MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Vista デジカメから写真の取り込み方法

 デジカメで撮影した写真やビデオをパソコンに取り込む方法は、USB ケーブル で接続して OS である Windows のウィザードに従うだけで可能です。しかし、Windows Vista から画像やビデオを管理する Windows フォトギャラリーが付属するため、Windows XP とは取り込み方法が異なります。


Windows Vista(ウインドウズビスタ)で デジタルカメラ から写真やビデオを取り込む方法は、基本的に Windows XP (ウインドウズエックスピー)と同じです。 多くのデジカメには、USB(ユーエスビー)ケーブルが付属していて、このケーブルをデジカメの USB コネクタ(一般的に隠れている)と、パソコンの前面、もしくは、背面の USB 端子に接続します。



デジカメとパソコンを USB ケーブルで接続しただけでは、何も起こりません。 パソコンへデジカメで撮影した写真やビデオを転送するには、デジカメの電源を投入します。 初めてデジカメを接続した時( Windows を再インストールした後も含む)、まずはデジカメのドライバを読み込みますが、これは自動で完了します。



自動再生が有効であった場合、どの様に写真やビデオを取り込むかを選択する画面が表示されます。左が Windows XP、右が Windows Vista ( Windows 7 も同じ) です。

Windows XP Windows Vista

まず、USB ケーブルで接続したデバイスが認識された場合、デジカメの場合はリムーバブルディスクとなります。 これは、デジカメに搭載された記憶装置、または、デジカメに挿入してあるメモリを認識するからです。 デジカメは、撮影した時に本体内、または、別途購入したメモリスティックや SD カードに写真やビデオが記録されます。 USB ケーブルでカメラを接続した場合も、メモリスティック や SD カードをデジカメから取り出して、パソコンと接続したカードリーダーで読み取っても、ほぼやっている事は同じです。 もっと簡単に例えると、CD-R や DVD-R を入れた状態に似ています。メディアに記録されたデータをパソコンで読んだり、書き込んだりしています。



しかし、Windows Vista には、「コンピュータにあるフォルダに画像をコピーする Microsoft スキャナとカメラ ウィザード使用」が選択できません。 Microsoft スキャナとカメラ ウィザードは、デジカメの写真や動画を個別に選択してカメラに転送する事が可能です。 これに代わるものが、Windows Vista には無い様に思えます(ちなみに、この疑問は tomo さんに指摘されました)。



ではどうするか? Windows XP から乗り換えたユーザーには、やさしくないのが Windows Vista 。 そういう事ではありませんが、とりあえずこのやり方は無くなっています。 必要な画像だけをパソコンに取り込む方法は存在しますが、原点に戻ったやり方になります。 Windows Vista に標準の読み取り方法は、「画像の読み取り」「画像の表示」「フォルダを開いてファイルを表示」の 3 つになります。 この 3 つは、どれを使ってもデジカメから写真や動画をパソコンへ移動する事ができます。 Windows 7 からは、Windows フォトギャラリーも付属しません。 Windows 7 、 Windows Vista 、 Windows XP でも、Windows Live フォトギャラリーをダウンロードしてインストールすれば、取り込む方法を一つに絞れます( Windows Live サービスは Wave 4 から、Windows XP が非対応になる噂)。 しかし、このページでは、環境に依存しない最も基本的な取り込み方を紹介します。



フォルダを開いてファイルを表示

この中で最も基本的なやり方は、「フォルダを開いてファイルを表示」となります。 USB メモリを挿した状態と同じで、リムーバブルディスク内を表示します。 これは、パソコンに取り込まれた状態では無く、リムーバブルディスク(デジカメ内のメモリ)を直接表示しています。



例えば、右はデジカメに3枚の写真があります。これをパソコンに取り込むには、3枚を選択した状態にします。



デスクトップにドラッグアンドドロップします。



これで、デジカメからデスクトップに画像を取り込む事ができました。ドラッグアンドドロップをしても、デジカメ内の写真は削除されません。 もし、同一ドライブでドラッグアンドドロップをした場合、元のファイルを移動した事になりますが、デスクトップのCドライブと、デジカメのリムーバブルディスクは異なるため、コピーアンドペースト(コピーと貼り付け)した状態と同じになります。 もちろん、3枚全てを取り込まず、必要ないと思われる写真は除外すれば良いでしょう。



デジカメから写真を削除したい場合は、削除したい写真を選択して(複数選択可能)、右クリックします。表示されたメニューの「削除」をクリックします。 基本的な写真の取り込みは、この流れとなります。

取り込む写真が少ない、すぐに使って削除するのであれば、デスクトップに移動しても良いでしょう。 しかし、保管すると考えた場合、このやり方は一時的に簡単の様で、実は後々不便になるのです。 考えてもみてください。デスクトップが写真だらけになってしまいます。



デジカメ写真を管理したいのならば、フォルダによる管理がおすすめです。 例えば、デスクトップに「写真」と名前の付いたフォルダを作成します。 ここに、デスクトップに移動した写真を、ドラッグアンドドロップで移動しても良いのですが(この場合同一ドライブなのでデスクトップから写真は消えます)、さらに写真が増えると想定して、日付とキーワードをつけたフォルダを作成します。 右のスクリーンショットでは、「2008_10_21 現場検証」と「 2008_10_27 ディオゲネスクラブ」と名前の付いたフォルダを作成しました。 2008_10_21 は、2008 年 10 月 21 日を意味します。これは、決まりでは無く、自分で分かれば良く、20081021 でも何でも構いません。



例えば、「2008_10_21 現場検証」に2枚の写真、「 2008_10_27 ディオゲネスクラブ」に一枚の写真を移動します。



これで、効率良く管理する事ができます。デスクトップには、「写真」フォルダしかありません。 写真を探す時は、「写真」フォルダをダブルクリックして、さらにフォルダをダブルクリックします。 これは、フォルダによる管理となり、バックアップする時も、写真フォルダごと移動できるので簡単です。



もし、一つの写真に二つの意味を持たせたい時はどうすれば良いのでしょうか?例えば、「 2008_10_27 ディオゲネスクラブ」に移動した1枚の写真は、「モーツァルト」フォルダにも関係していた場合。 「ディオゲネスクラブ」フォルダの写真を右クリックしてコピーを選択、「モーツァルト」フォルダを選択して貼り付けを実行します。 この場合、フォルダが違うのでファイル名に同一のものを使えますが、ドラッグアンドドロップしてしまうと同一ドライブなので移動してしまいます。 コピーアンドペースすれば完了です。フォルダとしての管理は可能で、これが基本となりますが、一番上の「写真」フォルダで考えると、同じ写真が2枚存在する事になります。 これは効率が悪い。そこで、タグと呼ばれる新しい管理機能が一般的になりました。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項