MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Writer Beta プラグイン無しにビデオの挿入が可能に

 YouTube などの埋め込みコードを挿入する方法はもちろんですが、MSN の動画共有サイトの SoapBox のビデオを挿入する方法が便利になっています。これにより、Windows Live フォトギャラリーで動画をアップロードして、アップロードした動画を Windows Live Writer(ウインドウズライブライトベータ)でブログスペースに簡単に投稿できる様になりました。


前回の日記で、Windows Live Writer (現在はベータ版)向けに、MSN SoapBox, Google Video, YouTube, MySpace Video, Yahoo! Video, muveeMix, myvideo.de videos の動画を挿入するアドイン Insert Video を紹介しましたが、バージョン 2008 より初期状態で動画を挿入可能になりました。 やり方は、挿入したい位置までカーソルを移動して、メニューの「挿入」→「動画(V)」を左クリックします。



「動画の挿入」画面が表示され、挿入方法は2つあります。 左下は、動画の埋め込みコードを入力する方法。テストで YouTube で自分が投稿した動画を入力していますが、この埋め込みコードは投稿者が許可してれば、動画が掲載されているページで取得できます。 右下は、MSN の動画共有サイトの SoapBox から挿入する方法で、自分が投稿した動画の一覧と、同じくSoapBox で登録したお気に入りの動画を左クリックで選択できる挿入方法です。


Windows Live Writer は、同じく Windows Live サービスのブログスペース Windows Live Spaces に投稿する場合、Windows Live ID を利用してサインインしますが、SoapBox に動画をアップロードする場合も同じく Windows Live ID を利用します。 つまり、サインインアシスタントが機能するので、自動でマイ動画やお気に入りを抽出できます。



右は、MSN Soapbox からビデオを選択して挿入した場合です。 プレビュー画面に動画が挿入されています。動画のポジションや余白は右のメニューで設定します。



ブログに記事を投稿中の画面。これはビデオの挿入に関係なく必要な作業です。



MSN スペースに SoapBox の動画を挿入して記事を投稿した状態が右です。 挿入したプレビュー画面で、プレイヤーのサイズをドラッグアンドドロップで変更可能ですが、今回はデフォルトのまま投稿しました。



埋め込みコードを利用する場合、どの会社の動画共有サイトが対応しているのか不明ですが(今回試した TouTube は対応確認済み)、いずれにしても掲載する動画を表示して埋め込みコードをコピペする必要があります。 これに対して、MSN SoapBox の特権は、仕組みとしては同じと思われますが、動画の選択が簡単になっています。

肝心の MSN SoapBox サイトが日本語に対応していないため(タイトルや説明の入力は日本語対応)、YouTube の様に多くの日本人が好んで利用しているとは感じませんが、アップロードした動画がなぜか綺麗なので、日本語版が登場すればクオリティを優先するユーザーに人気が出るかも知れません。

関連情報 - soapbox(ソープボックス)




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項