MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 画面の名称

 このサイトで利用する Windows 7 の画面に表示されるボタンやウインドウの名称一覧


MB-Support で説明する時に用いる言葉を一覧にしてみました。正式名称か否かは不明ですが、このサイトではこれらの名称を使います。 また、すべての名称を列挙していません。気がついたら付け足します。各画像はクリックすると拡大され、再びクリックすると元に戻ります。



デスクトップ

Windows XP(ウインドウズ エックスピー)からは、それまでのスタートボタンを押した時に表示されるスタートメニューが大幅に変更されましたが、クラシックスタイルで元に戻すこともできました。 Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)でより完成度が高くなり、Windows 7 では完全移行した模様。そのためか、従来の表示はできなくなっています(フリーソフトで変更するスクリーンショットを見たことはありますが)。

「デスクトップ」とは、「机の上」を意味します。机の上にウインドウ( Windows )を開いて作業しますが、ウインドウを複数開くとウインドウズ( Windows )となり、マルチタスクに対応した OS の名称「Windows」と同じです。 しかし、この作業方法は Windows が登場した時から同じで、Windows 95 からタスクバーやスタートメニューが登場しました。スタートメニューは机の引き出しみたいなもので、タスクバーは進行中のタスク(作業)を一目で分かるように、また、切り替えられる様になっています。 マルチタスクは複数の作業を同時に進行できますが、内部的には同時進行しておらず、細かく切り替えて作業を進行します。しかし、それをデスクトップ画面で意識する事はありません。

スタートメニューは Windows XP から少しずつ変更されてきましたが、タスクバーに関しては Windows 95 から受け継がれた従来の方式から、Windows 7 で全く異なってしまいました。 もちろん、これは斬新で便利なものに変更されています。

Windows Vista では、新しくデスクトップにガジェットを設置可能になりましたが、Windows 7 では、Windows サイドバーが消滅して、デスクトップガジェットとして生まれ変わりました。



スタートメニュー

Windows 98 、Windows ME 、または、Windows 2000 から乗り換えたユーザーには混乱しますが、Windows XP 、Windows Vista から乗り換えたユーザーは、スタートメニューが進化している事に気がつくでしょう。 「スタート」ボタンをクリックして表示されるスタートメニューは、左の「スタートメニューアイコン」と、右の「スタートメニューリンク」に分けられます。 頻繁に利用するであろうと思われるプログラムへのショートカットが「スタートメニューリンク」で、「スタートメニューアイコン」は「スタートメニューリンク」に登録できない頻繁に利用するプログラムへのリンクと、頻繁に使うものが自動的に変化するメニューに分かれます。 また、スタートメニューアイコンからスタートメニュー内で履歴やピンで止められた頻繁に利用するファイルへのリンクを展開して表示する事がでいます。 Windows XP や Windows Vista に比べ、スタートメニューに無駄がありません。

そして、これにあふれるリンクは、「すべてのプログラム」をクリックする、または、ポインターをのせる事で表示できますが、Windows XP までの、だら〜としてメニュー一覧が表示されるのではなく、スタートパネルアイコンが変化します。 プログラムを沢山インストールしたら、スクロールバーが表示され、表示しきれない事はありません。表示が変化する事で表示スペースを固定でき、マウスによる無駄な移動が無くなりました。

Windows XP でユーザーアカウントにより Windows にログオンする流れが浸透しました。ユーザーアカウントの表示は継承しています。 さらに、Windows Vista からは、UAC(ユーザー アカウント コントロール)が導入され、ユーザーカウントとセキュリティの関係を自然な流れで理解する段階に進みました。 そして、Windows 7 では UAC が緩和され、さらに使いやすくなっています。

スタートメニューに検索フォームが設置され、ファイル、メール、プログラムを検索可能になりました。 これにより、「ファイル名を指定して実行」が裏に隠れる事になりましたが、従来通りこのボタンを表示する事も可能です。 この機能は Windows Vista から搭載されています。

スタートボタンが Windows のロゴに変わりました。これにより、「スタート」ボタンとも呼べますし、「Windows」ボタンとも呼べます。 この変更は Windows Vista からです。



タスクバー

それまでの Windows であったクイック起動バーが無くなり、タスクバーがクイック起動バーを兼ねています。 クイック起動バーに設置されたアイコンと同じ動作をするのがタスクバーアイコンで、起動しているアプリケーションのアイコンがタスクバーボタンとなります。



タスクトレイ

それまでの Windows では、常駐するアイコンの一覧がタスクバーの右端に表示されていましたが、インストールするアプリケーションが増えると邪魔な存在となりました。 そのため、表示をたたむ機能が搭載されていましたが、Windows 7 からタスクトレイと呼ばれる専用トレイに格納されます。 これにより、タスクバーの無駄が減少しました。しかしながら、通知領域は通知される事で使いやすくなるとも言えます。例えば、Windows Media Center で予約録画を実行中、録画中なのかされていないのかを判断するには、タスクトレイで確認する事になります。 そうではなく、録画中は通常通り通知領域にアイコンを表示したいのであれば、タスクトレイのカスタマイズをクリックして、個別に動作を決定します。 いずれにしても、Windows Vista の改良版である事から、細かいところまで便利になっています。



ウインドウ

表示しているのは「エクスプローラー」。従来と同じく最少化、最大化、閉じるボタンが右上に設置され、何も表示されていませんが、左上をダブルクリックしても閉じる事ができます。 この仕組みは Windows 7 でも継承されています。 各ペインは表示、非表示が可能。Windows XP からフォルダーペインに改良が加えられ、通常「マイコンピューター」→「Cドライブ」→「Documents and Settings」→「ユーザー名」でアカウント毎に保管される「マイドキュメント」や「マイピクチャ」を含む、「ライブラリ」とよばれる仮想フォルダーを表示する事ができます。 これは、ドライブやフォルダーを超えて一覧表示する機能を備えていますが、場合によってはファイルが保管されている場所が不明になる危険もあります。ライブラリに新規フォルダーをナビゲーションペインに作成しても、それは仮想的なもので削除しても現実的に削除される事はありません。 しかし、フォルダー内に作成したデータは消滅するので注意が必要です。

また、「Documents and Settings」フォルダーは消滅して「ユーザー」フォルダーに変わりました。Windows Vista でも「Documents and Settings」の名前のついたファイルが表示されますが、これは互換性を維持するためのもので、中になにも入っておらず、「ユーザー」フォルダーにジャンプさせるものです。 詳細ペインが加わった事で、個別ファイルの詳細情報を把握しやすくなり、評価やタグの変更機能も付加されました。 また、Windows Vista からはインストール初期状態でお馴染みのメニューバーが隠されています。これを表示するには、キーボードの「Alt」キーを押すか、常に表示する設定に変更します。



ダイアロボックス

各種設定を変更するダイアロボックス。ブラウザに搭載されるまえに、タブによる切り替えが存在していました。タブで切り替える事で、同一スペースにいくつもの異なる設定情報を表示できます。 スライダーバーはマウスのドラッグアンドドロップを使って操作します。リスト表示はクリックするといくつかの項目が表示され、そこから一つを選択します。 チェックボックスは、クリックしてチェックを入れたり、外したりします。オプションボタンはチェックボックスに似ていますが、こちらはどれか一つしか選択できません。チェックボックスはいくつでもチェックする事ができます。 「適用」ボタンはダイアロボックスを閉じずに設定を反映します。設定を変更していない場合は、アクティブになりません。「OK」ボタンは設定を反映してダイヤロボックスを閉じます。 つまり、「適用」ボタンを押す事で発生する動作も含みます。



その他

右クリックした場所により異なる内容が表示される「コンテキストメニュー」。

Windows XP 画面の名称

Windows Vista 画面の名称





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項