MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

8.セキュリティ情報一覧からアップデートする方法

 アンチウイルスやファイヤーウォールでセキュリティを確保するのは当然ですが、その前にやらなくてはいけない事がウインドウズアップデートです。 これはアップグレードとは異なり、セキュリティに関する修正プログラムを更新する作業になります。インターネットに接続している以上、購入状態のパソコンのまま Windows を利用し続ける事は危険な行為です。


Microsoft TeachNet のホームページから個別にセキュリティ・パッチをダウンロードしてインストールする事が出来ます。 本来は Windows アップデート 、もしくは、 Microsoft アップデート で十分なので、あくまでも補足としてご紹介します。



Microsoft TeachNet

1.右のスクリーンショットを左クリックして「Microsoft TeachNet」のホームページを開きます。



2.「セキュリティ」にカーソルを移動して、右に出てくるメニューから「セキュリティ情報検索」を左クリックして下さい。



3.「マイクロソフト セキュリティ情報一覧」が表示されます。



4.「製品/テクノロジー」で使用している OS の種類と、サービスパックの種類を選択して「検索」を左クリックします。 自分が使っている OS の種類を確認する方法は、 こちら を参照して下さい。



5.検索結果が表示されるので、ダウンロードしたいセキュリティ・パッチを左クリックします。



6.選択したセキュリティ・パッチの詳細情報が表示されます。



7.使用している OS 用のファィルを左クリックして下さい。



8.選択したプログラムのダウンロードページが開きます。



9.「ダウンロード」を左クリックします。



10.「ファイルのダウンロード」画面が表示されます。「保存」を左クリックします。



11.左枠で「デスクトップ」を選択して、「保存」を左クリックします。



ダウンロードが終了したら、「閉じる」を左クリックします。以上で、個別にセキュリティ・パッチをダウンロードする事ができました(デスクトップに保存しました)。



セキュリティ・パッチをインストールする

1.デスクトップにダウンロードしたセキュリティ・パッチをダブルクリックします。



2.セキュリティの警告が表示されます。「実行」を左クリックします。



3.セットアップ ウィザードが開始されます。「次へ」を左クリックして下さい。



4.「使用許諾契約」画面で「同意します」にチェックを入れ「次へ」を左クリックします。



5.「システムの更新」が始まります ( 自動的に復元ポイントが作成されます )。



6.「セットアップ ウィザードの完了」画面が表示されたら「完了」を左クリックして終了です。 特別な事情がある場合・・・ 例えば、インターネットに接続されていないパソコンに、修正プログラムをインストールしたい場合などに、この方法を使いますが、通常は Windows アップデート 、もしくは、 Microsoft アップデート で十分です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項