MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Polaroid Picture、Windows Live Writer のプラグイン

 Windows Live Writer(ウインドウズライブライト)で写真をポラロイド風に加工できるプラグイン Polaroid Picture(ポラロイドピクチャ)。傾きも指定でき、アップロードした画像をクリックすれば、加工前のオリジナル画像が表示できます。


Windows Live Spaces を含むブログなどに投稿する記事をローカルで作成可能なツール「Windows Live Writer」。 このツールには標準で画像を加工する機能が搭載されていますが、Windows Live Gallery Beta に公開されているプラグイン「Polaroid Picture(ポラロイドピクチャ)」をインストールすると、新しい写真表示を楽しめます(右上は標準機能)。



右のスクリーンショットの下の画像が、Polaroid Picture で表示を調整した写真です。 白で縁どられ、下段に文字を入力可能。傾斜の角度と左右も設定可能、もちろん、投稿した画像をクリックした時は、未加工のオリジナル画像が表示されます。 現在は英語版しか存在しませんが、イメージに関する設定だけなので、Windows Live Writer に付属する画像表示ツールを利用していれば、英語が分からなくても十分使えると思います。 実際に投稿したサンプルは以下。

Windows Live Writer Polaroid を使ってみた - ホームズの独り言



インストール方法

1.Windows Live Gallery にアクセスして、ダウンロードを左クリックします。Polaroid Picture をインストールするには、Windows Live Writer 1.0.X 以降、.NET Framework: .NET Framework 2.0 がインストールされている必要があります。 いずれのダウンロード先も、以下のサイトに表示されています。

Polaroid Picture - Windows Live Gallery



2.「インストール」を左クリックします。



3.「実行(R)」を左クリックします。



4.「実行(R)」を左クリックします。



5.「Next」を左クリックします。



6.インストール先のディレクトリを指定しますが、初期状態で入力さた場所で問題無いと思います。 「Polaroid Picture」を利用するユーザーを指定します。全てのアカウントで利用したければ「Everone」、自分だけが利用するならば「Just me」を選択し、「Next」を左クリックします。



7.「Next」を左クリックします。



8.インストール中です。しばらくお待ちください。



9.「Close」を左クリックします。



使い方

1.プラグインをインストールして、Windows Live Writer を再起動すると、「Polaroidの挿入」がメニューに追加されます。 これをクリックします。



2.画像が挿入されます。Size は、あらかじめ決められたサイズを選択可能で、Custom(カスタム)を選択してpx単位で指定でき、Padding(写真の余白)も指定できます。 Caption は、写真の下に入れる文字を入力し、フォントを選択する事も可能。スライダーバーは中央が初期状態で、左右に移動すると画像が傾きます。



3.転送します。



5.転送した結果が右。

Windows Live Writer Polaroid を使ってみた - ホームズの独り言



6.クリックして表示される画像はオリジナル画像です。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項