MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 のホームグループを使う 後編

 Windows 7 から搭載された「ホームグループ」は、LAN に接続されたパソコン同士で簡単にファイルやフォルダーを共有できる機能です。この機能は Windows 7 でしか利用できず、エクスプローラーに新に搭載されたライブラリ機能と連動しています。



前編 の続きです。このページではホームグループで出来る事の説明の最後として、「Windows Media Player 12 とホームグループ動作」と、ホームグループに依存しないファイル共有による音楽ファイルやビデオファイルを Windows Media Player 12 で利用する方法を掲載しています。 このページの下の方では、肝心なホームグループの作成と参加方法を掲載しています。 簡単に共有を実行できるワークグループですが、ネットワークに関する内容なので、先に出来る事を理解してから実行するのが無難です。 特に規定で共有されるフォルダーやファイルに関しては、先に把握するべきでしょう。



Windows Media Player12とホームグループ

例えば、右のスクリーンショットは「ホームグループ」び「ミュージック」を参照しています。 公開したはずの無い音楽データがある?と思われたなら、その仕組みを紹介します。



「ホームグループ」では、ライブラリ「ミュージック」が公開されていますが(公開、非公開は制御可能)、ライブラリ「ミュージック」は Windows Media Player 12 に登録したライブラリと同じです。 例えば、CD から音楽を Windows Media Player 12 で取り込んだ場合、規定では「マイミュージック」に保管されるので、「ホームグループ」の規定で共有されます。 また、C ドライブに保管すると再インストールする時に面倒なので、他のドライブに保管していたとしましょう。 その場合、Windows Media Player 12 で一覧表示するために、ライブラリにそのフォルダーを登録します。 結局、ライブラリ「ミュージック」が共有されているので、そのパソコンで利用しているほとんどの音楽ファイル、ビデオファイルは共有される事になります。



ホームグループで「ビデオ」や「ミュージック」を共有すれば、Windows Media Player 12 の「その他のライブラリ」で、他のパソコンに保管された音楽やビデオを視聴できます(地デジを録画した番組は省く)。 もちろん、「ホームグループ」のライブラリ「ミュージック」でファイルを探す事もできますが、音楽やビデオは Windows Media Player 12 を利用した方が便利かと思われます。



音楽を再生中に「タスクマネージャー」の「ネットワーク」タブをクリックすると、ローカルファイルではなく、ネットワークに接続されたパソコンから配信されているのを確認できます。



ネットワーク上のメディアをコントロールするには、「ネットワークと共有センター」の「共有の詳細設定」をクリックして、「メディア ストリーミング オプションの選択」をクリックします。



ここに「ワークグループ」に参加するパソコンが表示されるので、強化と禁止を指定できます。 より詳細に公開する内容を指定する場合は「カスタマイズ」をクリックします。



「規定の設定を使用する(D)」をクリックしてチェックを外せば、星の数で評価を指定、項目毎に指定できますが、ここからの制御は、これが精一杯の様です。 もし、特定のアルバムやビデオファイル単位で共有の有効と無効を制御するのであれば、先に写真フォルダーで指定した様に、フォルダーやファイル毎に「共有なし」を選択する事で可能です。面倒にはなりますが、ライブラリに登録して共有の設定はファイル単位でも可能です。



「プレーヤーをリモート制御で許可」にチェックを入れると、他のパソコンからこのパソコンの Windows Media Player 12 を操作できます。



「このネットワーク上でリモート制御を許可する(A)」をクリックします。



音楽を相手のプレーヤーを利用して再生している状況が右のスクリーンショットです。 リモート再生のウインドウがこのパソコンで、Windows Media Player 12 が相手のパソコンです。 これのメリットは正直な話、管理人には不明です。 今回は検証できなかった「ホームメディアへのインターネットアクセスを許可」を利用すると、そのメリットもあるのでしょうか?



「ワークグループ」の共有とWindows Media Player 12

「ホームグループ」を使わなくても、「ワークグループ」で同じ事は可能です。 例えば、D ドライブに保管されたフォルダーを、「ワークグループ」による共有に設定します。 「ワークグループ」で接続された LAN 内の他のパソコンで Windows Media Player(バージョン問わず)を起動して、キーボードの「Alt」キー →「ファイル(F)」→「ライブラリの管理(M)」→「音楽(M)」をクリックします。



「追加(A)」ボタンをクリックします。



ネットワーク上のコンピューターを指定して、共有されたフォルダーを追加します。 今回は「Music」フォルダーを共有設定しているので、これを指定します。



Windows Media Player 12 のライブラリにネットワーク上の「Music」フォルダーが登録されました。



ファイルが保管されたパソコンが稼働中であれば、Windows Media Player で共有されたファイルも一覧表示され、再生可能です。



「ホームグループ」の作成方法

まずは、「ホームグループ」を作成します。Windows 7 パソコンを起動して、ネットワークと共有センターを開きます。



「ホームグループ」は「ホームネットワーク」に設定する必要があります。 「社内ネットワーク」や「パブリック」に設定してある場合は、そのネットワークをクリックして、さらに「ホームネットワーク」をクリックします。エクスプローラーで「ホームグループ」が表示されない問題はここにあります。



「ネットワークと共有センター」の「ホームグループと共有に関するオプションを選択する」をクリックします。 または、「エクスプローラー」の「ホームグループ」をクリックします(ネットワークと共有センターで「ホームネットワーク)に変更すると表示される)。



ホームグループで共有する項目を選択します。これ以外にも任意でフォルダーを共有できますが、まずは、「ピクチャ」「ミュージック」「プリンター」「ビデオ」が無難です。「ドキュメント」「ピクチャ」「ミュージック」「ビデオ」はライブラリの内容を共有する事になります。 よって、「ドキュメント」を公開してしまうと、ほとんどのプライバシーを公開する事になります(後からフォルダー毎に無効にしても良い)。また、この設定はいつでも変更できます(「ドキュメント」自体を後から無効にできます)。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



「ホームグループ」が構築されます。



「ホームグループ」に参加するためのパスワードが表示されます。このパスワードを紙に書き留めます。 覚えるのが面倒であるならば、覚えやすいパスワードに変更する事もできます。 ホームグループはアカウントを意識しなくても良い簡単なネットワーク構築法なので、このパスワードが重要になります。 「完了(F)」をクリックします。



「ホームグループ」を構築しましたが、現在参加しているパソコンが一台だけなので、何も変化はありません。 ここで、パスワードを参照する事もできます。他のパソコンで「ホームグループ」に参加されるまで、このパソコンの電源は切らない様にしましょう。 そうしないと、この「ホームグループ」が認識されず、他のパソコンで参加する事ができません。



パスワードの変更方法

作成した「ホームグループ」の詳細を変更するには、「ネットワークと共有センター」の「ホームグループと共有に関するオプションを選択する」をクリックします。今回は覚え難いパスワードを変更してみます。「パスワードの変更」をクリックします。



「パスワードを変更します」をクリックします。



現在のパスワードが表示されるので、キーボードを使って新しいパスワードに書き換えます。 「次へ(N)」ボタンをクリックします。



「完了(F)」ボタンをクリックします。



「ホームグループ」に参加する方法

LAN に接続された Windows 7 パソコンで、エクスプローラーを起動します。 「ホームグループ」をクリックして、「今すぐ参加」ボタンをクリックします。 そうではなく、新規に「ホームグループ」を作成する画面が表示されるなら、先に「ホームグループ」に作成したパソコンの電源が切れています。 電源を入れましょう。それでも参加ではなく新規作成となるならば、LAN に接続されていない可能性があります。



今度は、こちらのパソコンで公開する項目を選択します。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



最初のパソコンでホームグループを作成した時に表示されたパスワードを入力して「次へ(N)」ボタンをクリックします。 パスワードの入力はこの時だけです。もちろん、参加を終了して、再び参加する場合は、同じくこのウィザードを使ってパスワードを入力する必要があります。



「ホームグループ」へ参加できました。「完了(F)」をクリックします。 以上でホームグループの作成と参加が完了しました。お互いのパソコンのデータを参照する事ができます。



エクスプローラーでホームグループをクリックすると、参加しているメンバーが表示されます。 二台でホームグループを構築したならば、お互いのパソコンでお互いのアカウントが表示されます。



「ホームグループ」の構築時、規定の設定であるならば、「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」が公開されています。



例えば右のスクリーンショットは「ピクチャ」を表示しています。 「ピクチャ」はどこのフォルダーが共有されているのか? これを知るにはエクスプローラーのライブラリを知る必要があるので、以下のページを参照して下さい。

Windows 7:ライブラリ - エクスプローラー




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項