MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

フォルダー オプション

隠されたフォルダー、ファイル、ドライブ、拡張子を表示する

 Windows をインストールした初期状態では、ファイルの拡張子、Documents and Settings 内のユーザーアカウント別フォルダ( 2000 / XP )、「ユーザー」内のユーザーアカウント別フォルダー( Vista / 7 )、オペレーティング システムファイルなどが表示されません。これらの設定を変更する場所が、コントロールパネルのフォルダー オプションになります。


Windows Vistaのフォルダオプションのアイコン

パソコンを使い慣れてくると、ファイルの表示方法に不満を感じるかも知れません。例えば「私のパソコンではファイルの拡張子が表示されない」とか、「 MB-Support の説明を読んでいると、私のパソコンには存在しないフォルダを指定する場合がある」などです。 Windows にもバージョンやエディションが複数あり、これらの違いを説明するのは大変なのです。

これらは、「コントロールパネル」の「フォルダー オプション」で設定可能です。このページでは、「拡張子の表示」と「隠しファイル、隠しフォルダー、および、隠しドライブ」と「保護されたオペレーティング システムフォルダの表示」、それから「縮小画像のキャッシュ」について説明します。また、Windows Vista までは、「フォルダ オプション」、 Windows7(ウインドウズ セブン) からは「フォルダー オプション」と表示されます。



「フォルダー オプション」の表示方法

フォルダー オプションを表示させるには、コントロールパネルの「フォルダー オプション」をダブルクリックします。しかし、Windows 2000 、 Windows XP 、Windows Vista 、Windows 7 では異なるクリックを要するので説明が大変です。分かる人は説明を読まずに「フォルダー オプション」を開いて下さい。


Windows 7

1.「スタート」ボタン → 「コントロールパネル」をクリックします。「コントロールパネル」の「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。もし、「コントロールパネル」で、右上の表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」になっていたら、「フォルダー オプション」が見つかるので、それをダブルクリックします。



2.「コントロールパネル」で、右上の表示方法が「カテゴリ」であるならば、右の画面に移動します。ここで、「フォルダー オプション」をクリックします。



Windows Vista

1.「スタート」ボタン → 「コントロールパネル」をクリックします。「コントロールパネル」の「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。「コントロールパネル」で、左上に「クラシック表示」が選択されているならば、「フォルダ オプション」が見つかるので、それをダブルクリックします。



2.「コントロール パネル ホーム」で「デスクトップのカスタマイズ」が開いたら、「フォルダ オプション」をクリックします。



Windows XP

1.「スタート」ボタン → 「コントロールパネル」をクリックします。「コントロールパネル」の「デスクトップの表示とテーマ」をクリックします。もし、「コントロールパネル」が、「クラシック表示」であるならば、「フォルダー オプション」が見つかるので、それをダブルクリックします。



2.「コントロールパネル」が「クラシック表示」でないならば、右の画面に移動します。ここで、「フォルダ オプション」をクリックします。



Windows 2000

1.「スタート」ボタン → 「設定(S)」→「コントロールパネル」をクリックします。「コントロールパネル」が開いたら「フォルダ オプション」をダブルクリックします。

また、Windows XP でクラシックスタイルに変更した場合も、Windows 2000 と同じメニュー表示となります。



フォルダー オプション

「フォルダー オプション」を開いたら、「表示」タブをクリックします。「登録されている拡張子は表示しない」「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」の3つが、このページで説明する設定箇所です。名称は OS により多少異なります。Windows 2000 では、「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示する」、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」になります。「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」は共通しています。


Windows 7 Windows Vista Windows XP Windows 2000


隠しファイルおよび隠しフォルダを表示する

Windows をインストールした初期状態では、全てのフォルダーやファイルが表示されません。右のスクリーンショットは、Windows 2000 、Windows XP のユーザー設定が保存されている [Documents and Settings] フォルダーを表示しています。

[Documents and Settings] フォルダは初期状態でも表示可能ですが、さらに下の階層には、ユーザーアカウントの名前が付いたフォルダーが存在します。ここには、メールデータや Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)のキャッシュデータなどが保存されている [Local Settings] フォルダがあります。これらの個人情報は、初期設定では保護するために表示されません(この場合の保護とは、ユーザーが誤って削除や変更をしない保護であり、インターネット上のセキュリティとは無関係です)。しかし、メールデータの保存や、ウイルスなどを手動で削除する時などは、これらのフォルダを表示させる場合もあります。



Windows Vista 、Windows 7 では、[Documents and Settings] ではなく、C ドライブに「ユーザー」と名前の付いたフォルダーがあります。ここで、Windows に登録されたユーザーごとの設定が保存されたフォルダを参照する事ができます。また、いずれのバージョンも、管理者権限があるユーザーでないと、他のユーザーのフォルダを参照する事はできません( Windows Vista 、Windows 7 にも [Documents and Settings] は存在しますが、これは互換性を維持するためであり、「ユーザー」フォルダーにジャンプする仕組みになっています)。



これらのフォルダを参照するには、フォルダオプションを開き、「ファイルとフォルダの表示」の下、 Windows 7 では、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」、Windows Vista 、Windows XP 、Windows 2000 では「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示する」の左にチェックして、「OK」ボタンを左クリックします。



ちなみに、ユーザー個別のフォルダが作成されるタイミングは、ユーザーを登録した段階では無く、そのユーザーで初めてログインした時です。アカウントを作成して初めてログインした時に「デスクトップを準備中」みたいな文章が表示されますが、その時にこのフォルダーが作成されます。Windows をインストールした初期状態で作成されるフォルダ以外は、たとえ「ようこそ」画面に表示されたユーザーでも、ログインするまでは作成されません。しかし、ファイル共有などで、LAN に接続されたコンピューターのアカウントを相互に登録する場合、登録した時点で利用可能になります。



拡張子を表示する方法

Windows をインストールした初期状態では、拡張子は表示されません(左下画像)。左から「.bmp (ビットマップ)」「.gif (ジフ、または、ジーアイエフ)」「.jpg (ジェイペグ)」「.avi (エーブイアイ)」ファイルです。左下画像は、ファイル名である「画像」や「動画」しか表示されていませんね。ファイルの形式が違うからこそ、同じフォルダ内に同じ名前が存在できるのです。この場合、ファイルの種類はアイコンで判断する事になります( Windows Vista からはデスクトップでもサムネイル表示可能 )。しかし、拡張子を表示した右下画像は、ファイル名の後に「.(ドット)」が表示され、さらに拡張子(ファイル形式を表す)が表示されています。ファイルを右クリックしてプロパティを表示すればファイル形式を確認する事はできますが、拡張子を表示させれば一目瞭然、そのファイルがどんな形式なのかを判断できます。



拡張子を表示するには、「フォルダー オプション」を開き、Windows 7 、Windows Vista 、Windows XP では「登録されている拡張子は表示しない」、Windows 2000 では、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」の左のチェックボックスを空白にします。チェックボックスをクリックすると、チェックが外れます。もう一度クリックするとチェックされます。チェックボックスを空白にしたら、「OK」ボタンをクリックします。



拡張子を表示させる事でデメリットもあります。それは、ファイル名を変更する場合です。 しかし、Windows Vista からは、拡張子を表示させた状態でも快適に名前の変更ができる改良がされています。

28.ファイル名の変更 Windows Vista



保護されたオペレーティング システムフォルダの表示

「保護されたオペレーティング システムフォルダの表示」左のチェックボックスを空白にすると、 警告が表示されます。警告で「OK」を左クリックして、さらにフォルダオプションで「OK」左クリックすると、 Windows の起動や稼動に必要な、本来は保護されている(ユーザーには見えない様に隠されている)ファイルが表示される様になります。



例えば、フォルダに「画像.gif」ファイルがあるとします。これを縮小版で表示してみましょう。



縮小表示されたファイルの隣に、勝手に Thumbs.db ファイルが作成されました。Thumbs.db は、次にアクセスした時に、より早く表示するためのデータが保存されたファイルです。 この半透明なファイルが保護されたオペレーティング システムファイルになります。



「保護されたオペレーティング システムフォルダの表示しない」状態では Thumbs.db は見えません(下画像)。 しかし、表示されていないだけで、実際は存在するのです。ちなみに Thumbs.db ファイルは削除しても問題ありません。 ただし、次にフォルダを開いた時に自動で作成されます。

Thumbs.dbファイルを作成しない方法 ホームズ備忘録



同一フォルダーの変化

インストール初期状態 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する 保護されたオペレーティング システム ファイルを表示する(推奨)

以下は Windows Vista と Windows XP 上で、ユーザーアカウント毎に作成されるフォルダーを開いて、フォルダー オプションの設定を変更しているビデオです。






BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項