MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 7 を起動した時にアクセスするホームページを変更する方法

 ここでのホームページとは、ブラウザのホームとなるページの事です。少しややこしいですが、ブラウザを起動した時に、自動でアクセスするサイトを設定する方法であり、従来のIE6でもこの設定はありました。


Internet Explorer 7 を起動すると、初期状態では自動で MSN のトップページにアクセスします。 これは、ブラウザに搭載された機能の一つで、「ホームページ」と呼ばれる設定で変更可能です。一般的なホームページとは意味が違って、ホームとなるページを設定する場所です。



ホームページ

ホームページを変更するには、「ツール」→「インターネットオプション」を順番に左クリックします。 Internet Explorer 7 のほとんどの設定はインターネットオプションと呼ばれるパネルにあります。 インターネットオプションが表示されたら、「全般」タブに「ホームページ」で囲まれたアドレスを入力する覧があります。 ここに入力されたアドレスが、Internet Explorer 7 を起動した時に最初にアクセスするアドレスになります。



最初にアクセスするページは、ニュースや検索サイトなど、一般的に利用頻度の高いホームページに設定するか、ブラウザを起動する理由として一番高いもの、つまり、「何のためにブラウザを起動した?」と考えれば自然と決まると思われます。 人それぞれですが、例えば RSS リーダーとしても利用できる Windows Live のアドレスを入力したり、検索サイトの Google のアドレスを入力したり、自分のホームページや掲示板のアドレスを入力したりと自由です。

アドレスを設定したら「OK」ボタンを左クリックして「インターネットオプション」を閉じます。「適用」ボタンを左クリックして右上にある赤色の「×」を左クリックしても同じです。 下の例では、管理人のホームページアドレス( http://mbsupport.dip.jp/ )を設定しています。



この機能は従来の Internet Explorer でもありましたが、Internet Explorer 7 は RSSリーダー を搭載しているため、ホームページに RSS のアドレスを指定する事もできます。 従来のブラウザでも可能ではありますが、意味不明な XML 形式のファイルが表示されて終わりです。 Internet Explorer 7 なら、解析して RSS リーダーとして表示してくれます。

インターネットプロパティ 起動画面


空白のページを設定する

ブラウザを起動して1秒でも早く作業をしたい場合は、起動時に空白のページを表示する設定にするのが一番です。 インターネットオプションで「空白の使用(R)」を左クリックするとアドレスに「about:blank」が入力されます。 「OK」を左クリックしてインターネットオプションを閉じると、設定が有効になります(反映は次回ブラウザを起動する時から)。

インターネットプロパティ 起動画面

やっぱり初期状態の MSN に戻したい

やっぱり初期設定の MSN のホームページを表示させたい場合は、インターネットオプションの「標準設定(F)」を左クリックして「OK」を左クリックします。 しかし、場合によっては海外の MSN サイトが表示される場合もあります。その場合は日本の MSN のアドレス「http://www.msn.co.jp/home.armx」を入力して「OK」を左クリックしましょう。 「標準設定(F)」ボタンで入力されるアドレスは、ジャンプさせるアドレスになります。だったら、最初から正式なページのアドレスを入力した方が、ほんの僅かではありますが表示されるのが速いでしょう。

インターネットプロパティ 起動画面



戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項