MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live ID から Microsoft アカウントに変更


Windows Live サービスを利用するユーザーが登録する、Windows Live ID(ウインドウズ ライブ アイディー:旧 .NET Passport (Microsoft Passport Network))が、Microsoft アカウントに名称変更されました。久しぶりにブラウザから外部ストレージの SkyDrive(スカイドライブ)にアクセスするため、Windows Live へサインインを試みたときに気がつきました。



Microsoft アカウントは、2012年10月に発売予定のMicrosoft(マイクロソフト)社の最新OS(オーエス:オペレーティング システム)「Windows 8(ウインドウズ エイト)」で、従来のローカル アカウントに置き換えて利用できるアカウントです(もちろん、ローカル アカウントを使い続けることも可能)。

Windows Live の名称も消えるような話もありますが、何はともあれ、Windows 8 が登場してみないと分かりません。管理人は、Windows 7 を使っており、Windows Media Center で地デジを録画しています。この都合上、Windows 8 へのアップグレードは消極的です。Metro UI(メトロ ユーアイ)のメトロも、開発コードで正規式名称ではないみたいですが、あとあえず、Microsoft が発売するタブレットPC「Microsoft Surface (マイクロソフト サーフェス)」には興味があります。まぁ、この名称も、旧「Surface」から変更され、混乱を招いています。Windows Live サービスの誕生と消滅、さらには、混乱を招くサービスの名称変更にも、長い間付き有ってきました。その果てが、Windows 8 による強制的な統合というのは、大丈夫なのでしょうかね。

ローカルアカウントとMicrosoft アカウント:Windows 8 Consumer Preview

Windows Live IDを登録した流れでSkyDriveを使う

Microsoft アカウントとは何ですか?





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項