MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

デジタルカメラからコンピューターに写真を取り込む方法


Windows Vista に付属する Windows フォト ギャラリーや、 Windows7(ウインドウズ セブン) 、Vista Vista 、 Windows XP (おそらくそれ以降に登場する Windows も)でも無料で利用できる Windows Live フォトギャラリーは、 デジタルカメラicon で撮影した写真や、パソコンで作成したスクリーンショットを管理、閲覧、編集(編集は簡易的なもので、専用アプリケーションの方がもちろん優れている)するのに優れています。



デジタルカメラで撮影した写真の取り込みも、ウィザード形式でボタンを押していけば管理するのが容易で、この基本操作を MB-Support で掲載しました。しかし、基本操作と言っても、あくまでも Windows Live フォトギャラリーの基本的な操作であり、アプリケーション(ここでは Windows Live フォトギャラリー)が変わってしまうと戸惑いがちです。アプリケーションが変わっても、やり方を覚えて人間が対応する事は可能ですが、そのやり方を探すには、もっと基本的な事を知っておく必要があるかも知れません。

そこで、今回はデジタルカメラからの写真の取り込み、ファイルの移動、ファイル名の変更、撮影日付の変更方法など、最も基本的な方法で作業してみたいと思います。もちろん、専用のアプリケーションは、これらの作業を簡単に実行できる様に制作されていますが、時にはその自動処理が邪魔になるかも知れません。その場合でも、基本的な方法を知っていれば、その場に応じて適切な処理を選択できるかも知れません。また、新しいアプリケーションを利用する時に、「あのやり方はどうやってやるのか」の「あのやり方」は基本的な操作を示し、そのやり方を知っている事で初めて操作方法を探求する事ができます(場合によっては「あのやり方」とは、異なるアプリケーションのやり方を示しているかも知れませんが)。



まず、デジタルカメラから写真をコンピューターに取り込むには、デジタルカメラに付属する USB ケーブルをコンピューター接続します。さらにデジタルカメラにそのケーブルを接続します。USB ケーブルなので付属するケーブル以外でも可能ではありますが、デジタルカメラ側の USB 端子の形状が異なるので、新規に購入する場合は形状を確認する必要があります。



USB 接続の機器は、コンピューターが起動している状態で抜き差しができ、自動で認識してくれます。今となっては当然ですが、この接続方法が登場するまでは、コンピューターに機器を接続する度に電源を切る必要がありました。自動認識してくれるのは、コンピューターの記憶装置にインストールされた OS Windows のおかげなので、ここでは Windows がインストールされたコンピューターを前提とします。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項