MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

フォルダー、ファイルの共有方法(簡易ファイルの共有)

 LAN に接続した複数のコンピューターで、簡易ファイルの共有を利用してフォルダーやファイルを共有する方法を説明します。


前回 の続きです。LAN に接続された複数のパソコンで、フォルダーやその中に保管されたファイル、プリンターやドライブなどのデバイスを共有して利用する方法は、大きくわけて二つあります。 一つは Windows 2000 Professional のようなアクセスを詳細に設定できるクラシックモデル。 もう一つは Windows XP で規定となった、ユーザーカウントを意識しない「簡易ファイルの共有」です。 さらに、Windows 7 ではホームグループと呼ばれる共有方法が提供されていますが、これは Windows 7 同士でだけ利用するものなので、このページでは省きます。



Windows XP OEM版

企業向け OS として利用されていた Windows 2000 Professional の後継が Windows XP であり、企業向けと一般家庭向けが Windows NT 系に統一された事で、ファイルの共有に関しても、一般家庭で簡単に利用できる様に、「簡易ファイルの共有」が規定となっているのかも知れません。 この方法は、後に登場した Windows Vista や Windows 7 でも受け継がれています。 このページでは、Windows XP と Windows 7 でかにファイル共有の方法を掲載します。 Windows Vista は Windows 7 とほぼ同じなので、違うところだけを部分的に紹介しています。



掲載する流れは、Windows XP で共有フォルダーを作成して、Windows 7 でアクセスする、次に、Windows 7 で共有フォルダーを作成して Windows XP でアクセスする。 この二つで Windows XP 同士による共有や、Windows 7 同士による共有もカバーできると思われます。 Windows XP はここ、Windows 7 はここと言った、個別に参照すれば分かる様にはなっていません(他の OS が関係する作業なので、そういった説明を構成する事は管理人にはできませんでした)。 クラシックモデルの共有に関しては、次のページに掲載しますが、これから挑戦するのであれば、このページも読んでおいた方が無難です。 また、IP アドレスの設定や LAN の構築は、ページを前に戻って参照して下さい。 内容は ADSL 接続事例となっていますが、基本的にルーターを使った有線 LANの設定方法になります。



簡易ファイルの共有

共有するフォルダーを作成します。すでに共有したいフォルダーがある場合、作成する必要はありませんが、ここでは説明のためにデスクトップに共有フォルダーを作成してみたいと思います。デスクトップで右クリックして、コンテキストメニューの「新規作成(W)」→「フォルダ(F)」をクリックします。



作成した「新しいフォルダ」を右クリックして、コンテキストメニューの「共有とセキュリティ(H)」をクリックします。ちなみに、「新しいフォルダ」にメモ帳でテキストファイルを保管しました。



「ネットワーク上で共有とセキュリティ」の「危険を認識した上で、ウィザードを使わないでファイルを共有する場合はここをクリックしてください」をクリックします。



「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」をクリックします。もし、このフォルダー内に保管されたファイルの変更を、他のパソコンで許可するのであれば、「ネットワーク ユーザーによるファイルの変更を許可する(W)」をクリックします。最後に「OK」ボタンをクリックします。



フォルダーアイコンが共有を示すアイコンに変更されました。 LAN に接続されたワークグループに属するパソコンからマイネットワーク( Windows XP 、Windows 2000 )、または、ネットワーク( Windows 7 / Windows Vista )を起動して、このコンピューターにアクセスすると、フォルダーとその中身を参照、変更できる様になります。



例えば、Windows 7 でネットワークを開き、Windows XP がインストールされたパソコンに設定したコンピューター名をダブルクリックします。



Windows XP のデスクトップに作成した「新しいフォルダ」が表示されました。これをダブルクリックします。



Windows 7 がインストールされたパソコンで、Windows XP の共有フォルダー内に保管されたテキストを開くことができました。ファイル共有で「ネットワーク ユーザーによるファイルの変更を許可する(W)」をクリックしたので、このファイルを変更して上書き保存する事も、フォルダーに新規ファイルを作成する事も可能です。



もし、アクセスできないのであれば、「ネットワークと共有センター」を開きます。



ネットワークの種類が、ホームネットワークか社内ネットワークである事を確認して下さい。 Windows 7 だけが利用できるホームグループを利用する場合は、「ホームネットワーク」を指定します。 変更方法は、「ネットワーク」下に表示されたテキストリンクをクリックします(スクリーンショットでは「社内ネットワーク」と表示されています)。 従来のワークグループによるフォルダーとプリンターの共有であるならば、「社内ネットワーク」を選択すれば良いでしょう。 「ネットワークの場所の指定」は、ファイヤーウォールの設定です。 3 つのファイヤーウォール設定を簡単に切り換え可能になっていますが、詳細設定も可能です。 つまり、3 つの大きな設定が用意されているものの、その設定の内容を、より使いやすい様に変更できます。



「ネットワークと共有センター」の左上の「共有の詳細設定の変更」をクリックします。



まず、「ネットワークの探索を有効にする」にチェックを入れます(クリックする)。 これにより、LAN に接続された他のパソコンから、このパソコンを探索でき、さらに、他のパソコンを探索できます。



ファイルのプリンターの共有は、このパソコンのファイル、フォルダー、プリンターを、LAN に接続された他のパソコンから参照するための設定です。 このパソコンに共有するファイル、フォルダー、プリンターが無い場合、また、他のパソコンのファイル、フォルダー、プリンターを参照、変更、利用するだけならば、「ファイルとプリンターの共有を無効にする」をチェックしても構いません。



「パスワード保護共有」を無効にすると、Windows XP で規定となっている「簡易ファイルの共有」となります。 最後に「変更を保存」ボタンをクリックすると、先ほど Windows XP に作成した共有フォルダーを参照できると思います。 アクセスできない場合は、もう一度前のページへ戻って確認して下さい。



Windows Vista は、「ネットワークと共有センター」の下段に設定場所があります。 先に説明した Windows 7 と設定方法は同じです。



今度は、Windows 7 のデスクトップにフォルダーを作成して、共有の設定をします。 共有させたいフォルダーを右クリックして、コンテキストメニューの「共有」→「特定のユーザー」をクリックします。 「なし」は共有を解除できます。残りは Windows 7 同士が利用できるホームグループの設定となります。



ここで、ファイルを共有するアカウントを選択します。



空白のリストボックスをクリックして、「Everyone」をクリックします。



「追加(A)」ボタンをクリックします。



このフォルダーにアクセスできるアカウントに「Everyone」が設定されました。しかし、このままでは「読み取り」だけの権限しかありません。



他のユーザーが、このフォルダーにファイルを保存したり、保存されたファイルを変更したりするには、「読み取り」をクリックして、コンテキストメニューの「読み取り/書き込み」をクリックします。



これで、「Everyone」の権限が変更されました。「共有(H)」ボタンをクリックします。



共有設定が完了しました。「終了(D)」ボタンをクリックします。



Windows XP とは異なり、手の平に持ち上げられたフォルダーアイコンは表示されません。



Windows XP で「スタート」ボタン → 「マイネットワーク」をクリックして、さらに「ワークグループのコンピューターを表示する」をクリックします。 Windows 7 に設定したコンピューター名をダブルクリックして、目当てのフォルダーまでダブルクリックを続けます(デスクトップに共有フォルダーを作成したので、階層が深くなります)。 最終的にテキストファイルを開いたのが右のスクリーンショットです。 権限を「読み取り/書き込み」に設定したので、このテキストファイルを変更したり削除したり、このフォルダーに新規ファイルを追加する事ができます。

次のページでは、クラシックモデルの共有方法をレポートします。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項