MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

背景を自動で変更するアプリケーション

 時間とフォルダ、または、写真共有サイトを指定して、自動で背景を取得、変更できるアプリケーション「John’s Background Switcher」


Windows Vista(ウインドウズビスタ)のサイドバーガジェットでも壁紙を自動で切り替えるアプリケーションはありますが、こちらは Windows 98 、Windows ME 、Windows 2000、 Windows XP でも動作します( Microsoft.NET 2.0 がインストールされている環境)。一般的な使い方は自分のコンピュータ内にある壁紙が保管されたフォルダを指定して、1分、30分、1時間など指定した時間の経過で切り替えますが、このアプリケーションは WEB 上の写真共有サイトから通信を用いて壁紙に利用する事ができる優れもの。



インストールすると Windows と同時に起動して、右下の常駐アイコンに出現します。右クリックするとメニューが表示され、既に表示されている壁紙を設定とは別に「Next Background(次の壁紙)」などの操作で瞬時に変更する事が可能。まずは「Settings(設定)」をクリックして、スライドさせる壁紙の保管されたフォルダを指定します。



例えば、Windowsに標準付属する壁紙は、

C:\Windows\Web\Wallpaper

に保管されています。もちろん、自分でフォルダを作成して、他の好きな画像をコピーアンドペーストしても問題ありません。



設定画面左の「Folder」ボタンを左クリックします。フォルダを指定する場合は「Add」ボタンを左クリックします。初期状態では何も設定されていません。



ここでは、例として Windows に付属する壁紙フォルダを指定してみます。



以上でフォルダの指定は完了しました。次は、壁紙を切り替える時間を指定します。Interval に数字を入力して、「minute(分)」「hour(時)」「day(日)」「day at 00:00」から選択します。右の画像で1分経過すると、C:\Windows\Web\Wallpaper 内の別の壁紙に切り替わる設定です。



マルチモニタの場合は、複数のモニタに同じ壁紙を表示するか、それぞれ異なる壁紙を表示するか指定できます。指定したフォルダのサブフォルダがある場合、「Search sub-folders for pictures」のチェックを入れると、サブフォルダの画像も利用できます。完了したら「OK」ボタンを左クリックします。



指定した時間が経過すると、壁紙が変更されます。もし、右の説明が表示された場合は、設定したフォルダに画像が存在しません。もう一度フォルダの選択を実行します。 設定では、「Add」ボタンで複数のフォルダを指定可能。間違ったフォルダを削除するには、そのフォルダにチェックを入れ、「Delete」ボタンを左クリックします。



正直な所、管理人は機能が豊富過ぎて遊びきれませんでした。 例えば、右の設定は「Yahoo!」を選択して、画像検索ワードに「Sherlock Holmes(シャーロックホームズ)」を指定しました。 すると、指定した時間で検索ワードにヒットした画像を自動でダウンロードして、壁紙を切り替えます。 ファイヤーウォールが稼働していれば、通信が発生しているのが分かると思います。セキュリティ的にはどうなのだろうか?



Windows の画面のプロパティを参照すると、「ActiveBackground」になっています。元に戻す場合は、右下の常駐アイコンをクリックして、さらに「Exit」をクリックし、画面のプロパティで「ActiveBackground」以外の背景を指定します。わざわざ画面のプロパティを表示するのが面倒で、背景画像がすぐに飽きてしまうユーザーには重宝しそうなアプリケーションです。指定フォルダ以外に、ネット上から画像を引っ張ってくるので、飽きる事は無いでしょう。 次はインストール方法へと進みます。






戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項