。さようなら、Windows Live Spaces・・・

ホームズの独り言 - wordpress.com



追記

データ移行作業を実行すると、早い段階からいくつかのデータの移行を確認でき、すでに管理画面や Windows Live Writer からの新規投稿も可能になりますが、移行が完了しているわけではありません。 この間、前回アクセスした時は表示された記事が、次にアクセスした時は表示されない現象が発生します。 最終的にはメールが届き、そこで移行作業が完了した事を把握できます。その手のトラブルを以下のコメントに投稿しましたが、これはトラブルではなく、通常動作となります。





戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項