MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

「自動再生」について


USB ケーブルで デジタルカメラicon と接続して、なおかつデジカメの電源を入れると、Windows がデジタルカメラを認識します。右は Windows7(ウインドウズ セブン) 、Vista の「自動再生」の画面で、これは DVD-ROM などのメディアを挿入しても同じく起動しますが、表示される内容が異なります。デジタルカメラを認識した場合は、写真を扱う事ができるアプリケーションのいくつかが表示されます。

もちろん、コンピューターにインストールされたアプリケーションにより異なるので、ここに表示されるアプリケーションは全てのユーザーが同じではありません。Windows Vista には、Windows フォトギャラリーが付属されているので、このアプリケーションを利用して写真と取り込む場合は、「画像の読み取り - Windows 使用」を左クリックします。Windows Live フォトギャラリーをダウンロードしてインストールされていれば、「画像とビデオの読み込み - Windows Live フォトギャラリー使用」を選択する事になります。

Windows フォトギャラリーが付属されているためか、Windows の基本操作は Windows フォトギャラリーとなるのかも知れません。しかし、それよりも基本となるのが、全般オプションの「フォルダを開いてファイルを表示 - エクスプローラ使用」となります。また、デジカメの電源を入れても、この画面が表示されない場合は、正しく接続されていない可能性があります。デジタルカメラを接続しなおし、それでも駄目な場合は、パソコンに接続した USB ケーブルを挿し直します。

「自動再生」は、次回から同じ種類の作業に対しては自動で選択したアプリケーションが起動できる設定が可能です。ゆえに、この表示を出す事なくアプリケーションが起動する事もできます。今回は「フォルダを開いてファイルの表示 - エクスプローラ使用」を選択したいので、もう一度「自動再生」を表示する設定に戻してみましょう。



機器を接続、または、メディアを挿入した時に「自動再生」画面を表示するには、コントロールパネルを開きます。



コントロールパネルが開いたら、左メニューの「クラシック表示」を左クリックして、「規定のプログラム」アイコンをダブルクリックします。



「自動再生の設定の変更(C)」を左クリックします。



デジタルカメラからの取り込みで関係するのは、「ピクチャ」「ビデオファイル(デジカメでムービーが撮影できる場合が多いため)」の2つです。「自動再生」画面が表示されない場合は、ここで何かしらのアプリケーションが設定されています。再び接続する度に「自動再生」画面を表示して作業を選択したい場合は、「毎回動作を確認する」を選択して、「保存(S)」ボタンを左クリックします。また、元に戻したい場合は、この画面でアプリケーションを関連づければ良いでしょう。




「自動再生」画面で「フォルダを開いてファイルの表示 – エクスプローラ使用」を左クリックすると、エクスプローラが開きます。右は、管理人のデジカメでこれを実行した時に表示されたエクスプローラです。この表示はデジカメにより異なりますが、とりあえず撮影した写真が見あたりません。そこでフォルダをダブルクリックしてみます。



どうやら写真が保管されたフォルダの様です。さらにこのフォルダをダブルクリックします。



ようやく、デジタルカメラに保管された写真にたどり着きました。もちろん、この段階ではコンピューターに移動していません。これはデジタルカメラに内蔵されたメモリや、デジタルカメラに接続したフラッシュメモリに USB ケーブルを使って直接アクセスしている状態です。



つまり、USB ケーブルで接続されたデジタルカメラは、エクスプローラで見れば ハードディスクドライブ みたいな記憶装置として認識されます。「自動再生」画面を経由せず、直接デジタルカメラのメモリにアクセスするには、キーボードの「Windows」キーと「E」キーを同時に押します。エクスプローラが表示された状態が右です。ハードディスクドライブは別に分けられているので間違いませんが、リムーバブル記憶領域にあるデバイスに属するデジカメ内のメモリがどれなのか判断するのは難しいかも知れません。

この状態は、デジカメからフラッシュメモリを抜いて、カードリーダーで認識させた場合と同じです。光学式ドライブはアイコンが異なるので判断できます。残るは、「ASAP(F:)」「リムーバブルディスク(G:)」「リムーバブルディスク(I:)」のどれかです。「ASAP(F:)」は管理人の利用している マザーボード に搭載されたメモリなので、それ以外の2つに絞られます。括弧内のGとかIは、ドライブ文字と呼ばれるもので、コンピューターに接続された機器により異なります。右のスクリーンショットは管理人の環境であり、全てのユーザーが同じドライブ文字があてがわれているとは限りません。この場合、「リムーバブルディスク(G:)」「リムーバブルディスク(I:)」を順番にダブルクリックするしかありません。



「リムーバブルディスク(G:)」をダブルクリックした結果、「リムーバブルディスク(G:)にディスクを挿入して下さい。」と表示されました。つまり、このドライブでは無い事が分かります。「キャンセル」ボタンを押し、残りのリムーバブルディスクアイコンをダブルクリックします。



これで、「自動再生」画面で「フォルダを開いてファイルの表示 - エクスプローラ使用」を左クリックした状態と同じになりました。



「自動再生」に頼らなくても、デジタルカメラにエクスプローラから自力でアクセスした事になります。ただし、これは「自動再生」を無視しただけで、「自動認識」されている事には変わりません。これは Windows の機能であり、これより掘り下げる事は、申し訳ありませんが私のパソコン知識では無理です。コマンドプロンプトからディレクトリを探し出し、操作する事も可能ですが、そこまでやらなくても良いでしょう。



このエクスプローラを開いた状態は、Windows Live フォトギャラリーの写真の取り込みウィザードと比較すると、この画面に似ています。エクスプローラで開いた状態は、取り込みウィザードと異なるので、すべての作業を自分でやるしかありません。しかし、場合によっては自由に操作できるメリットもあります。





戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項