MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live OneCare から Microsoft Security Essentials へ移行方法


マイクロソフトが販売していたセキュリティ対策ソフトの「Windows Live OneCare」は、すでに販売を停止していますが、1 年間の有効期限があり、その期間が終了するまでは当然利用できます。 その期間を終えると、チューンアップなどは動作しますが、セキュリティ定義ファイルの更新がストップするので、事実上セキュリティ対策としては使用に耐えがたいレベルになります。



管理人は Windows Live OneCare ユーザーですが、とうとう使用期限が過ぎてしまいました。Windows Live OneCareを起動して「詳細情報」ボタンをクリックします。



今後のセキュリティ対策に関する提案が表示されます。マイクロソフトが提供する無償の「Microsoft Security Essentials」への移行が推奨されています。もちろん、これを無視して、他社の市販のセキュリティ対策ソフトか、無償のセキュリティソフトに移行する事もできます。ここでは、素直に無償の「Microsoft Security Essentials」へ移行する事にします。「今すぐ使用」ボタンをクリックします。いずれにしれも、使えない「Windows Live OneCare」はアンインストール(削除)する必要があるので、「OneCareのアンインストール」ボタンをクリックします。



「今すぐ使用」ボタンをクリックした事で、「Microsoft Security Essentials」のサイトが開きました。ここで、「Microsoft Security Essentials」をデスクトップにダウンロードします。ここで、注意が必要なのは、「Windows Live OneCare」はリアルタイムウイルス検知に加え、ファイヤーウォールも兼ねていましたが、「Microsoft Security Essentials」はリアルタイムウイルス検知だけとなります。ファイヤーウォールは、Windows に付属されたものを利用する事になります。これが良いのか悪いのかは不明ですが、Windows Vista 、Windows 7 に付属するファイヤーウォールソフトは信頼性が増しているらしい・・・



「OneCareのアンインストール」ボタンをクリックして表示されるので、各OS別のアンインストール方法が掲載されたページです。簡単に言ってしまえば、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」で、「Windows Live OneCare」をアンインストールしてしまえば良い事です。



コントロールパネルを開き、「プログラムと機能(Windowsのバージョンにより名前が異なります)」をダブルクリックして、一覧から「Windows Live OneCare」を探してクリックします。さらに、「アンインストールと変更」をクリックします。なお、これを実行する前に、デスクトップに「Microsoft Security Essentials」がダウンロード完了している状態が望ましいでしょう。



「アンインストール(U)」ボタンをクリックします。



アンインストールが完了したら「完了」ボタンをクリックして、コンピューターの再起動を実行します(自動)。



なお、「Windows Live OneCare」がアンインストールされた事で、Windows に付属するファイヤーウォールが有効となり、マルウェア対策ソフトは未使用となります。これは、望ましい状態ではありません。



次に、デスクトップにダウンロードした「Microsoft Security Essentials」をインストールします。この方法は、以下のページに掲載しました。

Windows Live OneCareの後継Microsoft Security Essentials:セキュリティ エッセンシャル



「Microsoft Security Essentials」をインストールした事で、「Windows セキュリティ センター」は全てが保護されている状態になりました。さらば「Windows Live OneCare」。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項