MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

2 台のパソコンをインターネットに接続する方法

 ADSL(エー・ディー・エス・エル)のプロバイダーと契約して、モデムにルーターを接続、ルーターの LAN(ラン)ポートに複数のパソコンを接続して LAN を構築し、インターネットを利用する方法。各パソコンのプライベート IP アドレスは自動でも手動でも設定可能です。


前回 は、プロバイダー Yahoo!BB と契約して、モデム、ルーター、パソコンを接続しました。今回は、パソコンを一つ増やして、二つのパソコンをインターネットに接続する方法です。具体的に何をすれば良いのか?まず、モデムとパソコンを LAN ケーブル で接続しているのであれば、モデムの LAN ポートに空きがあるか確認します。空きがない場合は、ルーターを購入する必要があります。しかし、モデムにルーター機能が内蔵されている可能性は高く、ハブを購入するだけでも対処できるかも知れません。しかし、今後無線 LAN などを拡張していく可能性もあるので、ルーターは必須かと思われます。モデムの LAN ポートに空きがある場合、または、前回の時点でルーターを導入している場合、今回の作業は WAN(ワン)では無く、LAN となります。



グローバル IP アドレスとプライベート IP アドレス

まずルーターを WAN 、LAN の二つに分けて考えます。WAN の IP(アイ・ピー)アドレスは、グローバル IP アドレスとなります。グローバル IP アドレスは、その名通り世界で通用する IP アドレスとなり、日常生活では住所と考えて下さい。このグローバル IP アドレスは世界に同じ物はありません。グローバル IP がなければ、インターネットに接続する事ができません。このページを参照しているあなたも、当然ながらグローバル IP アドレスを取得しています。



正確には、プロバイダーからグローバル IP アドレスを借りている状態です。 ある一定期間が過ぎると、プロバイダーに返却しなければなりません。 なぜならば、グローバル IP アドレスは数に限りがあるからです。 近年インターネットの普及にともないグローバル IP アドレスの枯渇が問題になっています。 パソコンでは、グローバル IP アドレスの取得 → 開放 → 取得を繰り返しています。 携帯電話も同じで、接続する時に電話会社からグローバル IP アドレスを取得してインターネットに接続します。接続を切れば、携帯電話は 電話会社にグローバル IP アドレスを返却します。再び携帯電話からホームページを参照する時に、グローバル IP アドレスを電話会社から借り入れます(繰り返す)。



つまり接続するたびに自分の住所が変わるという事です。インターネットでホームページを閲覧するにはこのシステムで十分です。余談ですが、ホームページを自宅の WEB サーバーで公開する時は、このシステムでは不都合があります。自分の住所が頻繁に変わるため、外から正確にアクセスができない状態です。これを回避する方法はここでは説明しませんが、ダイナミック DNS サービスがあります。



ルーターの LAN 側では、プライベート IP アドレスを使用します。これは、ルーターに接続されたパソコンを含めた機器だけに通用する住所です。正確には、同じネットワーク内の住所です。プライベート IP アドレスは、自分で決める事ができます。ただし、WAN 側のネットワークには通用しません。あくまでも LAN 側で通用するアドレスです。



ルーター本体にもプライベート IP アドレスがあります。購入した時からそれは存在しています。 Planex BRL-04FA の場合、ルーターのプライベート IP アドレスは「192.168.1.1」、サブネットマスクは「255.255.255.0」です。この場合、LAN 内のプライベートIPアドレスに「192.168.1.2」〜「192.168.1.254」を割り当てられます(各機器が重複しない様に注意する)。



LAN と WAN

ルーターには外からアクセスできないプライベート IP アドレスを使った LAN( Local Area Network:ローカルエリアネットワーク)と、外からアクセスできるグローバル IP アドレスを使った WAN( Wide Area Network:ワイド エリア ネットワーク)の設定があります。ルーターの WAN ポートにはモデムが接続されています。モデムの電源を入れると自動的にグローバル IP アドレスを取得してくれます。さらにモデムが借り入れたアドレスをルーターの WAN 側が自動で取得します(ルーターの WAN 側の DHCP 機能を有効にする)。



LAN は、プライベート IP アドレスを利用した領域です。プライベート IP アドレスはユーザーが自由に設定できますが、インターネットからアクセスする事はできません。なぜならば、自由に設定可能なため、世界中で重複するアドレスが存在するからです。ルーターは、外部からアクセスできないプライベート IP アドレスと、プロバイダーから借り入れたグローバル IP アドレスを組み合わせて、LAN に接続された各パソコンで通信を可能にします。つまり、ルーターに接続されたパソコンや機器は、必ずルーターを通ってインターネットや他の機器と通信します。



設計図

グローバル IP アドレスはモデム、または、ルーターの WAN 側まで取得できている場合、あとは LAN のプライベート IP アドレスをどうするか考えましょう。前回は、LAN のアドレスはルーターが自動的に割り振る設定になっています( DHCP 機能を有効)。さらに、各パソコンも Windows で IP アドレスの自動取得に設定したため、二台目のパソコンをルーターの LAN ポート 2 に接続すれば設定完了です。



IP アドレスの手動設定

DHCP( ディーエイチシーピー [Dynamic Host Configuration Protocol] )機能を有効にすると、ルーターに接続されたパソコンや機器のプライベート IP アドレスが自動設定になります。これで不都合があるわけではありませんが、インターネットにつながったり、つながらなかったりと、トラブルに遭遇した場合、問題を特定するのが面倒になります。自分の住所も分からないのに、手紙が届いたとか届かないとか文句を言えないのと一緒です。自動取得でもパソコンに割り当てられたプライベート IP アドレスを確認する方法はあります。それは前回のページに掲載しました。



手動設定の場合、利用できるプライベート IP アドレスの仕組みを知らなくても法則で把握できます。例えば、ルーターのプライベート IP アドレスが「192.168.1.1」、サブネットマスクは「255.255.255.0」だったとします(ルーターの説明書を参照)。この場合、LAN 内のプライベート IP アドレスに「192.168.1.0〜192.168.1.255」までの 256 通りのアドレスを割り当てる事ができますが、「192.168.1.0」と「192.168.1.255」は既に使われています。さらに、ルーターのプライベート IP アドレスの「192.168.1.1」も既に使われているので、実際に割り当てられるアドレスは「192.168.1.2」〜「192.168.1.254」の 253 通りになります(各機器が重複しない様に注意する)。

ルーターのプライベート IP アドレスが「192.168.0.1」、サブネットマスクは「255.255.255.0」だったならば、LAN 内のプライベート IP アドレスに「192.168.0.0〜192.168.0.255」までの 256 通りのアドレスを割り当てる事ができますが、「192.168.0.0」と「192.168.0.255」は既に使われています。さらに、ルーターのプライベート IP アドレスの「192.168.0.1」も既に使われているので、実際に割り当てられるアドレスは「192.168.0.2」〜「192.168.0.254」の 253 通りになります(各機器が重複しない様に注意する)。

サブネットマスク( Subnet mask )は、ルーターの LAN 側のサブネットマスクと統一します。例えば、ルーターの LAN 側のサブネットマスクが「255.255.255.0」ならば、ルーターに接続した各パソコンのサブネットマスクも「255.255.255.0」を指定します。

デフォルト ゲートウェイ( Default gateway )と優先 DNS( ディーエヌエス : Domain Name System : ドメイン ネーム システム )サーバーは、ルーターのプライベート IP アドレスを指定します。例えば、ルーターのプライベート IP アドレスが「192.168.1.1」であるならば、ルーターに接続した各パソコンのサブネットマスクも「192.168.1.1」を指定します。代替 DNS サーバーは未指定でも構いません。

DNS サーバーはアドレスに入力する「www.yahoo.co.jp」から「グローバル IP アドレス」を取得する名前解決サーバーです。本来、グローバル IP アドレス(住所)は「***.***.***.***」という数字で表現します。しかし、この数字を覚えるのは大変なので、「www.yahoo.co.jp」などの名前に置き換えています。この名前からグローバル IP アドレス「***.***.***.***」の数字を探す時に使用されるのが DNS サーバーです。またグローバル IP アドレスから「www.yahoo.co.jp」などの名前を探す逆名前解決も可能です。 Windows 独自の名前解決には、WINS サーバーがその役目を担います。ここでは関係ありません。



DNS の仕組みを体験してみましょう

ブラウザを起動して、アドレスに「www.yahoo.co.jp」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押して下さい。 Yahoo! Japan のホームページが表示されたと思います。ページが表示されるまでに、パソコンは DNS サーバーに Yahoo! Japan のグローバル IP アドレスを問い合わせています。なぜならば、アドレスに入力した「www.yahoo.co.jp」は人間が覚えやすい文字で表現したアドレスだからです。それでは「jp.msn.com」のグローバル IP アドレスを確認してみましょう。



コマンドプロンプトを起動します。Windows Vista 、 Windows7(ウインドウズ セブン) では、スタートボタンをクリックして、「プログラムとファイルの検索」フォームに「cmd」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押します。それ以外の OS は、「スタート」→「すべてのプログラム」から、コマンドプロンプトを起動します。



コマンドプロンプトが表示されたら、「nslookup www.yahoo.co.jp」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押します。アドレスは一つとは限りません。グローバル IP アドレスが表示されます。



nslookup で得たグローバル IP アドレスの一つを、ブラウザのアドレスに指定してアクセスすると・・・ www.yahoo.co.jp と入力してアクセスした場合と同じ結果になります。



IP アドレスの手動設定

これは一つの例ですが、二台のパソコンをルーターに接続して LAN を構築するには(つまりインターネットに接続可能にするには)、右の設計図が考えられます。今回は二台のパソコンを接続するので、PC 1 を「192.168.1.2」。PC 2 を「192.168.1.3」に設定してみます。

設定する場所は、インターネットプロトコルバージョン 4( TCP/IPv4 )プロパティですが、名称は OS により異なります。設定方法は以下。



ルーターの設定

Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)を開きます。アドレスに「ルーターのプライベート IP アドレス」を入力してアクセスします。パスワードを問われますので「工場出荷時のパスワード(説明書参照)」を入力します。ルーターの設定メニューが表示されたら、ローカルネットワーク設定を参照します。もちろん、この設定はルーターにより異なります。ルーターのマニュアルに詳細が記されているので、そちらをご覧下さい。ルーターの初期状態で設定されている、プライベート IP アドレスとサブネットマスクは変更する事ができますが、今回は特に変更しません。今回のLANに接続された端末(パソコンや機器)のプライベートIPアドレスは、手動取得なので、ルーターのDHCPサーバーを無効にする必要があります(初期状態ではWAN、LAN共に有効になっています)。このルーターでは、「有効」のチェックボックスをクリックして、チェックを外して「設定」ボタンをクリックします。WAN 側のグローバルIPアドレス設定で「IP設定の自動取得(DHCP)」という同じ機能があります。こちらは、「自動取得」のままにします(固定IPでは無いため)。

以上で、ルーターに二台のパソコンを LAN ケーブルで接続して、LAN の構築とインターネットにアクセス可能になりました。もし、パソコンを増やす場合は、三台目のパソコンのプライベート IP アドレスを、ルーターや他のパソコンのプライベート IP アドレスと重複しない「192.168.1.4」〜「192.168.1.254」のいずれかを指定します。LAN ポートが足りない時は、ハブを購入してポートを増やします。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項