MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

新しくなった Windows Live Spaces はメイリオフォント対応


Windows Live Spaces(ウインドウズライブ スペース)は、Windows Live サービスのブログスペースの事で、自分のパソコンにインストールして利用するWindows Live Writerを使うと、記事の投稿が簡単です。いつしか、スペースに関しての機能を追求する事は辞めてしまいましたが、今回の変更でWindows LiveのWEBサービスは、機能を向上させ全体的に見た目がシンプルになった感があります。



Windows Vista移行、または、メイリオフォントに対応している環境



メイリオフォント非対応の環境



サイトの一部だけで比較すると、そんなに変わらない印象ですが、Windows Vista(ウインドウズビスタ)から標準でメイリオフォントに対応しているため、それ以前のWindowsでホームページを閲覧し難い状況になります。 Windows XP でもメイリオフォントが公開されていますが、メニューやアイコンの下に表示される名前を変更してテーマを保存しても、もともと領域が対応していないため、妙なところに改行が入る傾向にあります(スタートメニュー)。



メイリオフォントの対応は、サイトにより異なり、Windows にメイリオフォントさえインストールしてしまえば、強制的にブラウザでメイリオフォントによる表示に変更する事は可能なものの、やはり非対応サイトではデザインが崩れる場合があります。今回の変更で、Windows Live サービスのほぼ全体がメイリオフォントに対応され、Windows Vista ユーザーは閲覧に違和感がありません。

Windows XP でメイリオフォントが利用可能になりました



シンプルになったと言っても、テーマが標準の場合で、もともとあった豊富なテーマは存在します。テーマには文字色やフォントファミリの違いもありますが、背景画像の影響が大きく、背景画像を繰り返し表示する設定にした場合、そのメリットを表示するには、モジュールの透明度の設定が重要になります。 なぜならば、ブログスペースのほとんどはモジュールで埋め尽くされているため、背景画像が裏になり見えないからです。 しかし、透明度を変更すると、フォントが著しく崩れる傾向にあり、これは、YouTube や自分のサイトでも同じで、あまり使いたくないのも事実。



上は標準のテーマで透明度を指定した場合。 背景画像の無いテーマでこれを指定する意味は不明ですが、確実にフォントがにじんだ感じになるのが分かります。


ホームズの独り言




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項