MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

次期OS Windows 7 では、電子メールソフト、フォトギャラリー、Windows ムービー メーカーが削除されるかも

 Windows Vista( ウインドウズビスタ )と Windows Live(ライブ)サービスを利用していると、重複するアプリケーションの多さに戸惑う事がしばしば。この先どうなってしまうのでしょうか?と考えたところ、いくつかのアプリケーションを OS から分離して提供した方が得策。本来、OS とアプリケーションは異なる物で、それが正しいとも言えます。


これが正式表明なのか不明ですが、もし、本当だとしても納得できるかも知れませんね。無償で配布する Windows Live サービスの一部に、Windows Vista に付属する電子メールソフト「Windows Mail」と重複する、もしくは、それより機能が豊富と思われる無償の「Windows Live Mail」が存在しており、さらに、市販の Office を購入しているユーザーは「Outlook」も選択でき、メーラーだけで同社から3種類が混在する事になります。



おそらく、Office を所有するユーザーは「Outlook」を利用、Office を利用していなくても、Windows Live Mail は無償なので、「Windows Live Mail」を利用すると思われます。Windows Vista に付属する「Windows Mail」は、Windows XP までの Windows に搭載されていた「Outlook Express」の後継で、フィッシング詐欺、スパムメール対策が施されたメーラーです。Windows Vista に乗り換える事で利用可能になるものの、Windows Live Mail もこれらの対策がなされています。



そして、Windows Live Mail は Windows Vista とWindows XP に対応するため、XP で Outlook の利用を継続するよりも、Windows Live Mail に移行した方が無難と考えるユーザーも多いと思われます。この状態は、すでに Windows Vista が登場する前からベータ版(当初は Windows Live Mail Desktop )であるものの実現されていた訳であり、Vistaに標準付属する Windows Mail の存在意味は、Windows Live ID を取得しない(または、Hotmail を利用しない)ユーザー、ダウンロードしてインストールする作業が面倒、または、全くパソコン初心者で何から初めて良いか、何をダウンロードしてインストールすれば良いか判断できないユーザーにのみ重宝されるアプリケーションでした。



すでに重複する機能が多くなった現在の Windows Vista でさえも、存在意味が低いと思われ、 Windows7(ウインドウズ セブン) からは削除されても納得できるものと思われます。この場合、無料の Windows Live Mail を利用するか、さらに高機能の市販の Microsoft Office Outlook を利用するか、はたまた、他社製品を利用するかの選択が可能です。



Windows フォトギャラリー

もう一つ不思議に思っていた Windows Vista に付属する画像管理/編集ソフトの Windows フォトギャラリーの存在。デジタルカメラの普及と性能の向上、一時的に保管するメモリの大容量化と低価格化により、パソコン内には解像度 3000 × 2000 以上の写真が散乱していてもおかしくはありません。この解像度はフルHD対応液晶でもネイティブに表示する事は不可能なほど高画質であるものの、メモリの大容量化で枚数を気にせず デジタルカメラ で撮影して、さらに ハードディスクドライブ の大容量化と低価格化で気軽にパソコンにストックできる状態になりました。そして、デジカメで気軽にムービー撮影でき、H.264 形式の MP4 、WMV 、MOV ファイルなどムービーファイルも多く存在します。

これらのファイル群はエクスプローラで管理するのは可能ではありますが、難しくなりつつあります。そこで登場したのが Windows Vista に付属する Windows フォトギャラリーです。写真枚にいくつものタグを入力かのうで、検索能力が向上していて、簡単な写真の修整、サムネイルによる一覧表示、スライドショーや各写真を閲覧するのに重宝します。



ところが、いつしか無償の Windows Live サービスからも、Windows Live フォトギャラリーが登場しました。これは、Windows XP でも利用可能なため、Vistaに乗り換えなくても同等の写真、ムービー管理が可能になり、Windows Live サービスと連携可能なので付加価値があるアプリケーションです。この状態で、はたして Windows Vista に標準付属する Windows フォトギャラリーが必要かと疑問に思っていました。



Windows Live Wave3 では、写真に写った自分物の顔を認識して、アドレス帳に存在するユーザーと関連付け、タグ入力する事も可能になり、すでに標準付属のアプリケーションを超えています。標準付属のアプリケーションがアップグレードされる事も期待しましたが、冷静に考えれば Windows Live フォトギャラリーを使えばいいのでは?と結論に至りますね。



一方、「ペイント」が無くなる情報は今の所ありません。Windows 7 では、ペイントのメニューが Office 2007 から採用されたリボンに変更されたスクリーンショットがリークされているので、消滅する事は無いようです。



Windows ムービー メーカー

最後は Windows ムービー メーカーの存在。これに関しては Windows Vista 以前の OS にも付属しており、OS 毎にバージョンアップされています。現時点では Windows Live サービスで代替えのアプリケーションが存在しておらず、これを Windows 7 で排除するのは冒険と思われます。



ただし、Windows Live Wave 3 では、新たにサービスに Windows Live ムービー メーカーが登場しました。これにより、複数の写真や動画を編集して1つの動画に加工、動画共有サイトにアップロードまでを簡単に実行可能になりますが、現時点では OS に付属する Windows ムービー メーカーの代りになるほどの機能はありません。Windows 7 で排除するのであれば、Windows Live ムービー メーカーが今後、素晴らしい機能を提供していく計画があると勝手に期待してしまいます。



なお、これらの機能を排除する目的は、次期 OS の発売をスピーディにするためとの見解がありますが、肥大化する OS 自体の容量を減らす目的にもつながります。また、Web と連携する新しいサービスである Windows Live と連携するには、OS標準付属となるアプリケーションでこれをやるよりは壁が少ないとも予想できます。現に、Windows Vista では、セキュリティ更新プログラム( Windows アップデート )に特定のブラウザが必須ではなくなりました。また、ブラウザの Internet Explore の新しいバージョンの登場も、確実に早くなっています。OS 標準付属でその地位を保ってきた過去から、分離した方が会社にとっても消費者にとっても有利な環境になりつつあります。



一方、Windows Live サービスは、WEB サービスにおけるマイクロソフトの地位を確実なものにしつつあると思われます。最初、Windows Live サービスが登場した時は、他社の真似と、自前のアプリケーションを置き換える作業に見えました。その後、無数にサービスが登場して、かなり困惑しました。他社のサービスの方が単純明快で分かりやすく、使いやすかったのも事実です。多くのサービスが存在するので、これらを連携する事に注目していましたが、そろそろ Windows Live サービスは面白いだけではなく、便利になってきました。「Start」が登場したあの時に、ここまでを計画していたのであろうか?



また、OS からアプリケーションを削除する流れは、Windows 7 からではなく、Windows Vista でもそれは実行されています。メッセンジャーが標準搭載の Windows XP から、Windows Vistaでは非搭載となり、Windows Live メッセンジャーをダウンロードして利用するか、他社のメッセンジャーを利用するのも容易です。標準搭載の時は邪魔に感じていましたが、MSN メッセンジャーから Windows Live メッセンジャーにアップグレードされてからは機能が豊富になり注目されています。



ただし、Windows Live サービスの普及率はさっぱり不明です。使っていないユーザーは、無料で配布されている事も知らない可能性もあります。しかし、これらの機能は、本来の OS とは関係無いアプリケーションです。これらの機能で OS を選択するのは間違いで、時代と共に複数のアプリケーションが最初から付属する事が優れている OS だと勘違いする傾向にあります。便利だから、それはそれで良いのですが、このままだと重い OS になる一方で( OS と言うより、重い Windows?)、新しいバージョンを開発するにも、OS 以外のプリケーションが足を引っ張る可能性もあります。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項