MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

1.RSS の使い方

 RSS(アールエスエス)って何? RSS と利用方法は?そんな疑問にお答えします。フィードとは RSS と一緒と考えて良いでしょう。


[ページ数: 1 / 6] 1 2 3 4 5 6 次へ

このページのタイトルは、正しい文法なのか不明です。 ワトソンのパソコン教室では、Windows の基本操作を習得する一環として、ホームページを閲覧するブラウザの使い方を掲載してきました。 そして今回は「RSS」の出番です。 新しいブラウザが登場間近となった今、呪文のような表示が取り払われた事により、いきなり RSS が普及する可能性があります。 これを取り上げない訳にはいきません。



RSS とは? 一体何をするものなのか?

ブログなどで「RSS」または「XML」と書かれたアイコンを良く見かけますね。 RSS は RDF Site Summary の略で、アールエスエスと読みます。 これの使い方はいろいろあるのですが、主に利用されているのがホームページの更新情報を特定の数だけ配信する、もしくは、受信する環境です。



RSS を利用する事でどんなメリットがあるのか?

閲覧者の立場から考えると、更新されたかどうか分からないホームページに毎日通うのも大変です。 それは、1 日に閲覧するホームページ数が平均的に増えている事でもありますが、BLOG(ブログ)と呼ばれる日記とも掲示板ともとれるホームページ制作スタイルが主流になった事も影響しています。 また、更新されたとしても、ホームページの何処に更新情報があるのか探すのが大変ですし、更新された内容によっては、自分にとって興味の無い情報かも知れません。そんな確認作業のわずわらしさを解消するのが RSS です。



RSS を利用するにはどうすれば良いのか?

まず、ホームページが RSS を発行している必要があります。ブログと名の付くサイトはほぼ発行しています。 これは、ブログのシステムに組み込まれている機能だからです。 個人のサイトでも気合いで発行している場合もあります。 おそらく、何らかしらのデータベースを利用して、そのデータベースに更新情報が入力されたら自動で RSS が書き変わる仕組みを利用しています。

そのホームページが RSS を発行しているか確認するには、いろいろな方法がありますが、手っ取り早いのはトップページにアクセスして「RSS」「RDF」「XML」と書かれたアイコンを探す事です。 次にクライアントサイドで必要な物を取り上げますが、今ではこの作業を必要とせず、RSS を探す事ができる様に進化しています。



RSS を得たいクライアントが必要な物です。 RSS はファイルです。RSS が置かれたサイトにいちいち手動でアクセスしていたのでは大変ですね。 また、このファイルは単独で開いても特殊な表示形式で開かれます。

もし、呪文のような文章が表示されたなら、それはホームページを閲覧するブラウザがデフォルトで指定したスタイルシートと合体させて表示しています。 最近では、RSS にアクセスしてもホームページに似た形式で表示されます。 この場合は問題無く読む事ができます。しかし、先に書いたアクセスのわずわらしさから解放されるわけではありません。 RSS を簡単に利用するには、RSS を読むための RSS リーダーが必要になります。





戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 1 / 6] 1 2 3 4 5 6 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項