MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ビデオの取り込み / 縦横比 / タイムライン:Windows Live ムービー メーカーでビデオの編集


前回、縦横比を取り上げましたが、今回は実際に新しい Windows Live ムービー メーカーで動画の編集を実行します。 今回撮影したビデオは、848 × 480 SD H.264 形式。新しい Windows Live ムービー メーカーは HD 出力可能なので、16:9 で撮影した SD ビデオを編集して、720p HD でエンコードします。 これは、引き延ばしが発生するため、画質が良くなるのではありませんが、YouTube にアップロードした時にHD画質として認識されます。 1920 × 1080 フル HD で撮影したビデオを YouTube にアップロードするには、720p でエンコードのするのが現時点では最適と思われます。



今回は、写真とビデオをデジカメで撮影して、Windows Live フォトギャラリーでコンピューターに転送しました。 Windows Live ムービー メーカーを起動して、編集するビデオをドラッグアンドドロップします。 Windows ムービー メーカーでは、真ん中に移動しましたが、Windows Live ムービー メーカーでは右側にドラッグアンドドロップします。 もちろん、これは移動ではありません。元の動画は保持されます。



上が Windows Live ムービー メーカーで編集中の画面。下は Windows Vista に付属する Windows ムービー メーカーの画面です。 プレイビューが反対になり、タイムラインが下段から右に移動しています。また、Windows ムービー メーカーでは、ドラッグアンドドロップしたビデオを分割して、タイムラインにドラッグアンドドロップしますが、Windows Live ムービー メーカーではドラッグアンドドロップした時点でタイムラインに移動した事になります。 Windows XP にせよ、Windows Vista にせよ、Windows ムービー メーカーを使っていたユーザーなら一瞬戸惑うかも知れません。



Windows Live ムービー メーカーにビデオを取り込んで、再生している画面が右です。 プレイビューの厳談のバーも動きますが、右のタイムラインの縦線が再生と同時に移動します。つまり、どこを再生しているか判断できます。



今回はワイドスクリーンのビデオを編集するので、「ビデオツール」→「縦横比」を「ワイドスクリーン( 16:9 )」に変更します。 右は、Windows Vista に付属する Windows ムービー メーカーで縦横比を変更する画面です。これと同じ作業をリボン形式のメニューで変更します。


Windows Live ムービー メーカー Windows ムービー メーカー 


プレイビュー画面で縦横比が変更された事が分かります。「標準」4:3で表示していた初期状態は、ワイドスクリーンで撮影されたビデオをプレイビューで見ると、上下に黒帯が入りました。16:9に変更すると、これが消えます。



タイムラインの拡大と縮小

タイムラインの縮小と拡大は、Windows Live ムービー メーカーの右下のバーで変更できます。 プレイビューの下にバーがあるので、これだけでも十分ですが、文字入れや、ビデオをより細かく編集する場合は、拡大した方が便利でしょう。 撮影時に編集を考慮してあるならば、つなぎ合わすだけなので縮小しても良いでしょう。


拡大 縮小

Windows Live ムービー メーカー Beta 日本版公式サイト

The new Windows Live Movie Maker – available today! 公式ブログ(英語)

Windows Live Movie Maker 公式サイト(英語)




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項