MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

1.圧縮ファィルの解凍方法 .zip .lzh

 インターネットでプログラムをダウンロードすると、ファイルが圧縮されている場合がほとんどです。 圧縮形式は複数ありますが、一般的な「zip」「lzh」の圧縮/解凍方法をご紹介します。


圧縮とはその名の通り、大きい物を小さくする事です。分かりやすく言えば、布団圧縮と同じです。 パソコンで布団にあたるのはデータファィルになります。 フリーのゲームやアプリケーションをダウンロードした場合、多くのファイルが圧縮されています。

なぜ、ファィルが圧縮されているのでしょうか? 今でこそ ADSL や光通信などの高速回線が普及していますが、その昔、非常に速度の遅い回線を使用していました。 通信速度が遅い状況でファィルをダウンロードする時、なるべくファイル容量を少なくする事で時間短縮を図っていました(これはダウロードする側だけではなく、アップロード元のサーバーにも恩恵があります)。



また、 ハードディスクドライブ の容量が少なかった時代、なるべくファィルを詰め込むために圧縮/解凍は欠かせませんでした。 フロッピーディスクが主流の時代、ファィルの保存や伝達にも必需品でした。(書き込み対応光学式ドライブは数十万円していましたから・・・) 今でも雑誌の付録 CD-ROM のファィルは圧縮を使用されているはずです。



圧縮ファィルの拡張子

主に「.ZIP」「.LZH」です。この他「.CAB」マイクロソフト独自の圧縮形式や「.MPEG2」「.MP3」などの映像や音声を扱うファィルも圧縮技術が使用されています。 さらに、自己解凍プログラムが埋め込まれている場合、ファイルをダブルクリックする事で自動で解凍されます。 ですが、一般的に雑誌の付録や、インターネット上でダウンロードできるフリーソフトは「.ZIP」「.LZH」で圧縮されている場合が多いです。

zip形式で圧縮されたファイル zip形式で圧縮されたファイル



圧縮ファィルの解凍

圧縮ファィルはダブルクリックしても、解凍と呼ばれる作業をしなければ使用できません。解凍とは圧縮されたファィルを元のファィル容量に戻す事(復元)です。 解凍するにはフリーソフトを使用します。お勧めは、ちとら氏の「Lhaz」です。以下のサイトからダウンロードできます。

Windows XP 以降の OS では、標準でzip形式の圧縮ファイルを解凍する事が可能です。その方法は こちら 。 lzh 形式の圧縮ファイルに関しては、別途プログラムをインストールする事で可能になります。その方法は こちら 。 いずれの場合も解凍するだけで、圧縮する事はできません。 圧縮もしたいのであれば、以下の方法で専用アプリケーションをダウンロードしてインストールする必要があります( Windows98 / ME / 2000 / XP に対応 )。



ちとら氏の「Lhaz」のダウロード方法

1.ダウンロードサイトにアクセスします。以下のテキストリンクを左クリックすると、別ウインドウでダウンロードサイトが開きます。

Vector Lhaz LZH/ZIP形式に対応したDLL不要の圧縮・解凍ソフト



2.「HTTPでダウンロード」を左クリックして下さい。



3.Windows XP SP2 以降では、情報バーが表示されます。さらに情報バーに関するプロパティが表示された場合は「閉じる(C)」を左クリックします。 ブラウザの上部に表示された情報バー「セキュリティ保護のため、このサイト・・・・・」にカーソルを移動して、左クリックします。 表示されたメニューの「ファイルのダウンロード(D)」にカーソルを移動して左クリックします。

関連情報:Windows XP SP2 ファイルのダウンロードと実行方法 - ワトソンのパソコン教室



4.Windows XP SP2 以降では、セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」を左クリックします。

関連情報:ホームズに聞く - セキュリティの警告について



5.ファイルをダウンロードする場所を指定します。分かりやすくするため、ここではデスクトップにダウンロードしましょう。 左メニューの「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」を左クリックします。



6.ダウンロードが完了したら、右の画面が表示されます。「閉じる」を左クリックしましょう。



ちとら氏の「Lhaz」のインストール方法

1.デスクトップにダウンロードした「lhaz133.exe」アイコンをダブルクリックします。 ファイル名はバージョンにより異なるかも知れませんが、今ダウンロードしたばかりのファイルなので、判断ができると思われます。



2.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」を左クリックします。



3.解凍先フォルダ(この解凍とは、圧縮解凍プログラム本体の解凍)は自動で入力されているので、特に変更する事はありません。

おすすめは「デスクトップにショートカットを作成する(D)」のチェックを外す事です。 圧縮、解凍作業をする場合は、ファイルを右クリックして動作を選択できるため、単体のプログラムを起動する事はまれだからです。 最後に「OK」を左クリックすると、インストールが開始されます。



4.インストール中です。しばらくお待ちください。この画面が消えたら、インストールの完了です。



圧縮ファィルの解凍方法

1.例えば「mbsupport.zip」と名前の付いたファィルがあります。「.zip」とありますので圧縮ファィルです。



2.圧縮ファィルにポインタを移動して、右クリックします。メニューの「送る」にポインタを移動して「Lhaz」を左クリックします。



3.「このフォルダに解凍」にポインタを移動して左クリックします。つまり、デスクトップに存在する圧縮フォルダを、デスクトップに解凍する事を示します。



4.圧縮ファイルとは別にフォルダが作成されます。この中に解凍されたファィルが作成されています(下の左のアイコンが解凍前の圧縮フォルダ、右のアイコンが解凍されたフォルダ)。



5.解凍後のフォルダは、一般的なフォルダの使い方と同じです。ダブルクリックで中のファイルを利用(閲覧、実行、個別ファイルの保存先の変更)する事ができます。

解凍が終了したら、元の圧縮ファィルは削除してしまって構いません。解凍方法は「.LZH」でも同じです。



Windows XP 以降での「.zip」フォルダ

Windows XP(エディションを問わず)、Windows Vista(ウインドウズビスタ)(エディションを問わず)では、「.zip」ファィルのみ、フォルダにジッパーが付いたアイコンに変更されています。



圧縮されたファイルではありますが、ダブルクリックすると中身を参照できます。



ファィルをダブルクリックすると解凍せずに画像が閲覧できます。(実際には解凍されて表示している) ※ 解凍せずに実行できるのは「.txt」「.jpg」などで「.exe」などのアプリケーションは解凍する必要があります。



Windows XP 、Vista での「.zip」フォルダ解凍方法

1.「.zip」ファイルを右クリックして、表示されたメニューから「全て展開」を左クリックします。



2.「圧縮フォルダの展開ウィザード」が表示されます。「次へ」を左クリックします。



3.「展開先の選択」で、自動で展開先が入力されます(例えば、これから解凍しようとする圧縮ファイルがデスクトップにあった場合、解凍先もデスクトップが選択されます)。 「次へ」を左クリックします。



4.解凍が終了しました。「展開されたファイルを表示する」左にチェックを入れると(自動で入ります)、解凍後のフォルダが表示されます。「完了」を左クリックします。



左のアイコンが解凍後のフォルダで、右のアイコンが解凍前の圧縮フォルダです。ジッパーで判断できますね。 解凍後、圧縮フォルダは用が無ければ削除しても構いません。

Windows XP 以降では、zip形式の圧縮ファイルを展開(解凍)する事が可能です。 先に説明した「ちとら氏のLhaz」をインストールするメリットは、圧縮ができる所にあります。 もちろん、Windows XP 以前の Windows では解凍するにも必要です。 なお、Lzhに関しても Windows XP では解凍する事ができます。 これに関してはマイクロソフトからプログラムを別途ダウンロードしてインストールする必要があります。

関連情報:圧縮 (LZH 形式) フォルダ - ワトソンのパソコン教室




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項