MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

5 GB のオンラインストレージ Windows Live SkyDrive

 Windows Live サービスにオンラインストレージが新登場!!写真だけではなく、動画、音楽、Officeファイルを保管でき、個人、特定のユーザー、一般公開に分けてフォルダを作成可能。編集の許可も可能なので、複数のユーザーで利用するにも便利で、更新を知らせるRSSも完備しています。


Windows Live にオンラインストレージサービスが仲間入り。Windows Live Folder(ウインドウズライブフォルダ)から Windows Live SkyDrive(ウインドウズライブスカイドライブ)へと名称が変更され、昨年から日本語版のトップページにアクセスは可能だったものの、「お使いの地域では利用する事ができません」と拒否られてきましたが、ようやく正式版として公開されました。


Windows Live SkyDrive



スカイドライブは、オンライン上に存在する 5 GB(ゴギガバイト)のドライブ(ファイルなどを保管するスペース)です。たかが 5 GB 、されど 5 GB 。 ハードディスクドライブ としては無理がある容量です が、オンライン上に持つことができるスペースとしては結構凄い事かも知れません。5 GB のメモリカードをプレゼントされた気分です。



Windows Live ID を取得して利用可能となり、5 GB のスペースには公開フォルダ、特定のユーザーだけに公開する共有フォルダ、自分だけが利用する個人フォルダが存在し、公開、非公開の設定が分かりやすくなっていると思います。当たり前の事なのですが、Windows Live サービスはインターネットがメインで、ローカルアプリケーションも存在し、それらを連携させて利用する事でメリットがあります。サービスの数が増量した事もあり、情報の公開、非公開、つまり、情報がどこまで誰に公開されるのかが心配になる事があり、分からない場合は使わない方が良いと判断されます。



オンラインストレージの使い方は、自分のパソコンにあるファイルをサーバーに転送します。一般的には、ローカルファイルを選択するプロパティが表示され、Windows Live SkyDrive もこれに同じですが、ActiveX コントロールをインストールする事で、ドラッグアンドドロップで転送するファイルを登録する事ができます。



Windows Live サービスでは、ドラッグアンドドロップによる操作は真新しい機能ではありません。しかし、Windows Live Mail やカスタマイズしたページは、そのページ内の何かを移動するためにドラッグアンドドロップが可能です。Windows Live SkyDrive は、自分のパソコンのデスクトップやエクスプローラに表示されたファイルを、ドラッグアンドドロップで認識できるところが凄いかも知れません。これにより、転送すると言うよりは、従来通りのパソコン内でファイルを操作する感覚で利用できます。



ドラッグアンドドロップによりファイルが認識された後、転送作業が必要になります。いきなり転送が始まった方が便利と考える場合もあり、そうではなく転送は最後にボタンを押した方が間違いが少ないなど、メリットデメリットがあるかも知れません。ただ、デスクトップからアイコンをドラッグアンドドロップして認識できるので、いきなり転送を開始する事はあえて止められているだけ、技術的にはできると思われます。

また、5 GB のスペースを提供されるものの、転送作業が必要なため通信回線の速度が関係します。さらに、転送中はブラウザ内の画面を移動する事ができません。転送を開始したら、SkyDrive の他のフォルダを参照できると便利なのですが。



ドラッグアンドドロップによりファイルが認識された後、転送作業が必要になります。いきなり転送が始まった方が便利と考える場合もあり、そうではなく転送は最後にボタンを押した方が間違いが少ないなど、メリットデメリットがあるかも知れません。ただ、デスクトップからアイコンをドラッグアンドドロップして認識できるので、いきなり転送を開始する事はあえて止められているだけ、技術的にはできると思われます。

また、5GBのスペースを提供されるものの、転送作業が必要なため通信回線の速度が関係します。さらに、転送中はブラウザ内の画面を移動する事ができません。転送を開始したら、SkyDrive の他のフォルダを参照できると便利なのですが。



転送したファイルを参照している状態が右です。各画像、またはフォルダへのリンクと、埋め込みリンクが表示されます。これにより、アイコンを使ったファイルへの誘導や、テキストによるリンクが容易です。 特に公開フォルダの場合は気軽にリンクを貼ってもいいかも知れません。



埋め込み方法は今のところ3種類の画像が提供されていて、ifram形式なのでソースを貼り付けるだけの簡単作業。 動画共有サイトなどで、プレイヤーを埋め込むのと一緒です。 画像を自前で用意する必要はありません。 ただし、ifram 形式の場合は target を指定できないので、埋め込んだページがスカイドライブにアクセスします(別ウインドウで表示する事ができない)。 フォルダオプションを使えば、各画像やフォルダへのURLが表示されます。URLを使えば、別ウインドウで表示させる事が可能です。



個人的なファイルとは別に、公開フォルダとも別に、Windows Live ID を持つ特定のユーザーだけに公開するフォルダを作成すると、許可した相手にメールが送信されます。 一般公開しないフォルダなので、必要な相手にだけアドレスを教える事ができます。



また、スカイドライブは、Windows Live サービスなので、Windows Live Messenger(メッセンジャー)、ブログスペース(今ではフォトスペースも兼ねる)の Windows Live Spaces(スペース)とも連携できます。 スペースでは、一般公開したフォルダは常に表示されますが、特定のユーザーだけに公開したフォルダは、そのユーザーがサインインした状態でないと表示されません。 これは、サービスと連携した面白い仕組みだと思います。



公開フォルダは RSS も発行されます。これにより、お友達の公開フォルダ内に変化があった時、IE7 などに搭載された RSS リーダーで確認する事ができます。 オンラインストレージサービスとして、新しいやり方かも知れません。詳しい使い方は日本語ブログで公開されています(サービスは終了しました)。



Windows Live サービスは、とにかく巨大化しています。すでにフォトスペースあたりから、管理人は付いていけなくなりました。 まだ紹介していませんが、現在は Windows Live カレンダー beta を利用しています。有料版の hotmail と Outlook を連携させる事で威力を発揮しますが、とりあえず無料版でも個人的なメモかわりとして利用可能です。 しかし、こんなに巨大なサービスになるとは思っていませんでした。ネット上で利用する事を目的としますが、Messnger や Windows Live Mail はローカルにインストールして使うアプリケーションです。 複雑化し過ぎたので、そろそろ一冊の本でも販売した方が良いのかも。 でも、進化が加速しているので、本を買ってもすぐ古くなるかも知れません。

あとは・・・動画共有サイトと MSN ビデオの Soap Box との連携が気になるところ。 Soap Box は動画を視聴するサイトで、使い勝手は抜群。 MSN ビデオに関しては日本語サイトも充実してきましたが、動画共有サイトの Soap Box 部は相変わらず英語です。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項