MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

タスクバーの移動/幅の変更/自動的に隠す設定方法


タスクバーは Windows 95 から登場した現在進行中のタスク(作業)が一目瞭然となり、タスクを切り換えるのに便利なバーです。 このページでは、タスクバーのポジションを変更する方法、タスクバーの幅を調節する方法、タスクバーを自動的に隠す方法を掲載します。



タスクバーを上下左右に移動する方法

タスクバーの位置を移動した場合どうなるのかは、下のスクリーンショットを参照して下さい。


下(通常)


移動する方法は、まずはタスクバーを右クリックして、「タスクバーを固定する(L)」のチェックを外します。右のスクリーンショットは、「タスクバーを固定する(L)」がチェックされた状態であり、タスクバーは固定されている状態です。チェックを外すには、左クリックです。



再びチェックを入れるには、「タスクバーを固定する(L)」を左クリックします。タスクバーを固定する理由としては、作業中に誤ってタスクバーの幅や位置を移動させないためです。移動してしまう、または、幅が変更されてしまっても、また元に戻せば良いだけですが、余計な作業が増やすのを防ぎます。



タスクバーにポインター移動して、マウスの左ボタンを押します。 この時、ボタンは押しっぱなしで、タスクバーを移動したい場所まで引きずり、ボタンを放します(ドラッグアンドドロップ)。 右のスクリーンショットは、タスクバーを下段から右に移動しています。



ガジェットを格納するサイドバー( Windows Vista のみ )を右に表示させている状態でも、タスクバーを右に移動すると上手くよけてくれます。同じように、デスクトップにあるアイコンもタスクバーと交わる事はありません(タスクバーから発展する画面は他のアイコンと交わります)。



タスクバーの幅を変更する方法

タスクが多く表示されると、タスク 1 つあたりの幅が狭くなりますが、タスクバーの幅を増やす事でそれを解消できます。タスクバーの幅を変更する場合も、上で説明した方法で「タスクバーを固定する(L)」のチェックを外します。右は極端な例ですが、次に説明するタスクバーを自動的に隠す方法と併用する事で、作業内容によってはまんざらでもありません。



タスクバーの固定が解除されると、ポインターが変化します。タスクバーとデスクトップの境界線にポインターを移動すると、上に引っ張ったり、下に縮めたり可能です。アイコンが変化したら、マウスの左ボタンを押したまま、矢印の方向へ引きずります。意図する幅になったら、マウスの左ボタンを放します。インストール初期状態では1列となり、それ以下へ縮める事はできません。



タスクバーを自動的に隠す方法

タスクバーを自動的に隠すには、タスクバーの固定が解除されている必要はありません。タスクバーにポインターを移動して右クリック、さらに、「プロパティ(R)」を左クリックします。



「タスクバー」タブの「タスクバーを自動的に隠す(U)」にチェックを入れ(左クリック)、このプロパティを表示したまま機能を試したいのであれば「適用」ボタンを、プロパティを閉じて、しっかり動作を確認したい場合は「OK」ボタンを左クリックします。ちなみに、その上の「タスクバーを固定する(L)」とは、タスクバーにポインターを移動して右クリックで選択できる「タスクバーを固定する」とは異なります。タスクバーと[スタート]メニューのプロパティでは、タスクバー内の固定を意味して、例えばクイック起動バーとタスクの領域をドラッグアンドドロップで広げたり狭めたりするのを固定するか解除するかです。タスクバーにポインターを移動して右クリックして固定を解除しなければ、タスクバーの幅やポジションは変更できません。



タスクバーが消えた状態が右。正確には少しだけ残っています。タスクバーが表示される時は、タスクバーで何かの作業をする場合です。その作業とは、起動しているタスクを選択する事や、スタートボタンを押してプログラムや検索を実行する事を指します。つまり、これらタスクバーに関する作業をしていないと判断された場合、タスクバーは自動的に隠れます。

その判断は、デスクトップ領域を左クリックするか、アイコンやウインドウを左クリックして選択状態が移動した事で動作します。再びタスクバーを表示させるには、少しだけ表示されたタスクバーにポインターを移動します。すると、元の状態に戻ります。タスクバーを左クリックして、ポインターをデスクトップ領域に移動しただけでは隠れません。なぜならば、タスクバーが選択された状態であると判断されるからです。デスクトップを左クリックすると、再びタスクバーは隠れます。



Windows 7 のベータでも、タスクバーを隠す方法は同じです。タスクバーと[スタート]メニューのプロパティに、「画面上のタスクバーの場所」を選択できる項目があります。これは、ドラッグアンドドロップでタスクバーを移動するのと同じ動作となります。



タスクバーを自動的に隠すメリットは、タスクバーが必要無い時に、画面領域を最大限に利用できる事ですが、自動的に隠す設定をする事で、タスクバーの後ろもデスクトップ領域として利用できます。 例えば右は Microsoft Word を、デスクトップ領域のいっぱいの縦幅を確保した状態です。 また、右に表示されたサイドバーガジェットにも注目して下さい。



タスクバーを自動的に隠す設定にしていると、縦幅を最大に利用できます。 これにより、サイドバーに収まりきらなかったガジェットが表示できる可能性もあります(サイドバーは Windows7(ウインドウズ セブン) ではなくなります)。もっとも、ガジェットにより動的にサイズが変更されるものもあるので、一概には言えませんが。



タスクバーを自動的に隠す設定で、タスクバーを表示させた状態が右のスクリーンショットです。 Word やサイドバーガジェットの上にタスクバーが表示されます。固定していた場合は、タスクバーの領域は専用に確保されていました。 これらの動作を撮影したムービーを視聴するには以下。




考えられるトラブルは、自動でタスクバーが隠れた場合、画面に表示されるタスクバーの領域は、ほんのわずかです。 ここにポインターを当ててタスクバーを表示しようにも、もしディスプレイの表示がずれていた場合、全くタスクバーが表示されていない状況になりえます(最近の液晶ディスプレイは自動調整なのでありえないかも知れません)。 CRT を使っている場合は、ドット単位で画面の表示を上下左右に移動できると思いますが、その方法は管理人の環境では説明できません。



ただ、ずれていると、タスクバーが隠れた時に、最小表示されたバーが見えない事で、トラブルとなるのかも知れません。 キーボードの「ウインドウズ」キーを押せば、確実にタスクバーは表示されます。 また、タスクバーを右クリックして実行する「プロパティ」は、コントロールパネルの「タスクバーと[スタート]メニュー」をダブルクリックする事でも表示できます。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項