MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Minecraft(マインクラフト)に挑戦!

 スウェーデンのストックホルムで誕生したゲーム「Minecraft(マインクラフト)」を購入しました。決まった目的が存在しないサンドボックス型のゲームで、シャーロック・ホームズが好きな管理人が、ベイカーストリートを造るべく、適当に遊んでいます。


以前、Twitterでつぶやいたのですが、新しいゲームを買うべきか悩んでいました。過去、パソコンゲームで購入したのは、The Tower(ザ・タワー:Windows 95の時)、EMPIRE EARTH(エンパイア・アース:Windows XP)、Battlefield Bad Company 2(バットフィールド:バットカンパニー:Windows 7)だけなのですが、SimCity(シムシティ)みたいな街を作るゲームをのんびりプレイしたい心境です(シムシティをプレイした事がないので、そういうゲームかも不明ですが)。

一時期、Wii の「どうぶつの森」が楽しかったのですが、平和で物足りないのと、自由に建物を建築できない、地図が狭いなどが、飽きる原因となりました。そして、ひょんな事から、サブサイトの「シャーロック・ホームズ」で、グラナダ・テレビ版の Baker Street(ベイカー街)の地図 を作成しました。こんな建物や街を自由に作れるゲームが無いものかと探していたところ、スウェーデンのストックホルムで誕生したゲーム「Minecraft(マインクラフト)」にたどりつきました。

Minecraft


立方体のブロックで構成された世界で、プレイヤーはブロックを自由に破壊したり設置したりできる、サンドボックス(決まった目的が存在しない)型のゲームです。最初は YouTube の実況動画を閲覧していましたが、自分でもプレイしたくなりました。2011 年 11 月 18 日に製品版がリリースされ、同年 5 月 9 日には XBOX360 版がリリースされています。ゲームは日本語に対応していますが、購入する公式サイトは日本語に対応していません。ゲームの購入やプレイに必要な知識は、多くの方が動画共有サイトにアップロードされている実況動画と、「 Minecraft Japan Wiki 」を参考にしました。



全てのデザインはセンスを疑うほど奇抜なものです。普通は、プレイヤーを心地よくするために、サブキャラクターを不細工にするのですが、Minecraftに登場する生き物は、全てが不細工です。野生の豚、牛、羊、鶏などは、家畜とする事も、攻撃して食糧にする事もできます(難易度をハードにすると、空腹でゲームオーバーになります)。あまり可愛いキャラクターだと、なかなか攻撃するのは厳しいので、この方がよいのでしょう。



もちろん、ゲームの中では自分が主役です。キャラクターのデザインを自分で変更することもできますが、管理人は公開されているシャーロック・ホームズのデザインを適用しました。テクスチャーパックで、あらゆるデザインをシャーロック・ホームズ風にする事も可能みたいですが、とりあえず、私は初期状態でプレイしています。



夜を問わず、暗闇にはモンスターが湧きます。そこで、最初の位置に目は、寝床を確保します。柔らかい土を素手で掘って、一時的に夜を凌げる場所を確保、木を削ってドアを作っても良いでしょう(土で埋めるだけでも入り口としては成立します)。地形には、丘、崖、浮遊島、洞窟、庚百、廃坑、渓谷、要塞、村、海、砂漠などがあるので、生まれた場所により対応方法はことなります。

最初は何も持っていないので、素手で木を削ります。木を削ると原木を得られ、原木を木材に加工できます。さらに、木材を組み合わせて作業台を作ります。作業台では、物を収納する木箱、武器、道具などを作ります。木材から剣、木を切る斧、石を掘るピッケル、土を耕したり、小麦を収穫したりする鎌、土や砂を掘るシャベルなどを作ります。適した道具を使うことで、回収効率を上げられますが、適した道具でなくても利用できます。そして、作った道具は消耗品です。



ピッケルで石を調達して、その石で道具を作ると、より効率的にアイテムを回収できます。さらに洞窟や地下を掘り進むと、鉄、金、ダイヤモンドなどの鉱石を発見できます。鉄や金の鉱石は、竈(かまど)で精錬します。これらの素材を武器や道具に使うと、より優れた回収が可能になります。サトウキビから砂糖や紙を作れ、紙とコンパスから地図、紙から本、さらに、木材と組み合わせて書棚など、いろいろアイテムを作れます。



夜はモンスターが徘徊しているので、戦いたくない場合は室内で作業しましょう。管理人は難易度をハードに設定しているので、ゾンビが扉を破って進入してきます。また、空腹になるとダメージを受けます。暗闇でモンスターが湧きますが、明かりがあればモンスターが湧きません。竈で原木を燃料として原木を焼き、木炭を作る、あるいは、石炭を採掘すれば、松明(たいまつ)を作れます。もちろん、たいまつがあれば、モンスターが湧かないだけで、違う暗闇で湧いたモンスターに襲われることはあります。日光でモンスターは燃えますが、昼間でも雨が降れば、光量が下がるので、モンスターは徘徊を続けます。さらに、密林地帯は朝でも暗いので注意が必要です。



どのモンスターも厄介ですが、地上で厄介なのは、近づいて爆発するクリーパー(通称:匠(たくみ))です。自爆攻撃なので最悪なモンスターです。自宅前で小麦を収穫している時、ふと振り返るとクリーパーが忍び寄ってきました。



導火線に火をつけたみたいな「ジィー」って音がしたら、次の瞬間、玄関が吹っ飛びました。でも、このゲームの楽しいところは、破壊されたら、また作ればいいじゃない?と考えられるところです。なぜって、別に目的はないのですから。



玄関を爆破されて少し滅入りましたが、それを利用して船着き場を作りました。木材で船を作成して、地図を片手に海を探索できます。ワールドは 1 ブロックを 1m に換算して、最大サイズは 40 億 9600 平方km(地球の表面積の 8 倍)もあり、新規の部分を歩く度に生成されます。実際にプレイすれば分かりますが、探索しきれない広さです。もちろん、ワールドを生成する度に、ランダムに作成されます。目的もありませんが、マップの狭さを理由に飽きる事はありません。



そして最大の魅力は、回収したアイテムを加工して、建物を建築できるところです。森を整地して街を作っても良いでしょう。石はピッケルで回収すると丸石になりますが、竈でやけば再び石になります。砂を竈で焼けばガラスが作れます。羊から羊毛を回収して、花やサボテンから染料を作れば、好みの色に変更できます。



購入から初回プレイまで

ゲームの価格は 19.95 EUR(ユーロ:現時点(2012年7月)での為替は約 96 円なので、約 2000 円)で、管理人はクレジットカードで購入しました(ここが長らく購入すべきか悩んだ理由)。PayPal を利用する方法もありますが、「Minecraft Japan Wiki」を参考にして、ご自身で判断して下さい。

購入する前に、まずは公式サイト右上の「Register」から無料のメンバー登録を行います。ユーザー名とパスワードとメールアドレスを入力して、メール認証へと移行します。次に購入作業に進み、クレジットカード払いの場合、二通のメールが届きました(3 日ほど後にもう一通届きました)。公式サイトにログオンした状態で、「Download Now」ボタンをクリックします。



「Minecraft.exe」をデスクトップにダウンロードして、これをダブルクリックします。



ユーザー名とパスワードを入力して、ログインします。メンバー登録した時のユーザー名とパスワードです。



必要なファイルがダウンロードされ、ゲームがスタートします。そうです、このゲームはインストール不要なのです。ゲームを起動する時は、Minecraft.exe をダブルクリックして、その度にインターネットでログインします。ゲームを終了する時は、おそらく、ローカルにセーブしていると思います。



保存される場所は、以下の場所です。自分で作成したワールドは、「saves」フォルダーに保管されています。バックアップは「.minecraft」フォルダーを全て保存すればよいのかも知れません(正直、ゲームを購入したばかりなので、そこまでテストしていません)。ユーザー名の部分は、Windows にログインしているユーザー名に変更します。


Windows 7 / Vista
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\.minecraft
Windows XP
C:\Documents and Settings\ユーザー名\AppData\Roaming\.minecraft


これが、スタート画面です。まずは、「Options…」ボタンをクリックします。



「Language…」ボタンをクリックします。



「日本語」を選択して、「Done」ボタンをクリックします。



難易度を選択しましょう。管理人は「ハード」を選択しています。「ノーマル」「イージー」「Peaceful(平和)」があり、クリックする度に変更されます。この説明も、「Minecraft Japan Wiki」にあります。

システム – 難易度による違い - Minecraft Japan Wiki

コンピューターの性能によっては、ビデオの設定を変更する必要があるかも知れません。これは、ゲーム中でも「ESC」キーを押すことで、いつでも変更できます。



参考にしている実況動画では、「描画距離」を頻繁に変更していました。初期状態では「遠い」に設定されていますが(より遠くまで描画される)、処理能力を多く必要とするみたいです。管理人のコンピューターの性能は、CPU:Intel Core 2 Quad Q6600 2.4GHz(4コア)、ビデオカード:ZOTAC GeForce GT430 1GB GDDR3 PCIE 2slot heatsink Zone Editio。メインメモリ:4GB(DDR2 800MHz 1GB×4)、OS:Windows 7 Professional 64bitです。初期状態のままで、プレイ中に問題は発生していません。

システム – グラフィック設定 - Minecraft Japan Wiki



ただし、キャプチャーしているせいでもあるのか、プレイ中のCPU使用率は高いです。正確な推奨パソコンスペックは公表されていませんが、プレイ中の場所にもより、グラフィック性能を必要とします。



「キー設定」で、Minecraft の操作方法が分かります。通常は、変更する必要はないでしょう。



それでは遊びましょう!「シングルプレイ」ボタンをクリックします。



初めてのプレイなので、ワールドを作成します。「ワールド新規作成」ボタンをクリックします。



ワールド名に好きな名前を入力します。最初は「ゲームモード:サバイバル」でプレイしましょう。その他に、建造物を練習で作成するクリエイティブモード(プレイヤーが無敵で、資材を自由に使える)、一回死んだらワールドが終了するハードコアモードがあります。「ワールド新規作成」ボタンをクリックします。



ワールドが作成され、ゲームが始まります。



プレイ中にキーボードのエスケープキー「ESC」を押すと、次の画面が表示されます。描画がもたつくならば、「設定」ボタンをクリックして「描画距離」を「短い」に変更しても良いでしょう。再びプレイに戻る場合は「ゲームに戻る」ボタンをクリックします。ゲームを終了する場合も、この画面を開いて、「セーブしてタイトルへ戻る」ボタンをクリックします。



プレイ動画

最初は何も持っていません。どのように始めれば良いのか、分からないかも知れません。そこで、管理人が初めてプレイしている様子をキャプチャーして、YouTubeに投稿しています。現時点で5本の続きものとしてアップロードしましたが、今後も飽きるまで続けたいと思います。もちろん、もっと親切な動画や、大規模な建造物、優れた装置を紹介している動画も沢山あります。それらを参考にするのも良いでしょう。管理人の動画は、ただプレイしているだけです。



ヒントとしては、先にも書きましたが、まずは寝床の確保、木材を入手、丸石(石を掘る)を入手。作業台、竈の作成。原木を燃やして木炭、あるいは、石炭を入手。羊毛を入手してベッドを作るまで、最初の目的でしょう。

Minecraft(マインクラフト)[MB-Support] - YouTube





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項