MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7:ダウンロードしたテーマのバックアップ方法


Windows7(ウインドウズ セブン) から、テーマを簡単にダウンロードして適用する事が可能になりました。テーマは、複数の背景画像、ウインドウの色、サウンド、スクリーンセーバーなどの情報をひとまとめにしたもので、任意の背景画像からテーマを作成する事もできますが、公式サイトで公開されたテーマをダウンロードするのが手っ取り早いでしょう。このテーマが保管されている場所は以下。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Themes


ユーザー名には、Windows にログオンするユーザー名が入ります。保管場所は、Windows インストール初期状態では、エクスプローラーからフォルダーをダブルクリックしてたどり着けない場所にあります。簡単な方法は、エクスプローラーを開き、上のアドレスのユーザー名の部分を変更して、コピペしてアクセスする方法でしょう。



ダウンロードしたテーマ毎にフォルダーが作成されており、各テーマのフォルダー内には、背景に使う画像ファイル群とテーマファイルが存在します。つまり、バックアップしたいテーマを個別にCドライブ以外のドライブ、メディア、USBメモリーなどに保管して、Windows の再インストールが終わったら、再び元に戻せば良いでしょう。



右は、再インストール後に、バックアップしたテーマを移動しているスクリーンショットです。Windows インストール初期状態で作成されているテーマに関しては、バックアップする必要はありません(再インストールすれば、再び元に戻ります)。



バックアップしたデータから、テーマ「フェラーリ」を復活させたのが右のスクリーンショットです。Windows に初めから付属された壁紙は、以下のアドレスに保管されていますが、これも再インストールの時に復活するので、バックアップする必要はありません。

C:\Windows\Web\Wallpaper

なお、Windows 転送ツールでは、初期状態でテーマの情報はエクスポートされます。転送ツールを使わない再インストールを実行する場合は、個別にバックアップする必要があります。それか、現在も公開されているテーマであるならば、再インストール後に再びダウンロードして適用するだけです。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項