MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

6.Live.com で読み込んだ RSS の設定を変更する方法

 RSS(アールエスエス)って何? RSS と利用方法は? そんな疑問にお答えします。フィードとは RSS と一緒と考えて良いでしょう。


[ページ数: 6 / 6] 戻る 1 2 3 4 5 6

RSS データの「編集」を左クリックして、表示されたメニューから「オプション」を左クリックします。



RSS に画像が含まれているのであれば、「フィードに画像を利用する」にチェックを入れると、ランダムにサムネイル画像が表示されます。また、見出しの件数を増やす事もできます。



Live.com のトップページでは、RSS を発行しているサイトのタイトルとリンク、アーカイブのタイトルとリンク、サムネイル画像しか表示されませんが、最終のアーカイブの下に表示された「すべて表示」を左クリックすると、ブラウザの中央に展開された詳細情報が表示されます。



表示されるフィードの位置を変更するには、移動したいフィードデータを ドラッグアンドドロップ する事で可能です。これが、登場した時はとても新鮮でした。

同 Windows Live サービスであるブログスペース Windows Live Spasces(旧 MSN スペース)での管理画面では、早くからこの仕様が採用されていました。



登録した RSS の数が増えていくと、だんだん面倒になります。 さらに、トップページを読み込む時間も多くかかります。 自分のパソコンにインストールする Windows Internet Explorer 7 に付属する RSS リーダーとは異なり、フォルダによる管理ができません。

そこで便利なのがタブ機能です。Windows Internet Explorer7 でも搭載されいますが、タブを左クリックする事で複数のページを管理する事ができます。 Windows XP までの OS に搭載された画面のプロパティの様に、少ないスペースで多くの情報を切り替えて表示する事が可能です。

タブを追加する場合は「タブページの追加」を左クリックします。 もちろん、単純なタブでは無く、「タブページ」となっているので、タブごとにタイトルが付けられます。 Microsoft Office Excel のシートと同じですね。



新規のタブページを作成したら、そのタブページに RSS を移動します。 RSS を登録したデータは、「コンテンツの追加」を左クリックして、さらに「自分のコンテンツリスト」を左クリックすると表示されます。 ここから表示したい RSS タイトルを選択して、ドロップアンドドラッグでタブページに移動します。



上で実行した作業は、フィードを移動したというよりも、自分のコンテンツから新規作成したタブページに追加した事になります。

元のタブページ(トップページ)には、最初に登録したフィードが表示されたままで、このままだと2重にフィードが表示される事になります。 移動を完了したい場合は、トップページに戻り(タブを左クリック)、フィードの「編集」の隣にある「×」を左クリックします。

Windows Live サービスは、単なる RSS リーダーとして利用するだけでは贅沢かも知れません。 それほど強力な機能を搭載しています。しかし、ここでは RSS を利用する方法だけを取り上げてみました。 興味のある方は以下を参照して下さい。

Windows Live サービス

Live.com の RSS の扱い方は、アーカイブを保持する事ができないので、Windows Internet Explorer7 の RSS リーダーとは異なります。 しかし、アクセスしたその時の最新のアーカイブを得る事は可能です。



Windows Live+ アイコンの使い方

Windows LiveにMB-SupportのRSSを追加する

RSS の登録作業は、Windows Live Search を利用する事で、かなり便利になったものの、閲覧しているページを一発で Live.com に登録する事はできません。 例外としては、Windows Live+ のアイコンがホームページに埋め込まれている場合です。 これを左クリックすると、簡単に Live.com に登録する事ができます。

Windows LiveにRSSを登録するボタン addtolive.gif



Windows Live Toolbar

Windows Live を使いやすくする Windows Live Toolbar™

Live.com 、Windows Live Hotmail(旧 MSN Hotmail)、Windows Live Messenger(チャット、ファイル共有ツール)、Windows Live Spaces(ブログスペース)、Windows Live Favorites(お気に入りの管理)、Windows Live Safety Center Beta(セキュリティ対策とウイルス検出/駆除ツール)などなど、これらのサービスを利用するのに便利なツールバーです。 Windows Internet Explorer 6 以降に対応して、このツールバーをインストールする事で、ホームページを参照している時に、検出した RSS アドレスを Live.com に登録する事ができます。

Windows Live を使いやすくする Windows Live Toolbar™


Windows Live サービスは、Windows Vista(ウインドウズビスタ)上でも強力なツールとなります。 マイクロソフトが販売する予定のキーボードにも、Windows Live ボタンなるものが搭載される予定とあります。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 6 / 6] 戻る 1 2 3 4 5 6

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項