MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live SkyDrive 容量 25 GB にアップグレード

 外部ストレージサービスの SkyDrive(スカイドライブ)が、容量 5 GB から 25 GB にアップグレード。 新しいスタイルになり、Windows Live のトップページやプロフィールページと調和されました。


Windows Live SkyDrive(ウインドウズライブスカイドライブ) は、Windows Live サービスの一つで、写真、動画、文章などのファイルを外部ストレージに転送して、保管、公開する事ができます。SkyDrive単体で利用するのも良く、非公開にしてしまえば自分だけの外部ストレージとなります。写真を保管、公開する場合は、Windows Live フォトギャラリーから転送すると便利でしょう・・・と言いたいところですが、Windows Live スペースやフォトスペースに関しては確かにその通りで、SkyDrive に関しては連携はなされていないと思われます。 公開指定は「非公開(自分だけ)」「特定のユーザー」「全員に公開」を選べ、これらの選択によっては Windows Liveスペース(ブログサービス)や、Windows Live のトップページにも関連づけられます。

Windows Live SkyDrive



容量が 5 GB から 25 GB にアップグレードされ、写真を多く撮影するユーザーでも現実的な外部ストレージとして使い物になると感じます。ただ、どうしてもローカルとは異なり、転送に通信回線を利用するため、気軽にドラッグアンドドロップで操作はできても、アップロードには時間がかかるかも知れません(通信回線に依存します)。ゆえに、管理人は 5 GB でも使い切れなかったです。



ファイルの表示方法も変更できますが、新しくスライドショー(新しくないのかも)が加わっています。



これは今までと同じで、写真にコメントを追加でき、公開するリンクも生成されます(特定のユーザーだけに公開する場合は無理があるかも)。 タグの挿入も可能なので、Windows Live フォトギャラリーの扱い方に近いかも知れません。



オリジナルサイズの写真を表示したのが右。



新しくなったのは、「お気に入り」と「写真」が追加された事でしょうか? Windows Live スペースの記事として投稿した写真と、フォトスペースに投稿した写真が SkyDrive に統合された感じです。 この 3 つの違いを把握していませんが、エントリーとして投稿した写真は、サムネイルが生成され、フォトスペースとしてはオリジナルサイズの写真だけあればいいのにと思っていました。



これにより、アルバムとして利用するには適していないと考えていました。一方、いつしかエントリーとは別に写真を投稿でき、SkyDrive とも異なるフォトスペースは、サムネイルは生成されないのでアルバムとして適していますが、サイズが縮小されてしまいます。結果、SkyDrive へと転送する方向になるのですが、機能が分かれていて閲覧する側としては分かりにくいものとなっていました(携帯電話から参照する場合に優れているのかな?)。今回の変更で、エントリーに付加した写真とフォトスペースの写真も、SkyDrive に表示される様になりました。



写真毎にURLと埋め込みコードが表示されるので、これをコピー&ペーストする事で、ホームページにリンクを作成できます。 以下は、実際に埋め込んだもの。

URLからテキストリンクを生成



はて、お気に入りとは、昔の Windows Live Favorite の事でしょうか?すっかり忘れていますが、Favorite はおろか、カスタムしたページが見つからず。消滅してしまったのであろうか。 どうやらこれは自分のみで使う機能みたいです。他のパソコン、または、他のアカウントでログインしても、Windows Live サービスに接続できれば、お気に入りを参照できます。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項