MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live フォトギャラリー バージョン2009

 すでに正式版の前バージョンとベータ版が公開されていて、このサイトでもデジカメの写真をパソコンに取り込む方法はいくつかのページで掲載しています。今回は、新しい Windows Live フォトギャラリー バージョン 2009 を使い、写真を管理、加工する方法をムービーでご紹介します。文章による説明は、過去の日記を参照して下さい。


既にベータ版が登場している自分のパソコンにインストールして利用する新しい Windows Live サービスですが、写真管理と修正を担う Windows Live フォトギャラリーも、バージョン 2009 ベータが登場しています。顔認識機能が追加され、Windows Live サービスでお友達を登録する事も可能ですが、これに関しては利用していないので不明です。



以前、ワトソンのパソコン教室で、 デジカメからパソコンに写真を取り込む方法 を掲載しましたが、今回は、Windows Live フォトギャラリー バージョン 2009 を使い、ビデオによる説明を作成しました。管理機能を備えたフォトギャラリーは、フォルダを意識せず、タグ、撮影日付で写真を選別できますが、バックアップする意味では、フォルダと Windows Live フォトギャラリーの関係を理解していた方が良いでしょう。ギャラリーから抜いたり、入れたりを繰り返すムービーもあります。



また、複数の写真からパノラマ写真の作成や、同じくベータ版ではありますが、Windows Live ムービー メーカーによる写真からムービーの撮影、Windows Vista に付属する Windows ムービー メーカーで作成した場合との違い、パノラマ写真の制作に使った同じ写真を、忘れていた Photosynth へアップロードなど、全てムービーで作成しました。投稿したサイトは YouTube で、直接アクセスして高画質ムービーに変更し、最大表示で閲覧した方が内容を把握しやすいと思います。



動画への直リンクは以下。マイクロソフトの拡大鏡を使っていますが、ノーマル画質での視聴だと文字が認識できません。高画質での再生をおすすめします。


Windows Live フォトギャラリー バージョン2009

デジカメからパソコンに写真を読み込む

デジカメから写真をパソコンに移動する

理想的な写真の保管方法

写真からビデオを作成

複数の写真からパノラマ写真を合成する

Photosynthへ投稿



やはり、現在販売されている妥当なパソコンを購入すると、それまでは困難だった作業も気にせず実行可能で、やがてはそれが当たり前の作業となります。デジカメで撮影した写真やムービーも、撮影可能枚数の増大と、高解像度により、管理するアプリケーションが重要視されます。Windows Live フォトギャラリーは、無料で Windows XP にもインストール可能で、Windows XP から現行 OS のWindows Vista 、または、来年、もしくは、再来年に登場する予定の Windows7(ウインドウズ セブン) へ乗り換える場合でも、架け橋になるアプリケーションかと思われます。



Windows Vista からパソコンを始めた場合、現在パソコンでの一般的な作業は簡単にできるかも知れません。 しかし、それまでのエクスプローラによるフォルダとファイルの管理を知らないままだと、変更やバックアップに戸惑う事もあると思われます(新しくなって戸惑うのはみんな一緒で、ここでの話では重要としません)。 これは、Windows XP から入った場合でも同じで、やはり、その OS が登場した時の一般的な作業は簡単になっています。しかし、ファイルの増大により、それまでの管理方法だと作業効率が悪いのも事実。では、どうすれば良いのか?管理人にも分かりませんが、作業効率の良い新しいアプリケーションを使いつつ、時には古いやり方で獲た知識と照らし合わせて、自分の都合の良いやり方で使っていくしかありません。フォルダとファイルの保管場所の把握は重要です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項