MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

日本でも Soapbox on MSN Video と MSN Video が統合されました

 動画共有サイトの Soapbox on MSN Video(ソープボックオンエムエスエヌビデオ)と、従来の MSN Video が合体を始めました。現時点では米国版は正式となり、日本語版はベータとなります。


マイクロソフトの動画共有サイト「Soapbox(ソープボックス)」が MSN ビデオに統合されました。 流れは複雑で、もともと Soapbox は米国で公開され、Windows Live ID でサインインしたユーザーが動画を投稿、視聴できるサイトでした。 その後、視聴のみはサインインを必要としなくなり、一般的な動画共有サイト同様にプレイヤーを自分のサイトに埋め込んで再生したいり、各動画にコメントが付けられます。 動画を視聴しながら動画の検索が可能で、検索ワードを元に他の動画共有サイトへのリンクも表示される変わったサイトでもあります。



日本では、MSN ビデオが有名で、日本、または、海外のニュースを視聴していたユーザーも多いと思います。 海外のニュースでも日本語字幕が付くのはありがたい事。この MSN ビデオは、MSN サービスとして利用者の利便性を追求したサイトになっていましたが、投稿された動画とはジャンルが異なっています。 しかしながら、同じ動画配信である事に変わりありません。そこで、動画共有サイトの Soapbox に MSN ビデオが統合されました。 現時点では、このサイトの名称が不明です。トップページでは MSN ビデオとなっており、動画共有サイトの Soapbox は上部のメニューで切り替えられます。

MSN Video + Soapbox - 日本



この仕様は、日本以外では既に利用されており、対応していない日本では動画の視聴に面倒な作業を強いられました。 日本のニュース、または、海外のニュースを日本語字幕付きで視聴するには、MSN ビデオにアクセスして国情報を日本に指定する必要があります。 日本以外を指定した場合、MSN ビデオの内容もその国に対応します。



しかし、動画共有サイトの Soapbox を利用するには、国情報を米国にする必要がありました。 もちろん、全てのメニューは英語で、動画を投稿する流れも英語となりますが、タイトル、タグ、投稿する動画に関する説明などは日本語に対応していたため、他の動画共有サイトを利用するユーザーにとっては全く問題がありませんでした。 切り替えだけが面倒だったのです。基本的に Windows Live サービスと統合されていますが、タイトルに MSN ビデオとある事でも分かりますが、それまでの Windows Live サービスとは少し異なる部分もあります。 気にしなくても良いでしょう。



機能的には日本に対応していた Soapbox が、MSN ビデオに完全統合された事で、動画の視聴が分かりやすく便利になりました。 Soapbox まともに動いていた事を考えれば、かなり待たされた感じがします。 おそらく、技術とは異なる面で問題があったのかも知れません。著作権侵害とか。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項