MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

迷惑メールを受信したら即ごみ箱に移動する方法

 パソコン初心者向けに迷惑メールを仕分けルールを使って排除する方法を掲載しています。


迷惑メールを受信する事になる理由はいろいろありますが、ホームページを公開している場合は当然の如く防ぐ方法がありません(メールアドレスを公開しているのですから)。

ホームページにメールアドレスを掲載して、左クリックすると自動でメーラーが開き、宛先にそのメールアドレスを自動で入力させるタグに mailto があります。 これを利用する場合は mailtoを使う時の注意事項 を必ず一読して下さい。また、これをやったとて、ホームページを自動で巡回してメールアドレスを収集するソフトウェアが存在します。

つまり、ホームページにメールアドレスを公開してしまった時点で、迷惑メールが届くのは当たり前と考えて下さい。 もちろん、ホームページを持っているユーザーだけでは無く、掲示板やブログなどにコメントを入力する時に、メールアドレスを入力しても一緒です。公開しなくてはならない状況にあるユーザーは、必ず公開専用のメールアドレスを所持するべきです フリーメール

また、公開したメールアドレスを受信するには、ローカルのメーラーを利用せずに、WEB 上で閲覧可能なサービスを利用するべきです。 Yahoo! Mail は、迷惑メール対策やウイルスチェックが可能なので、公開しなくてはならないメールアドレスとして最適です。



ローカルのメーラーで送受信する場合で、スパムメールに困っている場合は、ずばりメールアドレスを変更するのが一番です。 ただ、面倒ですし、また時間が経てば受信する事になるでしょう。 今やメールを受信するにも、セキュリティソフトを導入している事が大前提になります。 セキュリティソフトがインストールされていれば、本当に危険なメールは自動で隔離してくれます(右上は、セキュリティ対策ソフトの avast! 4 Home Edition にて、ウイルスメールを検知したスクリーンショット)。

それ以外に問題なのが、ウイルスやワームに感染する恐れのない広告メールです。 広告の内容は様々ですが、「セフレ募集」「逆援助交際」「会っただけでお金をお振込します」など、いつの時代の手口だと感じるスパムメールも多いです。 これらの広告は、実際にサービスや商品販売に結びつける理由では無く、そのメールアドレスが存在するか否かをチェックするために送られる場合があります。

つまり、メールアドレスはランダムに生成され、返信をした時点でそのメールアドレスが存在する事が確定します(もちろん、「受信をやめるには空メールを返信して下さい」などもその手口です)。 また、メールに埋め込まれた画像を表示しただけで、存在が確認できる物もあります。結論を言ってしまえば、こういったスパムメールは開かずに、受信したら即ゴミ箱に移動した方が良いのです。



Windows Vista(ウインドウズビスタ)に標準搭載されている「Windows Mail 7」や、市販の「Microsoft Outlook」には、迷惑メール対策が導入されています。 また、フィッシング詐欺防止機能も盛り込まれる予定です。これにセキュリティ対策ソフトで最適な環境を実現できるのですが、上に書いた中途半端な迷惑メールを排除するのはなかなか難しいです。

なぜならば、送信元のメールアドレスは偽装されているし、頻繁に変更されるからです。メールアドレスによるスパムメールの排除は無理があります。 しかし、メールアドレスに含まれる文字や、件名に含まれる文字から、受信したら即ゴミ箱に移動する方法があります。それが「仕分けルール」「メールルール」です。

本来は受信箱に任意のフォルダを作成して、例えば「楽天市場」からのメールならば、「楽天」と名前が付いたフォルダを作成して、このフォルダに自動で移動するために利用します。 これは、「Windows Mail 7」「Microsoft Outlook」や、既存のWindowsXPに搭載された「Outlook Express」でも可能です。ちなみに Outlook Express は Windows XP で終了します。 後継ソフトは Windows Vista に搭載される予定の Windows Mail 7 になります。

この「仕分けルール」を使って、送信者のメールアドレスに含まれる文字や、件名に含まれる文字を指定して、スパムメールをゴミ箱に移動するのです。 もちろん、即削除も可能なのですが、含まれる文字を基準にスパムを判断するので、必要であるメールもその文字が含まれていた場合は削除されてしまいます。 そのミスを防ぐためにも、移動先は「ゴミ箱」に設定しておいた方が無難です。

設定方法はどれもほぼ同じで、市販の「Microsoft Outlook」だけはより細かく指定できます。 このページでは、Windows Vista beta2 に搭載された Windows Mail 7 でのやり方を掲載しますが、Windows XP に付属する「Outlook Express」でもほぼ一緒です。



1.「Windows Mail」または「Outlook Express」を起動して、「ツール」→「メッセージルール」→「メール」を順番に左クリックします。



2.「メッセージルール」のプロパティが表示されるので「メールルール」タブを左クリックして「新規作成(N)」を左クリックします。



3.「1.ルールの条件を選択して下さい(C)」の「件名に指定した言葉が含まれる場合」の左にチェックを入れます。 すると、「3.ルールの説明」に「指定した文字が含まれる」を表示されるので、それを左クリックします。



4.件名で排除したい単語を入力します。過去に受信したメールの件名を参照して登録します。 例えば右画像では「SEX」と入力して「追加(A)」を左クリックします。



5.単語は複数登録可能で、その場合は「OR(または)」で検索されます。「SEX」によりアンチできるスパムメールは多いですが、「セックス」とカタカナで表記されている場合もあるので、いろいろ入力する必要があります。 また、問題になるのは「SEX」を登録すると、利用している販売ショップのメールで、「SEXYな水着」などのキャッチフレーズが件名にあった場合、この条件に一致してしまいます。 そこで、即削除をするのではなく、ゴミ箱に移動する必要があるのです。



6.単語の登録が完了したら、次に登録した単語が含まれる件名を受信した時に実行する動作を決定します。 「2.ルールのアクションを選択して下さい(A)」で「指定したフォルダに移動する」を左クリックします。 すると、「3.ルールの説明」に「指定したフォルダ」が表示されるのでこれを左クリックします。



7.フォルダを選択します。ここでは「削除済みアイテム」を左クリックして「OK」を左クリックします。 もちろん、フォルダを新規に作成して、そこに移動する事も可能です。



8.以上でメールの件名によるルールが 1 つ作成できました。ルールとしては1つとカウントされますが、件名に含まれる単語は無数です。 追加したい場合はルールを左クリックして「仕分けルールの説明」に表示された下線を左クリックすると、再び単語の登録プロパティが表示されます。

同じ要領で、今度は送信者に含まれる単語を登録して下さい(2に戻る)。送信者のアドレスを見比べて、共通する単語を登録します(例えば 777 や deael とか)。 メールアドレス全体を登録しても意味がありません(もちろん、そのメールアドレスから常にスパムメールが来るのであれば有効です)。



こうして排除されたメールが右画像です。Windows Mail には迷惑メール機能が搭載されているので、迷惑メールと判断されたメールが134通。自動で削除済みフォルダに移動されたのが124通。必要なメールはわずか42通となりました。

もちろん、単語による仕分けなので、間違ってフォルダに移動されたメールもあります。かならずチェックは必要です。この方法は中途半端なスパムメールを排除するのに適していますが、フィッシング詐欺やウイルスメールを排除する訳ではありません。 これらの危険なメールを排除するには、セキュリティソフトが必要です。でも、メーラーを起動した時、受信箱でこれらのスパムメールがボコボコ削除済みアイテムに移動されるのは爽快です。

仕分けルールを使ったスパムメール排除は、あらかじめ対策用に用意したメールアドレスに有効です。 プライベートや仕事で利用するメールアドレスでこれを上手く使うのは難しいです。 当たり障りの無い単語をチョイスするのが大変になります。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項