MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ローカル、WEBアプリを包囲する Windows Live サービス


複雑になりつつある Windows Live(ウインドウズ ライブ)サービス。下図で Windows Live サービスでないのは、WEB 上で利用する WEB Messenger(ウェブ メッセンジャー)、MSN ビデオ(動画共有サイト SoapBox [ソープボックス])、Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)、Microsoft Office System(マイクロソフト オフィス システム)。 しかし、この中に含まれないWindows Live サービスはまだ存在します。


Windows Live を使って見たいと考えているなら、まずコンピューターを用意しましょう。 インフラは、コンピューター、Windows XP(ウインドウズエックスピー)、または、Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)、インターネット接続環境の3つ。 この段階で、最初にすることは、Windows Live Hotmail(ホットメール)と無料で契約します。 これにより、Windows Live ID を同時に取得でき、Live サービスの WEB サービス( Windows Live スペース、プロフィール、更新情報、フォトアルバム、外部ストレージの SkyDrive(スカイドライブ)、WEB メッセンジャーと、登録した WEB メール)が利用できます。



そして、これらのサービスは連携しますが、意識せずに使っていても良いでしょう。 最初は、こんな感じで始まったと思います(スタートと呼ばれる WEB サービスがそれに当たるのかも知れません)。 次は、これらのサービスを効率良く利用するために、コンピューターに Windows Live サービスをインストールします。 これは、絶対ではありませんが、WEB サービスを利用しなくても、便利なアプリケーションが含まれます。

これらの事情から、芋ずる式に Windows Live サービスへとなだれ込む事になります。 特殊なのは、Windows Live サービスに交わらない動画共有サイトのSoapBox(ソープボックス)と、ローカルのコンピューター同士でフォルダを同期する Windows Live Sync(ウインドウズ ライブ シンク)でしょうか。 後は、コンピューターで Microsoft Office を利用しているのであれば、Office Live を利用して特定のユーザーと共同作業ができます。

MB-Support では、管理人が使った日記を掲載しています。

Windows Live(ウインドウズライブ) を使ってみよう



管理人は、Windows Live の原型となる「Start」から利用していますが、途中、ついて行けなくなっています。どうしたものか悩んでいると、初心者にも分かりやすいページが存在していました。これから始めるユーザーも、すでに混乱しているユーザーにもおすすめのページです。おそらく、ポータルサイトの「MSN」を常用していないので、このページの存在に気がつきませんでした。



Windows Live サービスの中で、自分のコンピューターにインストールするサービスは、Windows に付属するアプリケーションと重複するものがあります。 今では、ほとんどが Windows Live サービスのアプリケーションの方が、便利なのかも知れません。 中には発展途上なものも存在しますが、Windows Vista の次に登場する Windows7(ウインドウズ セブン) に深く関係してきます。

重複するアプリケーションは、Windows に非搭載となり、すでに Windows Vista では、メッセンジャーが付属されていません。 もちろん、他社のアプリケーションを利用する機会も多くなり、メッセンジャーなんて必要無いと考えるユーザーには関係ありませんが、メッセンジャーは Windows Live サービスの一つでしかありません。



Windows Live の現状は、WEBサービスとコンピューターにインストールされたアプリケーションの連携で、もちろん、これは WEB サービスへ移行する初期段階でしかありません。 単純にWEBサービスだけで構築されたシステムよりも、ローカルアプリケーションを利用する事で、自然な形で WEB サービスへと移行する事ができます。 Windows Live による包囲網は、着々と完成しつつあるのかも知れません。



個別のサービスが提携している流れもありますが、それは Windows Live も同じです。 Windows Live 以外のサービスに対応するアプリケーションもあり( Mail 、Writer 、フォトギャラリー)、WEB サービスからも、ローカルアプリケーションからも、Windows Live へと巻き込む体制になっていると感じます。 使っていないので不明ですが、ゲーム機の Xbox 360 もまた Live が存在している様子。



そういえば、Windows Media Center(ウインドウズ メディア センター)が最初に登場した時は、キャプチャーカードのメーカーアプリケーションで十分だと思っていましたが、XBOX との連携でゲーム機と Windows を Media Center で結ぶ新しい何かへと発展しました。 Windows をパソコンから外に出す作業と言いましょうか、少なからずゲーム機と家電テレビを巻き込んだシステムとなります。これは、海外では上手くいっているのかも知れませんが、日本では地上デジタル放送の都合上、さほど連携が確立されていない気もします。



Media Center は地上アナログ放送では使いやすく、大型液晶ディスプレイと接続すれば、テレビだけではなく音楽や写真などでもサムネイル表示で管理しやすいアプリケーションです。しかし、地上デジタル放送のおかげで、例え TV Pack であったとしても、それまでの便利なところが衰えてしまった感があります。今後どうなるか不明ですが、広範囲から攻めてくる Windows Live サービスが、Media Center の刺客となってしまった地上デジタル放送に変わる何かが登場すれば、コケてしまう可能性もなきにしもあらず。



そうなれば、個別のサービスを利用する事になりますが、連携と言うよりは、企業同士の提携に近く、Windows Live サービスのようなまとまりがあるサービスとは思えません(もちろん、単独で利用する分には便利です)。必要な物だけを使うという意味では、それも良いのかもしれませんが、そもそもパソコンを使っている以上、連携しない機能、デジカメ、ビデオカメラ、プリンター、家電テレビ、などをパソコン無しで利用するのに近い感覚かも知れません。それぞれ高性能ではありますが、データの加工や保管には、パソコンが必要になります。

Windows Live on MSN





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項