MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Hotmail を Windows メールで送受信する設定( POP3 )


Windows Live Hotmail(ウインドウズ ライブ ホットメール)が POP3 に対応した事で、Cannector を使わずに多くのメーラーで送受信が可能になりました。現時点では、ほとんどのメールは正しく読めますが、いくらエンコードを変更しても読めないメールもありました。設定に必要な情報は以下。



受信サーバーPOP:pop3.live.com
ポート:995
SSL:有効

送信サーバーSMTP:smtp.live.com
ポート:587
TLS/SSL:有効

ユーザーネーム:Windows Live ID
パスワード:Windows Live IDのパスワード

参照元

Windows Live Mail(ウインドウズ ライブ メール)では、通常のアカウント設定で送受信可能ですが、今回は Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)に付属する Windows メールと、Microsoft Office Outlook 2007 で送受信を試みました。Outlook は既に Cannector を使って送受信をしていますが、今回は POP3 で送受信を試みます。

正しいやり方なのか不明ですが、とりあえず Hotmail のドメインを入力すると、自動でHotmailと認識してしまう傾向にあります。 つまり、POP3 としてアカウントを登録するには、結構面倒な作業となりました。まともなやり方があるのかも知れませんが、とりあえず管理人が実行した方法を掲載します。



Windows メール

Windows メールを起動して、「ツール(T)」→「アカウント(A)」を左クリックします。



「インターネット アカウント」を開いたら、「追加(A)」ボタンを左クリックします。



「アカウントの種類の選択」で「電子メール アカウント」を左クリックして、さらに「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



名前を入力します。これは、通常のアカウント登録と同じで、プロバイダーと契約した内容とは関係なく、自由に決めて入力できます。「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



電子メールアドレスを入力しますが、予想通りここで Windows Live Hotmail のアドレスを入力して「次へ(N)」ボタンを左クリックすると・・・



Windows Live Hotmail が POP3 に対応していない状態と同じエラーとなります。Windows メールの対応が必要なのですが、Windows メールは Outlook Express の後継で、Windows Vista の次の OS とされる Windows7(ウインドウズ セブン) には付属しません。つまり、Windows Vista だけに存在するメーラーとなり、今後更新されるかどうかは不明です。



そこで、Windows メールが、Windows Live Hotmail では無いと判断させるために、適当なメールアドレスを入力して「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



適当なメールアドレスを入力する事で「電子メールサーバーのセットアップ」へと進めます。受信メールサーバーの種類に「POP3」、受信メールサーバーに「pop3.live.com」、送信メールサーバーに「smtp.live.com」、送信サーバーは認証が必要にチェックを入れ、「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



「インターネット メール ログオン」で、ユーザー名に Windows Live ID を、パスワードにWindows Live ID のパスワードを入力して、必要に応じて「パスワードを保存する」にチェックを入れ、「次へ(N)」ボタンを左クリックします。Windows Live ID とパスワードは、Windows Live スペースや Windows Live Messenger にサインインする時と同じです。



以上で存在しないメールアドレスを使い、Windows メールにアカウントを登録する事ができますが、メールの送受信はできない状態なので、必ず「今は電子メールをダウンロードしない」にチェックを入れ(左クリック)、「完了(F)」ボタンを左クリックします。



でたらめなメールアカウントが作成できました。これを左クリックで選択して、「プロパティ(P)」ボタンを左クリックします。



プロパティの「全般」タブで、電子メールアドレス(M)を正しい Windows Live Hotmail のアドレスに変更します。[@hotmal.co.jp]、[@hotmail.com]などの電子メールアドレスです。



「サーバー」タブを左クリックして、受信メールサーバーのユーザー名とパスワードを確認します。入力されていなければ、ユーザー名に Windows Live ID 、パスワードに Windows Live ID のパスワードを入力します。「送信メールサーバー」の「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れます(左クリック)。



「詳細設定」タブの送信メール( SMTP )と受信サーバー( POP3 )の「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます(左クリック)。ポート番号は、送信メール( SMTP )が「25」、受信メール( POP3 )が「995」。「サーバーにメッセージのコピーを置く」に必ずチェックを入れます(送受信が安定したら自由に変更すれば良いでしょう)。最後に「OK」ボタンを左クリックします。



以上でアカウントの設定が完了しました。複数の Windows Live Hotmail アカウントを登録する事もできます。



実際に送受信したスクリーンショットが右。

Windows Live Hotmail を Outlook で送受信する設定( POP3 )

Windows Live Hotmail を Microsoft Outlook 2007、または、2003 で送受信する方法





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項