MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

5.Windows Live サービスを利用して RSS リーダーを使う方法

 RSS(アールエスエス)って何?RSS と利用方法は? そんな疑問にお答えします。フィードとは RSS と一緒と考えて良いでしょう。


[ページ数: 5 / 6] 戻る 1 2 3 4 5 6 次へ

Windows Internet Explorer 7 は自分のパソコンにインストールするもので、付属する RSS リーダーもこれに同じです。 登録した RSS アドレスや、アーカイブの上限まで保管したアーカイブデータも自分のパソコン内に存在します。

これらの情報を個別にエクスポート(保管)して、他のパソコンにインポート(エクスポートしたデータを読み込む)する事で、同じ環境を構築する事はできます。 しかし、デスクトップパソコンと携帯するノートパソコンで、全く同じ環境を常に保つのは至難の業。 そんな時は、それらのデータを自分のところに置かず、外部に保管してパスワード認証で自分だけのデータを抽出できれば、どこからでも常に同じ環境で RSS を確認できます。 それを可能にするのが、Windows Live サービスの Live.com です。

Windows Live は、サービスが増える一方で、RSS リーダーに限らずどんどん便利になっています。 しかし、その反面、初心者のユーザーにとっては手を出し難い存在になっているかも知れません。 簡単に考えれば、既存の MSN サービスが Windows Live サービスに置き換わり、より進化したと考えれば良いのではないでしょうか。



Windows Live サービスを利用するには?

どこからでも自分の登録したデータにアクセスできるという事は、それだけセキュリティにも気を使う必要があります。 それを担うのが Windows Live ID と呼ばれるサービスです。

登録は無料で Hotmail を登録すると自動で Windows Live ID も付与されます。 つまり、すでに無料有料を問わず、Hotmail を利用しているユーザーは、Windows Live ID に登録しています(でないと、メールを送受信する事ができません)。

Windows Live ID を含めた Windows Live サービスの登録方法は、マイクロソフトのホームページに、初心者に分かりやすく掲載されています。

Windows Live サービスのはじめ方



Live.com にアクセスする

上のマイクロソフトのページを参照して Windows Live ID を取得したら、まずは Live.com にアクセスします。 デフォルトの Live.com でも動作しますが、サインイン(ユーザー名とパスワードによる認証)しない限りデータを保持する事ができません。

Live.com にアクセスしたら Windows Live ID を使いサインインしましょう。 このサインイン方法も、他のサービスと比べて面倒くさくありません。 Windows XP のログイン画面に似ていて、自分のアイコンを左クリックする事でサインインできます(パスワードの保持は設定可能です)。



サインインしたページは、ブラウザで表示可能で、しかも外部のネットワークにアクセスしています。 つまり、ホームページと同じで、サインインした人だけのページとなります。 ユーザー名とパスワードで守られているので、自分だけが利用する専用のページになります。 間違ってもパスワードを教えて、このページを公開する様な事があってはなりません。

また、1 つのパソコンで複数の Windows Live ID を利用できます。 つまり、自分専用の Live.com の数は、Windows Live ID の数で決まります。家族で利用する場合も、サインインが便利になっています。



Live.com に RSS を登録する方法

サインインした Live.com の上部、「コンテンツの追加」を左クリックして、さらに「詳細設定」を左クリックします。

RSS を登録する場合は、「フィードを検索」を実行してホームページを探してからでも、「URL を入力して特定のフィードを取得」でも構いません。 まずは「フィードを検索」を実行してみます。試しに「MB-Support」と入力して検索してみましょう。



検索結果が表示されますが、Live.com にサインインしている状態だと、右上の「サインアウト」表示で判断できますね。 ここで目当ての RSS アドレスの右に表示された「live.com に追加」を左クリックします。



「この フィード を Live.com に追加しますか?」と表示されるので、「追加」を左クリックします。



すると・・・Live.comに移動して、ページの左上に登録したRSSが読み込まれます。



なお、「URL を入力して特定のフィードを取得」を選択した場合、一発で登録が完了します。

「URL を入力して特定のフィードを取得」する方法がもともとのやり方でした。 一般的にはホームページの RSS アイコンを左クリックして、呪文のような文章が表示され、そのアドレスをコピペして RSS リーダーに登録していました。

しかし、ブラウザが RSS リンクを取得してアイコンで知らせてくれる様になり、確実にこのやり方は減っていくのかも知れません。 初心者にとって、意味不明なXMLを表示させるよりも、スタイルシートを適用した表示の方が簡単に RSS を扱えます。

関連情報:Windows Live に関する日記

次は Live.com で読み込んだ RSS の設定を変更する方法 を説明します。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 5 / 6] 戻る 1 2 3 4 5 6 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項