MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

マイクロソフトの無料セキュリティツールを利用する方法


続々登場するマイクロソフトのセキュリティツール。 WindowsXP に付属されたファイヤーウォールから始まって、 Service Pack 2(サービスパック2) をインストールするればセキュリティセンターで管理できます。 とりあえず、これらの機能は無料で提供されているので使わないのは損でしょう。SP2 以降はどうなったのか? さらに無料で利用できるセキュリティツールは増えています。まずは Windows Updeta を必ず実行する事を前提に、これらのツールを利用する方法をご紹介します。

本来はセキュリティ対策ソフトをインストールするのが(もちろん、インストールするだけでは無く、定義ファイルを更新してリアルタイム検知を有効にする)一番ですが、そうでない環境のユーザーも多いと思います。 市販のソフトや他社のセキュリティーツールを利用する事は、マイクロソフトのツールで固めないための差別化としても有効です。

ただ、場合によっては致命的な事件を巻き起こす事もありました。何が良いのかは不明ですが、基本的にセキュリティ対策をする事で、使い勝手を低減させる事には変わりありません。セキュリティと使いやすさは反比例するものです 。最大の防御はインターネットに接続しない事・・・でも、それじゃパソコンのメリットを活かせません(このページは、以前投稿した日記の内容をまとめたものです)。



Windows Update or Microsoft Update

関係無いファイルに添付する事で悪さを実行するウイルスと、単独ファイルで悪さを実行するワーム。 これらの悪意のあるソフトウェアが蔓延する兆候は、受信するメールでも確認できます。 通常は 1 日に 1 件来るか来ないかのウイルス付きメールが、数十件以上 ある時期から受信する様になったとか・・・

根本となるソフトウェア OS である Windows に脆弱性(ぜいじゃくせい)が見つかった場合など、その脆弱性を狙ったウイルスやワームが蔓延します。 脆弱性の中でも、いく通りものアクションを必要とするものがほとんどですが、まれに インターネットに接続しただけで感染する可能性がある脆弱性もあります。 これは Windows を再インストールしている最中に感染する事もあります。これらの対処は、Windows を販売しているマイクロソフトが提供する、Windows Updeta(ウインドウズアップデート)を利用して、脆弱性を 無くす作業が必要になります。



Windows を購入した時は Windows Update となっていますが、より強化された Microsoft Update に 移行する事ができます(この辺の事情は Windowsアップデートのやり方を参照して下さい)。 今でこそ、他のソフトでもアップデートが簡素化されていますが、Windows Update ほど便利なものはありません。 この機能のポジションはセキュリティ対策となりますが、これだけで完璧なわけではありません。 言うなれば、Windows を利用するユーザーであるならば、必ず更新する必要があるプログラムなのです。

Windows にセキュリティの問題があるのにも関わらず、それを修正しないでセキュリティソフトでカバーするのはナンセンスです。 例えるなら、外は雪、寒いから暖房を付けて(セキュリティソフト)、家の壁に大きな穴が開いる様なもの( Windows の脆弱性 ) 寒いなら、まず穴ふさげば? っ事ですね。「私はパソコンに詳しくないから・・・」「専門的な事は分からないから・・・」なんて事を言ってられません。 これは、Windows を利用するユーザーであれば、必ず実行する必要がある作業です(穴を塞ぐために)。もちろん、専門的な知識を必要とせず、実行する事ができるほど簡単です。

「スタート」ボタンを左クリックすれば Windows Update のアイコンが見つかるはずです(もしくは「全てのプログラム」、「プログラム」内にあります)。 Windows Update のやり方は複数あります。 それは、それほど重要であり実行するべき作業だからです。詳細は Windowsアップデートのやり方 を参照して下さい。



悪意のあるソフトウェアの削除ツール

感染したパソコンをスキャンして、問題のあるプログラムが見つかった場合、自動で駆除してくれるツールです。 もし、感染した疑いがある場合、WEB 上で利用できる(ホームページを参照しているかの如く) 悪意のあるソフトウェアの削除ツール を試してみましょう。

このツールの嬉しいところは、無料!! 市販のセキュリティソフトを開発しているサイトでも無料スキャンは可能ですが、駆除する事までやってくれません。 つまり、駆除するには製品を購入するよう誘導されます。 このツールは名前にもある「削除ツール」なのです。知っておくべき事は、全ての悪意のあるプログラムに対応していない所。 その時蔓延している悪意あるプログラムを検出して駆除してくれます。

さらに、リアルタイムで検知する事ができないので、日常のセキュリティ対策とは言えません。感染してしまった場合に利用します。 もちろん、この手のスキャンツールは定義ファイルが命です。 WEB で実行する場合は、アクセスした時点で新しい定義ファイルが適用された状態でスキャン可能です。 詳細は 10.悪意のあるソフトウェアの削除ツール を参照して下さい。

ちなみに、これは任意で実行する方法です。つまり、感染した疑いがある場合に利用します。 普段、Windows Update を実行しているユーザーは、毎月、第 2 火曜日の翌日、それを知らぬ間に実行しています。 バックグラウンドで実行しているので、感染していない場合は何の告知もありません。


Windows Defender (防御ツール) ベータ 2

Windows Defender (防御ツール) ベータ 2 は、自分のパソコンにダウンロードして利用する無償のスパイウェアの保護、検出、駆除ツールです。

こちらは、リアルタイム保護機能を搭載しているので、セキュリティ対策ソフトになります。スパイウェアはウイルスやワームとは違います。 このツールで保護できるのはスパイウェアだけになります。定義ファイルは毎日更新され、その適用方法は Windows Update を利用するので簡単です(自動更新を利用している場合、タスクバーに黄色いシールドマークが表示されます)。

セキュリティ対策ソフトゆえに、上で紹介した最低限必要なセキュリティツールとは違い、絶対的に利用する必要もなく、あえて他社のソフトを利用するのも良いでしょう。 でも、無料ですから・・・定義ファイルの更新も Windows と同じで使いやすいのは確かです。利用方法は スパイウェア専門検知/除去ができる Windows Defender Beta を参照して下さい。



Windows 防御ツール と Windows Defende rの 2 つの呼び方があったのですが、Windows Defender(ウインドウズディフェンダー)と名前が決まった様です。 現段階ではベータ版となりますが、次期 Windows Vista(ウインドウズビスタ)には、セキュリティーセンターに登録されています。つまり、はじめから付属するスパイウェア対策ツールとなります。



Windows XP では、インストールしてもセキュリティーセンターに登録されません。この違いは・・・・ セキュリティーセンターに登録された Windows Vista では、スキャンを怠ると警告がガンガンに表示されます。

3 日もスキャンを怠れば、タスクバーにビックリマークの付いたディフェンダーアイコンが表示されます。 Windows Vista がベータの段階なので、製品版はどうなるか分かりませんが、印象としてはウザいです。



Windows Live OneCare PC セーフティ

Windows Live OneCare PC セーフティ は、パソコンの健康状態を維持するための無料サービスで、ウイルスの検知と除去、ハード ディスク上の不要なファイルの削除、PC のパフォーマンスの向上を可能にします。

Windows Live(ウインドウズライブ)サービスに属するので、他の Windows Live サービスを利用していないユーザーにとっては手を出しずらい印象を受けます。 でも、WEB 上でスキャンする他のサービスと同じで簡単に利用できます。 ハードディスクドライブ の断片化の診断や、不要なファイルの削除など、パソコンを快適に利用できる環境を整える事ができますが、 注目すべき点は、ウイルスの検知だけではなく除去ができるところ。 ただし、リアルタイムにパソコンを保護する事ができないので、ウイルスに関してはセキュリティ対策ソフトとは言えません。

利用方法は 無料で利用できるセキュリティ対策 Windows Live Safety Center Beta を参照して下さい。説明ではベータとなっていますが、すでに正式版が利用可能で使い方は同じです。



リアルタイムで保護ができないため、スキャンして初めて動き出すセキュリティツールです。 Windows Live サービス を利用しているユーザーは、いたる所にこの機能のトリガーとなるボタンを表示する事が可能です。

例えば右はカスタマイズした自分だけの Windows Live beta で、コンテンツを埋め込んでいます。 Windows Live Messenger を利用しているユーザーであれば、ファイルの共有機能で Windows Live OneCare PC セーフティを利用しています。



ブラウザに Windows Live Toolbar をインストールすれば、「PC の健康状態」ボタンが表示され、スキャンした方が良いか否かを知らせてくれます。 とりあえず感染していた場合、そのまま気づかずに利用し続ける事は無くなるでしょう。


Windows Internet Explorer 7 for Windows XP

Windows Vista で利用する事で強力なセキュリティを確保できるブラウザ Windows Internet Explorer7 ですが、Windows XP に提供される予定の Windows Internet Explorer 7 for Windows XP でも最善のセキュリティを確保する事ができます。 リアルタイムで検知できる機能は、フィッシング詐欺検出機能。



ホームページにアクセスする度に、フィッシング詐欺検出機能が働き、その様子はブラウザの右下のアイコンで参照できます。 これはウイルスとはまた違うセキュリティ対策ですが、悪意がある何かから防御する機能に変わりありません。



Windows Vista に搭載される予定の Windows Internet Explorer 7 は、根本的に強化されたOSの機能を引き継ぐので、セキュリティ対策でがんじがらめになった感じです。 Windows Internet Explorer 7 が優れているよりも、OS 自体の対策が優れていると思われます 8.User Account Control(UAC)ユーザーアカウント制御


まとめ

上で説明したセキュリティツールは Windows XP ユーザーであれば誰でも利用できます。 無料である上に、検知する事よりも駆除する機能が有りがたいと感じます。 これだけのツールを利用しているのに関わらず、他のセキュリティ対策ソフトをインストール必要があるのか? 答えは必須です。

セキュリティ対策の基本は、まずは Windows の脆弱性を無くす事。次に、リアルタイム検知がポイントになります。 スパイウェアに関してはリアルタイム保護が可能ですが、ウイルスやワームに関してはリアルタイム検知が働きません。 この機能が必要な時は、主にホームページの閲覧中とメールの送受信時です。 ここでウイルスとワームを検知して処理する事が感染しないための対策となります。

Windows Vista では、Outlook Express のバージョンアップ版である、 Windows Mail が付属される予定とあります。このメールソフトには、受信時にスパムメールを隔離する機能が搭載されていますが、ウイルス付きのメールを隔離する機能は搭載されていません。 これらのセキュリティを確保するためには、やはり無料や市販されているセキュリティ対策ソフトが必須となるのです。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項