MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

セキュリティ対策ソフト Windows Live OneCare が無料になる?


コンシューマー(一般消費者)向けの Windows Live(ウインドウズライブ)サービスで微妙なポジションにあるマイクロソフト社のセキュリティ対策ソフト「Windows Live OneCare(ワンケア)」は、市販のパッケージと、有料ダウンロードで提供されていますが、これが無くなる事がマイクロソフトのプレスパスで発表されています。

Microsoft Announces Plans for No-Cost Consumer Security Offering


英語なので、管理人には理解できかねますが、これが日本でも登場するのであれば、翻訳された日本語版でのプレスパスも登場すると思われます。無償で利用可能なWEB上のセキュリティスキャンサービスと、市販のセキュリティ対策ソフトの大きな違いは、前者がインターネットでアクセスしてウイルス検知をするのが前提で、Windows Live OneCare セーフティ PC では検知した後に除去する事もできる斬新なものでした。それまで、一般的な WEB セキュリティスキャンは、検知する事ができても削除は自力で行なう必要があり、どちらかと言えば、有料版ソフトの販売促進として提供されていたと思われます。

Windows Live OneCare セーフティPC


一方、後者の Windows Live OneCare は市販製品であり、コンピューターにインストールして常にセキュリティを確保する一般的なセキュリティ統合ソフトです(ファイヤーウォールソフトも含まれる)。Windows Live OneCareが 登場した時、既にスパイウェア除去の Windows ディフェンダーは無償で提供され、Windows Vista では最初から付属されていますが、本当に便利なのは Windows Live OneCare を最初から Windows に付属させてしまう事。そうすれば、市販ソフトやトラブルが発生しやすい無料ソフトをインストールする手間が省けます。しかし、それは大人の事情で出来ない。大人なら把握するのは容易いと思われます。


以上の経緯から、Windows Live OneCare は、他の市販製品と同じマーケットで販売されていたわけですが、ここから撤退すると思われます。 撤退するだけであるならば、それまで市販品を利用してきたユーザーは、他のセキュリティソフトに乗り換えるだけなので問題はありませんが、販売を止めて無償で適用してしまおうとするのが今回の動きであり、注目されるところです。 確かに、Windows に組み込むリスクは避けられますが、市販製品を無償化する事で、他社のセキュリティソフトが打撃を受ける確率が大きくなり、Windows に組み込んでしまう行為に限りなく近くなるかも知れません。 ソフトを 1 つ買えば何台までインストール可能や、毎年の更新手数料「0円」とするなどで反撃する市販ソフトも、難しい状況に追い込まれかねません(一般家庭で利用するもので、企業向けソフトには影響が無いと思われます)。


しかし、プレスパスでは、現在市販の Windows Live OneCare の販売が終了するだけで、これがそのまま無償で提供されるとは書かれていません。 無償で提供されるのは、開発コード「Morro」と呼ばれるもので、ウイルス、スパイウェア、ルートキット、トロイに対応するとあります。 対応する OS は Windows XP 、Windows Vista 、 Windows7(ウインドウズ セブン) の予定で、登場時期は「second half of 2009」←どう訳すのか不明。2009 年の Q2? 3 月から 6 月かな?




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項