MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Photo Gallery Beta で読み込ますフォルダを追加する

 まずは、Windows Live Photo Gallery(ウインドウズライブフォトギャラリー)で写真や動画を扱える様に、フォルダ単位での読み込み、デジカメからの写真の取り込み方法を知りましょう。


インストール初期状態では、「マイピクチャ」「マイビデオ」「共有ビデオ」が読み込まれます。 各フォルダ、撮影日、タグを左クリックすると、右に該当する画像が表示されます。 Windows Live Photo Gallery で写真や動画を管理するためには、それらにファイルが保存されているディレクトリをギャラリーに読み込む作業が必要になります。 既にコンピュータに存在するフォルダを指定する方法と、 デジタルカメラ やリムーバブルディスクから取り込む方法に分けられます。



コンピュータに保管された画像が保管されたフォルダを読み込むには、メニューの「ギャラリーへのフォルダの追加(G)」を左クリックします。 つまり、Windows Live フォトギャラリーをインストールする前に、コンピュータにデジカメなどから転送した写真を取り込む方法です。



プロパティが表示されたら、 ハードディスクドライブ の特定のフォルダを指定します。 ここで、リムーバブルディスクドライブとして認識されるハードディスク( USB 接続 )や、光学式ドライブを指定すると、デジタルカメラから取り込む方法と同じになり、やり方が異なります。



以上でフォトギャラリーに指定したフォルダが登録されました。 この時点ではフォルダ内の画像や動画ファイルの読み込みが完了していない場合があります。 ファイル数が多い場合はフォトギャラリーへ反映されるまで、多少時間がかかります。



管理人は、デジタルカメラから写真を取り込む時に、日付をフォルダ名として保存しています。 今回、フォトギャラリーに追加したのは、「20070313」と名前の付いたフォルダです。 動画ファイルの場合は、フィルムに似たてたサムネイルとなるので一目瞭然です。



デジカメから写真を取り込む方法

デジカメから写真をコンピュータに取り込むには、USB ケーブルでカメラと接続して、カメラの電源を入れれば処理方法を選択するプロパティが表示されます。 ここで、通常の方法で取り込んでもいいのですが、フォトギャラリーへ取り込む手段も追加されます。 しかし、今回は自動認識を無視して、フォトギャラリーから直接取り込む方法を試してみます。

まずは、フォトギャラリーでデジカメからコンピュータの何処に写真を転送するか設定します。 メニューの「ファイル(F)」を左クリックして、さらに「オプション(O)」を左クリックします。



「オプション」の「読み込み」タブを左クリックします。 初期状態ではカメラからデータは「マイピクチャ」へ保管される設定になっています。 これを任意のフォルダに変更します。もちろん、「マイピクチャ」のままでも大丈夫です。 ここで指定したフォルダにファイルが直接転送されるのではなく、転送する度にフォルダが作成され、その中に写真や動画が保管されます。 最後に「OK」ボタンを左クリックします。



メニューの「ファイル」を左クリックして、さらに「カメラまたはスキャナから読み込み(I)」を左クリックします。



USB接続したカメラの電源を入れ、デバイスを選択します。 ここで電源を入れた場合は、正しく読み込まれない場合もありますが、「最新の情報に更新(R)」ボタンを左クリックする事で認識できます。 デジカメと表示されれば良いのですが、管理人の環境ではリムーバブルディスクと認識されました。「L」はUSB接続のハードディスクドライブで、「M」がデジカメです。 この表示は環境により異なります。該当するものを左クリックして、「読み込み(M)」を左クリックします。



テストで 9 枚の写真を撮影しました。すでにこの段階でサムネイルが表示されます。 読み込む方法は 2 つで、個別に整理する方法と、全てのアイテムを読み込む方法です。 ここではファイル数が少ないので、「すべての新しいアイテムの読み込み(A)」を選択して、「テスト」と名前を入力しました。 ここで入力する文字の影響力は、「オプション」の「読み込み」タブで指定できます。 フォルダ名とファイル名に「名前」を指定した場合、ここで入力した文字がフォルダ名となり、各写真のファイル名は「入力した文字 001」「入力した文字 002」〜と続きます。



写真の読み込み中に、「読み込み後に消去(E)」にチェックを入れれば、デジカメ内の写真を読み込んだ後に削除できます。 初期状態では読み込み後に削除しない設定になっていますが、読み込み時に削除をデフォルトに設定するには、「オプション」の「読み込み」タブで「常に読み込み後にカメラから消去する(E)」にチェックを入れます。



オプションで指定した場所に、カメラから写真を転送してフォトギャラリーに読み込む事ができました。 デジカメからコンピュータへの写真の移動は、通常の方法で処理して、後からそのフォルダをフォトギャラリーに読み込ませても同じです。 フォトギャラリーに読み込ます画像を選別する場合は、前者の方法が適しています。



修正項目は、他のツールと重複する機能かも知れません(赤目補正や露出の調整など)。 次の日記では、数枚の写真からパノラマ写真を作成してみます(いつしか更新)。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項