MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

IP アドレスの設定 Windows 7

 Windows 7 で、ファイル共有、または、インターネットに接続するために IP アドレスを設定する方法


Windows 7 は、Windows Vista の後継 OS なので、設定の流れはほとんど Windows Vista と同じです。 Windows 7には「ホームグループ」と呼ばれる共有機能が追加されていますが、ここで紹介するプライベート IP アドレスの設定は、従来の LAN 内でのファイル共有やインターネットに接続する事を目的としているので、基本的な部分になります。

Windows 7 の「ホームグループ」は、現時点では Windows 7 だけが利用できるもので、これを設定しなくても、従来の LAN 内のファイル共有は可能です。 例えば、Windows 7 と Windows Vista 、あるいは、Windows XP とのファイル共有などは、従来の LAN 内のファイル共有機能を使います。 Windows 7 以外の OS からは、Windows 7 の「ワークグループ」に参加する事ができません。



1.「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。



2.「ネットワークとインターネット」をクリックします。



3.「ネットワークと共有センター」をクリックします。



4.ネットワークと共有センターが開きました。Windows Vista からは、ここで共有に関する設定と、ネットワークに接続されているか、または、インターネットに接続されているかを把握できます。 右のスクリーンショットでは、上部に3つのアイコンが表示されています。左が「このコンピューター」、真ん中が「ネットワーク」、右が「インターネット」になります。 例えば、インターネットに接続できない場合は、「ネットワーク」と「インターネット」の間に「×」が表示されます。 この場合でも、「このコンピューター」と「ネットワーク」の間に「×」が無ければ、このコンピューターはローカルネットワークに接続されている事が分かります。 もちろん、このコンピューターがルーターと通信できるだけで、他のパソコンとワークグループで接続できるか否かは別問題です。 接続:の右に表示された「ローカルエリア接続 1」をクリックします。ちなみに、この名称は環境により異なります。接続:に何も表示されていない場合は、「アダプターの設定の変更」をクリックします。 この説明は、このページの下の方に掲載しています。



5.「プロパティ(P)」ボタンをクリックします。プロパティを表示するには、管理者権限が必要になります。



6.「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」の左にチェックを入れ、「プロパティ(R)」ボタンをクリックします。 「TCP/IP」が表示されていない場合、 こちら を参照して下さい。



7.「インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ」が開いたら、「次の IP アドレスを使う(S)」の左にチェックを入れ、IP アドレスに「192.168.1.2」、サブネットマスクに「255.255.255.0」 ディフォルトゲートウェイに「192.168.1.1」を入力します。

さらに「DNS サーバーのアドレスを使う(E)」にチェックを入れ優先 DNS サーバーに「192.168.1.1」を入力して下さい。(ルータで WAN の DNS を自動取得にしているので、ここではルータIPを入力します。) また、ここで入力する IP アドレスは、ルータの IP アドレスを参考にして下さい。 例えば、ルータの IP アドレスが「192.168.0.1」だったら、パソコン側の IP アドレスには「192.168.0.2」「192.168.0.3」「192.168.0.4」などを入力します。


例1 例2 例3

上の図は、3 台のパソコンを一つのルーターに接続してネットワークを組む設定例です。 ワイヤレスではなく有線接続( ルーターと LAN ケーブルで各パソコンに接続する )の場合です。 ルーターには WAN(ワールド エリア ネットワーク)とLAN(ローカル エリア ネットワーク)のエリアが存在して、WAN にはモデムを接続します。 一般的な固定 IP アドレスでない場合を説明しますが、この方式はプロバイダーからグローバル IP アドレスを借り入れます。 その処理を自動化するために、WAN の DHCP を有効にします。これで自動取得が可能になります。

パソコンを接続するのは LAN です。LAN に接続されたパソコンはプライベート IP アドレスを使用します。 グローバル IP アドレスは世界に一つしかないユニークなアドレスです。これは一般的にはプロバイダーから借り入れます。 一方、LAN で使用するプライベート IP アドレスは、ローカル内だけでしか通用しないアドレスです。 グローバル IP アドレスとプライベート IP アドレスを組み合わせて、LAN に接続された各パソコンを識別し、すべてのパソコンがインターネットに接続できます。 その面倒な処理はルーターが担います。ユーザーが特に気にかける必要はありません。



ルーターは、初期状態で LAN のプライベート IP アドレスを各パソコンに自動で割り振ります( DHCP 有効 )。 Windows もインストール初期状態では、自動でルーターからのプライベート IP アドレスを取得します。 これにより、LAN やインターネットの接続が自動化され、簡単に設定できるのですが、パソコンを起動する度にプライベート IP アドレスが変更され、ネットワークのトラブルに遭遇しやすくなります。 そこで、ルーターの LAN の DHCP を無効にして、各パソコンに手動でアドレスを割り当てる方法が上の図です。

ルーターのプライベート IP アドレスとサブネットマスクは、メーカーや型番により異なるので、ルーターの説明書を参照してください。 例えば、プライベート IP アドレスが 192.168.1.1 、サブネットマスクが 255.255.255.0 ならば、ルーターに接続した全てのパソコンのサブネットマスクを 225.255.255.0 として、デフォルトゲートウェイと優先 DNS サーバーを 192.168.1.1 とすれば良いでしょう。 肝心な IP アドレスは、ローカル内で重複してはなりません。192.168.1.0 から 192.168.1.255 までの 256 通りのアドレスを使えますが、192.168.1.0 と 192.168.1.255 は指定できません。 また、ルーターもパソコンと同じ端末なので、192.168.1.1 はすでに使われています。 つまり、253 通りの数字から、各パソコンに重複しないアドレスを指定します。 例えば、4 台のパソコンを接続するならば、パソコン A を 192.168.1.2 、パソコン B を 192.168.1.3 、パソコン C を 192.168.1.4 、パソコン D を 192.168.1.5 とします。

もし、ルーターのプライベート IP アドレスが 192.168.0.1 ならば、各パソコンのサブネットマスクに 255.255.225.0 を指定して、デフォルトゲートウェイと優先 DNS サーバーに 192.168.0.1 を指定します。 肝心の IP アドレスは、パソコン A を 192.168.0.2 、パソコン B を 192.168.0.3 、パソコン C を 192.168.0.4 、パソコン D を 192.168.0.5 とします。 パソコン A を 192.168.0.10 、パソコン B を 192.168.0.20 、パソコン C を 192.168.0.30 、パソコン D を 192.168.0.40 としても構いません。



8.「OK」をクリックして「インターネットプロトコル(TCP/IP)プロパティ」を閉じます。さらに「OK」をクリックして「ローカルエリア接続状態のプロパティ」も閉じます。



接続先が存在しない場合

4.の「ネットワークと共有センター」で「接続」が存在せず、「ローカルエリア接続」をクリックできない場合は、「アダプターの設定の変更」をクリックします。



無効になっている「ローカル エリアの接続」を右クリックして、表示されたコンテキストメニューの「有効にする(A)」をクリックします。 再び「ネットワークと共有センター」で設定を確認しましょう。



マザーボードに LAN コネクターが二つ搭載されたパソコンもあります。 片方しか使っていない場合は、任意で使っていない接続を無効にしても良いでしょう。 無効にする方法は、接続を右クリックして表示されたコンテキストメニューの「無効にする(B)」をクリックします。



無効と有効は、デバイスマネージャの「ネットワーク アダプタ」と連動します。 デバイス マネージャでも有効と無効を切り換えられます。



プロトコル「TCP/IP」を追加する

おそらく、この作業を必要とする事はないと思いますが、異なるトラブルで必要になるかも知れないので掲載します。 もし、接続のプロパティで必要な項目が見つからない場合、インストールする事ができます。 「インストール(N)」ボタンをクリックします。



管理人の環境では、「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を削除できなかったので試していませんが、もし存在しないのであれば、「プロトコル」を選択して「追加(A)」ボタンをクリックします。 次の画面でそれらしき表示があると思われます。



例えば、ローカルエリアでの共有は、「Microsoft ネットワーク用クライアント」「Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンター共有」が必須となります。 前者は、ネットワーク機能の種類の選択で「クライアント」を選び、後者は「サービス」を選び、「追加(A)」ボタンをクリックします。 「QoS パケット スケジューラ」を削除した場合も「サービス」を選び、「追加(A)」ボタンをクリックします。

QoS パケット スケジューラのインストール

Virtual PC をインストールすると、「Virtual PC ネットワーク フィルター ドライバー」が追加されますが、これを削除した場合は Virtual PC でホスト OS が使用するネットワークカードを利用できません。 追加するには、「サービス」を選び、「追加(A)」ボタンをクリックします。 地デジ録画配信サーバーに対応した機器をインストールすると、「DigiOn DTCP-IP Driver」がインストールされますが、これを削除した場合は録画した番組を対応する他のパソコンや機器に配信する事ができなくなります。 追加するには「サービス」を選び、「追加(A)」ボタンをクリックします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項