MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Writer の便利なプラグイン WEB Thumbnail

 Windows Live Writer(ウインドウズライブライト)にインストールして利用する、サムネイル付きハイパーリンクを簡単に作成できるプラグイン WEB Thumbnail (ウェブサムネイル)。


Windows Live Writer(ウインドウズライブライト)は、ブログスペース Windows Live スペースをはじめ、様々なブログに対応し、ローカルで記事をWYSIWYG(ウィジウィグ)形式で作成して投稿機能までの一連作業を可能にするアプリケーションです。



もちろん、Microsoft が提供するアプリケーションなので、使用した個人的な感想としては、Windows Liveスペース( Windows Liveサービスの有料(広告なし)/ 無料(広告あり)ブログ)で利用するのが一番便利かも知れません。 Windows Live スペースは早くらからドラッグアンドドロップでサイトレイアウトを変更でき、多くのプラグインやモジュールに対応し、ソーシャルネットワークサービスの要素も兼ね備えています(もちろん、設定しだいでは不特定多数のユーザーに公開できる一般的なブログ)。



Windows Live スペースは、他のブログに比べて少し表示が遅いかも知れません。管理人は通信環境をそのままで、パソコンを買い換えて気がつきましたが、あまりにも低スペックパソコンでは使いにくいものでした。 一昔前は、低スペック PC のキャッチセールスで、WEB閲覧(ホームページまたはインターネットなど)や、メールの送受信なら十分という言葉を目にしましたが、現在は高機能なサイトを閲覧する場合、それらの事をするだけでもPCパワーを必要とする時代です。

しばらく使っていなかったのですが、Windows Live Writer の記事作成機能で、特に WYSIWYG の部分で便利なプラグインが登場していました。 今回はこれを紹介します。と言っても、2007 年の年末に登場していました。



WEB Thumbnail (ウェブサムネイル)

記事にサイトへのリンクを挿入する時に便利なプラグインです。WEB Thumbnail を利用すると、画像を用意する事無く、アドレスとテキストリンクに表示する文字を入力するだけで、サムネイルを自動取得してハイパーリンクを作成してくれます。



WEB Thumbnail により MB-Support へサムネイル付きハイパーリンクを作成した状態が右。 サイトによりキャプチャーする時のオリジナルの幅を指定する必要がありますが、特にこだわらずにリンク先のサイトの雰囲気が把握できれば良いならば、デフォルト設定で使用しても十分役に立ちます。 これは、記事を作成した時点でのサイトをキャプチャーするので、サイトが更新された場合、自動で変更されません。 つまり、キャプチャーしたサムネイル(画像ファイル)と記事を自分のスペースに転送する形式となります。 しかしながら、このプラグインを利用する事で、自分でサムネイル画像を用意して、WEB ソースでイメージタグを囲んだリンクコードを作成する必要が無く、WYSIWYG 形式のまま記事を作成できます。作成した参考記事は以下。


ホームページのサムネイルとリンクを生成するプラグイン


WEB Thumbnail を Windows Live Writer にインストールするには以下のギャラリーにアクセスして「ダウンロード」ボタンを押し、さらに「インストール」ボタンを押します。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項