MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Mail 2012 アカウント保存/復元方法

 メールを送受信するには、メールサーバーにアクセスするための使用権限「メールアカウント」が必要です。Windows Live Mail 2012に登録したアカウントをバックアップするには、アカウントのエクスポートを実行します。逆に、復元する時は、アカウントのインポートを実行します。


Windows Live Mail(ウインドウズ ライブ メール)2012では、メールアドレスとパスワードの入力で、送信サーバーや受信サーバーのアドレスが自動で設定されました。これに関しては、「 Windows Live Mail 2012 アカウントの登録、削除、規定の変更方法 」を参照して下さい。これにより、新しい環境に移行したとしても、あえてアカウントを保存/復元する必要もないのかも知れません。しかし、旧バージョンと同じく、必要なユーザーもいるのかも知れないので、Windows Live Mail 2012でのアカウントの保存と復元方法を紹介します。



ここでの保存と復元は、次の仕組みを利用します。エクスポート(export)は、アプリケーションのデータを外部に保存する動作です。これを保管すれば、バックアップとなります。インポート(import)は、データを外部からアプリケーションに適用する動作です。これにより、エクスポートしたデータを復元できます。



メールアカウントの保存方法(エクスポート)

1.Windows Live Mailを起動して、「ファイル」をクリックします。 下にメニューが展開されるので、「電子メールのエクスポート(E)」をクリックして、さらに「アカウント(A)」をクリックします。



2.登録されているアカウントの一覧が表示されます。エクスポートしたいアカウントをクリックして選択状態にします(色が変わります)。「エクスポート(E)」ボタンをクリックします。複数のアカウントが登録されている場合は、一つずつエクスポートを実行します。



3.ナビゲーションウインドウで「デスクトップ」をクリックして、「保存(S)」ボタンをクリックします。分かり易い名前を付けると、インポートするときに混乱しないと思います。



4.初期状態で入力される名前は、ここで設定した名前です。



5.デスクトップに拡張子「.iaf」のファイルがエクスポートされました。これをUSBメモリや光学式メディアに保管してバックアップします。



Windowsをインストールした初期状態では、拡張子が表示されません。コントロールパネルを開き、「フォルダー オプション」を開き、「表示」タブをクリックします。「登録されている拡張子は表示しない」をクリックしてチェックを外して「OK」ボタンをクリックすれば、拡張子が表示されます。元に戻す場合は、今の逆を実行します。



メールアカウントの復元方法(インポート)

1.「ファイル」→「オプション(O)」の「電子メール アカウント(E)」をクリックします。



2.「インポート(I)」ボタンをクリックします。



3.エクスポートした拡張子「.iaf」ファイルをクリックして、「開く(O)」ボタンをクリックします。



4.インポートが完了しました。インターネットに接続されていれば、メールの送受信が可能です。「閉じる」ボタンをクリックします。なお、複数のアカウントを登録する場合は、「規定のアカウント」を変更できます。その方法は、以下のページを参照して下さい。

Windows Live Mail 2012 アカウントの登録、削除、規定の変更方法

Windows Live Mail 2012電子メール メッセージの保存/復元方法





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項