MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

写真、ムービーをWindows Live ムービー メーカーで編集

 ムービーと写真を交えた編集は、最終的に完成させる解像度とアスペクト比を考慮するのが無難です。 例えば、ムービーが16:9であるならば、写真も16:9で撮影するか、編集前に16:9にトリミングすれば、ムービーと写真が切り替わった時に、黒く塗りつぶされる部分が無くなります。 もちろん、再生環境により黒い部分が表示されるか否かは異なります。


大手動画共有サイトの YouTube が解像度フル HD( 1920 × 1080 )に対応、さらに、無償の Windows Live ムービー メーカーがフル HD 出力( 1920 × 1080 )に対応しました。ビデオと写真を交えた編集で面倒なところは、アスペクト比を統一する事です。



まず注目するのは、撮影された写真やビデオの解像度ではなく縦横比です。例えば、地デジと同じ 16:9(縦:横の比率)で撮影したビデオを 4:3 で出力すると、上下に黒い部分が表示されます。逆に、4:3 で撮影されたビデオを 16:9 で出力すると、左右に黒い部分が表示されます。この黒い部分は何なのか?これが本日のお題です。

この黒い部分を極端に嫌うユーザーと、敢えて好むユーザーがいます。好むユーザーは、文字入力に重宝する意図があるので、ここでは取り上げません。管理人は、嫌うユーザーから、どうでもいいユーザーに心境が変化しました。



例えば、内職で貯めたお金でレーザーディスクを購入した時(管理人が小学生の時代は、DVD が販売されていなかった)、テレビ画面一杯に表示されないと損した気持ちになりました。テレビ放送を観る限り、上下に黒い部分は入らず、画面一杯に映像があるからです。しかし、もともと映画は4:3で撮影されておらず、4:3 のアナログテレビに画面一杯表示するとなると、縦横比を変更する必要があります。しかし、単純に変更してしまうと、物体の大きさがおかしくなるため、そんな事はできません。例えば、16:9で撮影された映画に物体が写っているとします。これを 4:3 で画面一杯に表示される様に縦横比を変更したならば、その物体は横につぶされて細くなってしまいます。



物体の縦横比を無視するやり方はあり得ないので、縦横比を維持する代わりに、収まりきらない左右の映像をカットして 16:9 から 4:3 に変更しています。一概には言えませんが、地上デジタル放送とアナログ放送の違いもこれです。アナログ放送では、地上デジタル放送より見えない部分があります。映画の場合は、同じお金を支払って、画面一杯に広がるからといって、左右をカットされるのは納得できません。カットされた部分に重要なものが移っているか否かは、地デジ場合は気にする必要はありません。撮影する時にそれを意識して重要度が中心に集まるからです。例えば、番組のゲストが沢山いて、一列にならんだ場合、端っこの人はアナログ放送では見られません。しかし、カメラを左右に移動すれば、写りこむ訳で、ゲストの芸能生命に問題でも、視聴している人からはたいしたことはありません。映画の場合は、芸術作品となるため、その部分が重要か否かではなく、監督の意図しないカットはあり得ないと考えるのが妥当でしょう(時間調整のカットも含めて)。



上下に黒い部分が入るのが嫌いな人は、今の地デジ対応家電テレビの場合は 16:9 で収録された Blu-Ray を好むと思われます。しかし、映画は全て16:9で撮影されているのではありません。一方、16:9 に満たないテレビを利用しているユーザーは、これらの縦横比より 4:3 を好むかも知れません。



しかし、時代と共にテレビを買い換えれば、右の様に左右に黒い部分が表示されます。これは、縦横比を維持して 4:3 の映像を 16:9 の画面に表示するからです。



やはり左右に黒い部分が入るのが嫌と感じる人は、こう考えてみてはいかがでしょう。4:3 の映像を 16:9 のテレビで画面一杯に広げると、物体は太って見えます。これは、16:9の映像を4:3に画面一杯に表示するのと同じで、縦横比を無視した考え方です。例えば、細身の女性が写っていたとしたら、その人はがっかりする事でしょう。その女性は横に引き延ばされ、太って見えてしまいます。右のサンプルの標識が膨張しているのと同じです。これを回避するには、足りない面積に黒を挿入する事で、縦横比を維持します。画面の使っていない部分の黒いのが勿体ないと考えるのは間違いで、撮影、または、配信されている映像の縦横比と、テレビの縦横比を上手くカバーするために、これが発生しています。16:9 の映像を視聴するなら、16:9 に対応した視聴環境が適しており、4:3 の映像を視聴するなら、4:3 に対応した視聴環境が適しています。この場合、解像度の違いは無視しています。さらに、16:9 に対応したテレビは、4:3 の映像を左右に黒を挿入する事で対応しています。

映像を提供する側(つまり、ムービー メーカーで出力する人)が、黒い部分を排除したい理由は、上の意味とは異なります。単純に、黒い部分を排除して、ファイル容量を抑える、または、黒い部分を排除して浮いた容量を、映像のビットレートを上げて画質向上を狙いたいからです。ただし、詳しい事は分かりませんが、圧縮技術としては、動かない部分の圧縮率は非常に高いと思います。つまり、黒い部分が頻繁に動くのであれば別ですが、最初から最後まで表示されているのであれば、それほど容量の増加は無いとも言えます。



黒い部分が無い映像を作成できたとして、先の話に戻りますが、視聴環境により黒い部分は表示されます。視聴環境とは、ソフトウェアのプレイヤーの縦横比、さらには、液晶ディスプレイの縦横比です。右図の左は16:9の映像をアップロードした場合。埋め込みリンクは16:9のプレイヤーサイズとなります。下は4:3の映像をアップロードした場合。メインプレイヤーは16:9なので、左右に黒い部分が表示されますが、埋め込みリンクは4:3から選択できます。縦と横の解像度を計算しても正しい比率にならない理由は、プレイヤー下段のコントロールバーも解像度に含まれるからです。そして、このプレイヤーを画面最大表示した場合、やはり液晶ディスプレイの縦横比により、黒い部分が発生するか否かは異なります。つまり、全ての環境に合わす事はできませんし、その時代の妥当な縦横比を選択するより他ありません。黒い部分が表示されて嫌とか好きとかの問題では無いのです。



今なら、16:9 がお勧めです。この設定は、Windows Live ムービー メーカーで変更できます。そして、問題は元映像の縦横比です。しかし、撮影した動画の縦横比の方が重要です。4:3 で撮影された動画を16:9にしても、完成したファイルに黒い部分が含まれるだけで意味はありません。16:9 で撮影された動画だからこと、16:9 で出力するわけです。

SD(スタンダード デフィニション:標準解像度)で撮影された解像度、640(横)× 480(縦)は、確実に決まっているのではありませんがアスペクト比が4:3です。480 ÷( 640 ÷ 4(横の比率))= 3(縦の比率)となります。しかし、後期の SD ビデオカメラやデジタルカメラでは、848 × 480 で撮影できるものもあります。この場合は、480 ÷( 848 ÷ 16 )= 9.0566037735…つまり、アスペクト比は 16:9 となります。720( 1280 × 720 )、1080( 1920 × 1080 )で撮影できるカメラは、アスペクト比が 16:9 です。撮影できる解像度から映像の縦横比を確実に言い当てる事はできませんが、だいたい想像は付くでしょう。分からない場合は、説明書の撮影モードで、解像度から縦横比を計算してみましょう。



解像度から映像の縦横比を確実に言い当てられない例として、解像度 1440 × 1080 で 16:9 の映像を撮影できるものもあります。編集ソフトでは、Windows Vista に付属する Windows ムービー メーカーが、最高画質 1440 × 1080( 16:9 )となっていました。これは、解像度 1440 × 1080 に、16:9 の映像を凝縮した形になります。もちろん、そのまま再生すると、横が凝縮された映像になりますが、たいていの再生プレイヤーは、縦横比を自動認識して正しく再生してくれます。地デジもこれに同じです。初期の YouTube では、1440 × 1080( 16:9 )の映像をアップロードすると、そのまま状態で再生する欠陥がありましたが、今ではタグを入力する事で、再生時の縦横比を調整できます。



映像が 4:3 ならば、Windows ムービー メーカーの縦横比を標準 4:3 に、映像が 16:9 ならば、ワイドスクリーンに変更します。しかし、ビデオに写真を交えて構成する場合、これが面倒な事になります。手っ取り早い方法は、映像の縦横比と同じ比率で、写真を撮影する事です。



例えば、ムービーが 16:9 であるならば、写真も 16:9(右のサンプルでは解像度3648×2048)、ムービーが 4:3 ならば、写真も 4:3(右のサンプルでは解像度 3648 × 2736 )が適しています。



そうでない場合、なおかつ、作成するムービーから黒い部分を無くしたい場合、写真をトリミングする必要があります。縦横比は、ムービーの比率に合わせてしまえば良いでしょう。Windows に付属するペイントでも、トリミングは可能ですが、数字で指定できないので縦横比を考慮した場合、使い勝手が良くありません。



そこで登場するのが、無償で提供されている Windows Live フォトギャラリーです。写真を選択して上部メニューの「修正(X)」ボタンをクリックします。右に表示されたメニューの「写真のトリミング(T)」をクリックして、目当ての縦横比を選択。例えば、今回はムービーが 16:9 で撮影されているので、写真も16:9に編集したいとします。このサンプルでは縦横比「16×9」を選択しているので、プレビューに表示される長方形の四隅をドラッグ&ドロップでサイズ変更しても、縦横比が維持されます。これなら、好きな構図で目的の縦横比に編集可能です。



デジタルカメラの画素数の上昇とメモリの大容量化、さらに、低価格のため、今ではそのカメラの最大解像度で撮影し続けても、不便に感じるが無くなりました。つまり、現時点でのムービーの一般的な解像度である 1920 × 1080 以上であれば、写真をトリミングする際の解像度を気にする必要はありません。ここでは、縦横比が重要なのです。写真とビデオを交えた編集は、むしろビデオの方の解像度が重要かも知れません。ムービーがフル HD( 1920 × 1080 )であるならば、吐き出すムービーも 1080p を選択すれば良いでしょう。YouTube もこれに対応しています。写真としては解像度 1920 × 1080 は、どうって事はありません。これ以上を追求しても、再生プレイヤーや、描画するディスプレイが対応していなければ意味が無いので、写真の解像度も 1920 × 1080 が妥当となりますが、それ以上のサイズであっても、縦横比が統一されていれば、1920 × 1080 に凝縮されます。もちろん、720pで吐き出すのであれば、1280 × 720 に凝縮されます。



もし、SD 画質の 16:9(例えば 848 × 480 )のビデオと、高解像度な 16:9 の写真を交えて編集する場合、最終的に作成するビデオの解像度を考える必要があります。もちろん、480p 、720p 、1080p のいずれも選択できますが、720p 以上は単純に低解像度を引き延ばしているに過ぎません。ビデオは荒くなりますが、写真は1080pで表示できます。ムービーが 848 × 480( 16:9 )の場合、480p が妥当な解像度で、1080p との中間の 720p を選択する事もできます。しかし、ムービーは多少引き延ばされ、写真は解像度をさらに失う事になります。今後、1920 × 1080 が一般的になるのであれば、写真もムービーも 1920 × 1080 が妥当かと思われます。もちろん、写真はムービーを作成するためだけに撮影するのはないので、撮影する時は高解像度で良いでしょう。ムービーにした場合は、Windows Live ムービー メーカーで作成するビデオも、YouTube にアップロードしたビデオも、結局 1920 × 1080 が最高解像度であるというだけの話です。



以下は、SD 848 × 480( 16:9 )のビデオと、16:9 の写真を交えて編集したビデオです。ビデオは720pでエンコードしました。SD 画質を 720p でエンコードしているため、当然画質はあらくなりますが、写真は逆に凝縮されているため、1280 × 720 で再生する分には問題がありません。しかし、フル HD に対応した環境で再生するならば、いずれも物足りない画質となります。




以下は、写真だけで作成したムービーです。ビデオは1080pでエンコードしました。ムービーがフルHDに対応していない場合、写真だけで構成した方が解像度を維持できます。




以下は、上の二つのビデオを作成している作業風景です。





戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項