MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

インストールとは?


インストールとは?

ソフトウェアをパソコンに組み込む事をインストールと呼びます。 ダウンロードしたアプリケーションを組み込む場合、ソフトウェアのインストールとなります。反対にインストールしたソフトを削除する事をアンインストールと呼びます。



どこにインストールするの?

現実的に言えば、インストールする場所は ハードディスクドライブ と呼ばれる記憶装置です。パソコンの中を開けると必ず接続されています(ここでは開ける必要は無いです)。


@

A
   

C

B

Windows 上で言えば「Program Files」フォルダの中です。


どうやってインストールするの?

インストーラと呼ばれる「.exe」ファイルをダブルクリックする事で、インストールウィザードが起動して簡単にインストールする事ができます。 アイコンの形で最も多いのが、下の一番左のコンピュータの前にソフトウェアの箱とフロッピーが置いてあるアイコンです。 これからインストールしようと思わせる絵になっていますね。各メーカーによって自由に設定しているのでバリエーションがあります。 また、Windows のバージョンによってアイコンは変化します。



インストールするアプリケーションをインターネットでダウンロードするか、製品版ならば購入して入手します。 ダウンロードする場合は、デスクトップなど、自分が分かりやすい場所に保存しましょう。製品版を購入した場合は、CD-ROM や フロッピーディスク の中に保存されています。 CD-ROM の場合は、挿入すれば自動的にインストール画面が起動します(そうでない物もまれにあります)。

インストーラが起動したら、画面の指示に従って「はい」「Next」などをクリックして進みます。



一般的なインストール画面の流れ

1.最初はインストールするプログラムの「タイトル」画面が表示されるのが一般的です。「ようこそ」や「Welcome」画面がこれにあたります。 「次へ」や「Next」などをクリックしてインストール作業へと進みます。 「タイトル」→「Welcome」画面へと進む場合もります。



2.次に「利用許諾契約」画面が表示されるのが一般的です。「はい」「Yes」「許諾する」「承認する」などをクリックして進みます。「利用許諾契約」に承認しないとインストールする事が出来ません。 まれに、許諾契約書を下までスクロールしないと「承認する」などボタンが有効にならない物もあります。



3.「プロダクトID」「シリアルキー」入力画面が表示されます。購入したソフトウェアのどこかに記入されているので、その数字を入力します。 フリーソフトの場合は、ほとんどありません。まれにメールなどでシリアルキーを発行する物もあります。



4.「インストール方法」選択画面が表示されます。一般的に多いのが「標準」「コンパクト」「カスタム」いずれかのチェックボックスを選択して「OK」「Next」をクリックします。初めてインストールする場合や良く分からない場合は、「標準」を選択します。 ハードディスク容量に余裕が無い場合は、「コンパクト」を選択します。「コンパクト」は最小構成をインストールする意味で、必要になった時に追加インストールできる様になっています(なっていない場合もある)。 



またゲームなどのインストールで「最小構成」を選択すると、音楽や映像は CD-ROM を参照します。 常に CD-ROM を入れとく必要がありますし、頻繁にアクセスするので動作も遅くなります。 「カスタム」はインストールするものと、しないものを選択できます。ソフトウェアの必要な機能が分かっている人のみ選択します。



5.「インストールする場所」を選択します。 ほとんどの場合が C ドライブ( ハードディスクドライブの領域 )の「Program Files」フォルダ中にソフトウェアの名称や会社名のフォルダを自動で作成します。自分で決める事も可能です。



私の場合、基本ソフトは「Program Files」へインストールして、検証用のソフトは自分で作成した「Program Files2」フォルダにインストールしています。 インストールしたファィルの位置を把握する事は、トラブル解決の第一歩です。



6.インストール開始され、終了画面で「完了」「FINISH」「閉じる」などをクリックして、インストーラを終了します。 インストールする物によっては Windows の再起動が必要になります。



インストールしたソフト/アプリケーションを起動するには?



インストール終了後、デスクトップにショートカットアイコンが作成されます。ショートカットアイコンをダブルクリックするか、「スタート」→「プログラム」からクリックで起動します。



デスクトップのショートカットアイコンをダブルクリックしても、「スタート」→「プログラム」からクリックしても、実行されるアプリケーションファイルはリンク先の「Program Files」の中にあります。アンインストール(取り除く)する場合は、画面上のショートカットアイコンを削除しても、ハードディスクに残ってしまいます。「アンインストーラ」または「プログラムの追加と削除」から実行して下さい。



アンインストール(取り除く)するには?

インストールして必要がなくなった場合、アンインストールを実行します。 プログラムを残しておくと、ハードディスクの使用領域を占領するので削除します。 アンインストーラは体験版などではプログラムインストール時に作成されます。


1.「Uninstall.exe」(アンインストーラ)を探します。「スタート」→「プログラム」から探して下さい。アンインストーラはプログラム起動アイコンと同じ場所にあります。



2.画面の指示に従ってアンインストールして下さい。

「Uninstall.exe」ファィルが作成されていない場合は、「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」、または、「アプリケーションの追加と削除」をクリックして、アンインストールしたいファイル名を選択します。



プログラムの追加と削除

1.ある時点から、ソフトに付属するアンインストーラーではなく、「プログラムの追加と削除」からアンインストールを実行するのが主流となっています。 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」で「プログラムの追加と削除」をダブルクリックして下さい。



2.「プログラムの追加と削除」でアンインストールしたいプログラムをクリックで反転させ、「変更と削除」をクリックして下さい。



Windows のインストール

今までの説明は、Windows 上でソフトウェア/アプリケーションをインストールする方法です。 土台となる Windows OS(オペレーティング・システム)もまたソフトウェア/アプリケーションの一つであり、当然インストールながらインストール / アンインストールする事が出来ます。

どんな時に必要かと言うと、Windows 上で、アプリケーションのインストール/アンインストールを繰り返していると、動作が鈍くなったり、起動しなくなったりします。 体験版ゲームのインストールや市販ソフトのインストールとは違い、自分で設定する箇所が多くあります(ハードディスクの領域設定、インターネットの接続、メールアカウントの設定など)。

インストール作業は Windows 3.1 時代と比べ、かなり簡単になったと思いますが、まったくの初心者が実行してしまうと、元に戻せなくなってしまう場合があります。 興味がありましたら以下のページをご覧下さい。なお、Windows Vista からは、OSインストール画面からマウス操作が可能になりました。 これにより、OS本体のインストールも、OS上でソフトウェアをインストールする様なウィザード形式で作業できます。






BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項