MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ウインドウズセキュリティセンターから見た Windows Live OneCare

 Windows Live OneCare(ウインドウズライブワンケア) は、Windows Vista に搭載されたいくつかの機能と重複しています。しかし、どれも Windows Live OneCare の方が優れているのですが、IE7と自動更新が必須となっているのは微妙なところ。購入を検討している場合は、とりあえず Windows セキュリティセンターから見た OneCare を参照してみて下さい。


前回、2 台の異なる OS に Windows Live OneCare をインストールして、サークルを設定しました。 これで、定期的にチューンアップをすればいいのですが、やはりもう少し掘り下げてみたいと思います。 正直なところ、分からない部分もあります。 Windows Live OneCare をインストールした後の Windows セキュリティセンターが右。ファイヤーウォール、マルウェア対策のウイルス対策、スパイウェアとその他のマルウェアの対策が Windows Live OneCare となります。



ファイヤーウォール

ファイヤーウォールは複数併用する事ができないため、Windows Vista や XP に付属する機能は無効になります。右は「コントロールパネル」→「セキュリティセンター」→「Windowsファイヤーウォール」を表示した状態で、Windows Live OneCare をインストールした事で、無効となっている状態。



付属するWindowsファイヤーウォールは、外部からの進入を防ぎますが、Windows Live OneCare に付属するファイヤーウォールは、外部からの進入と、内部から外部へ発信する情報を制御します。このため、初めて開くアプリケーションの場合、そのプログラムをインターネットに接続する事を常に許可するか、常に禁止するか、今回はブロックして後に再度確認する選択画面が表示されます。何がインターネットに接続しようとしているか、アイコン、ファイル名、会社名、ファイルの場所により判断して、明らかに利用する、もしくは、信頼しているプログラムに関しては、「常に許可する」をクリックすれば、次回の起動から表示される事はありません。



Windows Live OneCare ファイヤーウォールの設定は、Windows Live OneCare を起動して、左メニューのクリックリンクにある、「設定の変更」を左クリックします(変更には管理者権限が必要です)。 「有効」設定されていれば、Windows ファイヤーウォールが無効でも機能しています。これは、あえて無効にして Windows ファイヤーウォールを優先させる必要はありません。 「プログラムがファイヤーウォールによってブロックされた場合は通知」にチェックが入っていれば、通信が発生するプログラムを認識する事ができます。 「プログラムのブロックと許可を常に確認する」にチェックを入れると、確認が頻繁に必要になり面倒です。



Windowsの機能は、ほぼ初期状態でファイヤーウォールが弊害となる事はありませんが、「詳細設定」を左クリックすると、プログラム、ポートなどの設定が可能です。 一度許可したプログラムもここで変更可能で、バージョンアップしたプログラムなどは古い記録を削除できます(Firefoxなどのバージョンアップが頻繁にあるアプリケーションなど)。



自動更新

Windows の更新プログラムを取得する方法で、最初は Windows Update を任意で実行する仕様から、更新が提供された時に通知する変更になり、今では自動的に更新するのが主流となりました。 これは、Windows の機能であり、変更する事も可能ですが、Windows XP SP2 の時点から自動更新を推奨する傾向にあります。 変更方法は Windows Update を起動して、左メニューの「設定の変更」を左クリックします。 Windows XP では自動更新の変更を複数の場所から可能でしたが、Windows Vista でが、自動更新から他に変更するには、この Windows Update から設定します。 逆に、他の設定から自動更新に変更するには、ウインドウズセキュリティセンターから可能です。



選択できる設定は、「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」。 これは初期設定で、更新プログラムをインストールする頻度と時刻を設定できます。 「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」。 これは、ダウンロードは先のものと同じく自動ですが、実際にインストールする作業はユーザーのクリックにより決められます。

「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」。 これは、更新プログラムが提供された事を知る事ができ、ダウンロードとインストールはユーザーの好きなタイミングで実行できます。 これらの事情が良く分からない場合は、推奨設定の自動更新で構いませんが、以前の Windows を利用してきたユーザーは、通知だけ受け取ってダウンロードとインストールは手動で実行するのを好みます。更新プログラムといえども、勝手にやってもらわれては困る時もあります。再起動が必要な更新の場合はなおさらです。適用しても、再起動するまで更新が完了とはならず、再起動のタイミングも選択できるものの、しつこく再起動を迫られます。優先する作業がある場合、これらの警告が非常に邪魔です。「更新プログラムを確認しない」を選択した場合、更新プログラムがあるか否かの確認をしないため、ユーザーはアップデートを手動で確認する必要があります。これは、いくらなんでも不便です。



推奨の自動更新以外を設定すると、Windows Live OneCare ではアイコンが赤くなり、常に警告を発します。 最も作業優先で都合が良いと思われる「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に設定しても、セキュリティは最悪の赤となります。 これはやり過ぎかも知れません。



Windows セキュリティセンターでは、自動アップデート以外を選択しても(「更新プログラムを確認しない」以外)黄色で維持され、常に警告を発する事はありません。 UAC を無効にすると、常に警告が表示されますが、Windows Live OneCare をインストールした時点で、自動更新以外はこれと同じレベルになってしまいます。



逆に、Windows Update を一度もやったことが無いユーザー、これからWindowsを始めるユーザーにとっては、強制的に修正プログラムをダウンロード、インストールするので、OS に存在する脆弱性を知らない内に埋める事が可能。 それ以外のユーザーは、Windows Live OneCare を利用するのは好ましくないかも知れません。



マルウェア対策

ウイルス対策とスパイウェアとその他のマルウェア対策にあり、まずはウイルス対策を見てみます。 Windows Live OneCare を起動して、左メニューのクリックリンクにある、「設定の変更」を左クリック(変更には管理者権限が必要です)、さらに、「ウイルスとスパイウェア」タブを左クリックすると、設定を変更できます。 ウイルスとスパイウェアの監視は「有効」にしないと、Windows Live OneCare を購入した意味がほとんどありません。これは、リアルタイム検知なので、ウイルス対策に関しては、Windows に全く付属しない機能です。



一方、スパイウェアの監視は、Windows XP ならダウンロードとインストールで、Windows Vista の場合は最初から付属する Windows ディフェンダーがあります。 Windows Live OneCare をインストールした時点で、Windows ディフェンダーは無効となります(スパイウェア検知も併用する事ができないのが一般的)。



常にウイルスとスパイウェアを監視しているのですが、 ハードディスクドライブ 内のファイルに対してウイルスをチェックする作業が定期的に必要です。その設定はスキャンスケジュールにあります。スキャン中も通常のアプリケーションを利用できますが、快適度はパソコンスペックに依存します。一般的にセキュリティソフトが重いとか、軽いとかの不満がありますが、管理人もスペックが低いパソコンで利用していた時はそれを痛感しました。 しかし、現在販売されている 45 nm デュアルコアやクワッドコア、デュアルチャンネルメモリ 2 GB 、シリアル ATA ハードディスクドライブを利用していれば、さして気になることは内でしょう。頻繁にスキャンした方が無難です。



ウイルススキャンは、Windows Live OneCare を起動して、「ウイルスとスパイウェアのスキャン」を左クリックすると手動で開始できます。 手動の場合は、最も早く終わるクイックスキャン、パソコンに接続されたすべてのドライブをチェックするフルスキャン、チェックする場所をドライブ、フォルダ、ファイル単位で指定する事でスキャンにかかる時間を節約するカスタムスキャンがあります。



それとは別に、Windows Live OneCare をインストールすれば、右クリックメニューに「ウイルススキャン」が追加されます。 スキャンしたいファイルにポインタを移動して右クリックして、「ウイルススキャン」を左クリックすれば、そのファイルやフォルダだけをチェックする事ができます。



Windows ディフェンダーが無効化された事で、わかりやすく表示するスタートアップの設定が、Windows Live OneCare のチューンアップに存在します。 「スタート」ボタンから辿る「スタートアップ」には表示されない、Windows と共に起動するプログラムが表示され、有効/無効をユーザーが決める事が容易です。 また、Windows には「msconfig(キーボードの Windows ボタンと「R」キーを押し、表示された「ファイル名を指定して実行」に入力する)」があり、そこでスタートアップの有効/無効を設定できますが、Windows Live OneCare のスタートアップの方が、アイコンを用いてよりプログラムを判別しやすくなっています。



他のセキュリティ設定

最後は、他のセキュリティ設定です。インターネットセキュリティ設定とユーザーアカウント制御があり、ユーザーアカウント制御は Windows Vista に搭載されたセキュリティ機能です。 無効にすれば、Windows Live OneCare でも、Windows セキュリティセンターでも警告が表示され続けます。 インターネットセキュリティ設定とは、ブラウザに搭載されたフィッシング詐欺防止機能や、ポップアップブロックなどを示し、これらの機能を搭載しているブラウザ(IE において)は Internet Explorer 7 となります。 つまり、バージョン7を利用していない場合、Windows Live OneCare では警告され続けます。

Internet Explorer 6 でも、更新プログラムは提供されていますが、セキュリティを確保するには Internet Explorer 7 を利用した方が良いと解釈している事になりそうです。 Windows Vista からは Windows Update と Internet Explorer が切り離された事で、IE を経由せずに更新が可能になった事や良かったと思います。 しかし、Windows Live OneCare を利用するユーザーは、Internet Explorer の呪縛から逃れる事ができません。 もちろん、使わなくても最新版をインストールしておいた方が、セキュリティ的に無難です。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項